フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« '17LV旅行記_1.3 SFO乗継ぎ編 | トップページ | '17LV旅行記_1.5 I-15でWynnへ »

2017年9月 5日 (火)

'17LV旅行記_1.4 SFO→LASレンタカーピックアップ編

2017年7月のラスベガス旅行記です。

サンフランシスコ発ラスベガス(マッカラン)行きUA358便に乗り込みましたー。

snail人気ブログランキングに1Click 応援おねがいしますsnail

この便もほぼ満席。

席は29D,Fで、写真班のわたしが窓際をキープ。

通路側に座ったのはC系顔のおにいさんで、ファッションが夫とまるかぶり。
まるで双子コーデしてきたみたいな。

10:53には出発する予定だったけど、時間が過ぎても動く気配なし。
ざわざわするでもなし、アナウンスもなし。

11:02、やっとプッシュバック開始。

11:23、テイクオフairplane

遠くにトレジャーアイランドが見えたeye
(ベガスのTIじゃなくて、サンフランシスコの島の方)

水平飛行に入ったらすぐにベバレジサービス。
おやつはプレッツエル。
コーヒー飲みたいのをぐっと我慢しつつ(トイレ対策)、渇水回避のために夫もわたしもお水をいただく。

このフライトはほとんど揺れずに快適~。

そして全然眠くもならないので、ずっと窓の外を見てた。
これがまた飽きないんだわ。

雪山も見えた。

テイクオフから1時間で、ラスベガスのホテル群が見えてきましたよ~。
写真じゃわかりづらいな~。

Sunset Rd.と並行してる滑走路を、西側からランディング。
着地してからのブレーキングが急すぎてめっちゃ怖かったーーー。
まわりのお客さんもざわざわしてた。

予定時間を少し過ぎて、12:36着岸。

はぁー最後がだいぶ怖かったけど、無事についてよかった!!
UAさんお疲れ様でしたー。

ボーディングブリッジには、親切にも"Take Red Line"の案内が。
2年前のポカが思い出される…。

それにしても、このボーディングブリッジの時点でめちゃめちゃ暑い。
ここんとこずっと深夜着だったから、外の明るさとこの熱気が新鮮~。
(とか言ってられるのはこの時だけだと、後々知ることに…)

12:45、D51ゲートから、マッカラン国際空港のターミナルに入館!!

エスカレータを降りたところの正面が、Terminal3行きのレッドライン。
今回は間違えません!!!!

ちょうどトラムが来たばかりのところなので、待たずに乗り込み☆
レッドラインは、ブルーラインよりも距離が短くて、あっという間にT3に到着。

人々の流れにのって、バゲッジクレームへ。
T1と比べると、ド質素。

申し訳程度にスロットが数台あるだけ。
そのうち派手になるんだろうか?

No.18のカルーセルから荷物をピックアップして、外に出たら、

あ ッ づ い (@Д@;

なにこの暑さ!?
7月のベガスに来たことは過去に何度かあるけど、それにしても暑ぅぃーー!!

調べてみたら、ただいまの気温は41度、湿度は5%だって(;;;´Д`)

暑いベガスは大好きだけど、ついて早々のこの洗礼にはまいった。
深夜便で到着してた時は、さすがにこんな思いはしなかったわー。

何はともあれレンタカーセンターへ移動。
T1だとほとんど待たずにシャトルバスが続々やってくるけど、ここT3は忘れられているんじゃないかと思うくらい来ない。
体感で10分くらい待って、やっと1台来たので乗り込みますよ。

レンタカーセンターには7分ほどで到着。
もうすっかりおなじみの場所。

前回から、レンタカーはHerts
ハーツGoldプラス・リワーズ会員として2度目の利用なので、カウンターによる必要はなし、めっちゃ楽!!
まっすぐ駐車場エリアに向かっちゃいますよー。

「GOLD MEMBER DIRECTORY」に、名前と駐車場番号が書かれている筈なので確認。
名前はアルファベット順に並んでいるので簡単に発見できた。

実はこの時は気づいてなかったんだけど、SFOにいる間にハーツからのコンファメーション(Hertz Carfirmation)のメールが届いていたみたい。
ちゃんと車種やカラー、駐車エリアも記載されてたわー。

このメールから、車種の変更とかできたみたい。
ちゃんとチェックしないとダメねー。

とにかく、ボードに書かれていた番号へ向かってみると、

ありましたーーーー☆

今回のマイカーは、渋い赤のNISSAN MAXIMA。
一瞬、日本車かーと思ったけど、とにかく快適そう。

夫もアメリカでNISSANてのもいいよ、って言うのでチェンジせずにこれに決定!!

スーツケースも2個、ちゃんと納まったし♡
(けっこうギリめだったけど)

よーーし、あとはもうホテルに行くだけですよぉーー。
続く。

 ←ランキングに参加していますfuji
 記事を気に入ってくれたら1日1回、
 クリックいただけるとうれしいです。



※キュレーションサイト(まとめサイト)への、当ブログの記事及び写真の一部または全部の転載をお断りします。

« '17LV旅行記_1.3 SFO乗継ぎ編 | トップページ | '17LV旅行記_1.5 I-15でWynnへ »

t4)2017.7ラスベガス旅行記」カテゴリの記事

コメント

トタムの間違えって、結構沢山の人がやってますよね。
何でですかね。自分も経験ありですw
慣れからですかね。あそこでは何も考えずに進んでしまうので
気が付いてみたら、ポカーンでした。

しかし、今年の夏は暑かったですね。
バス待ちの時なんかオーブンの中にいるんじゃないかってくらい。
初日は雲が多かったので、例年より少し暑いくらいでしたが
翌日からは猛熱暑!
所々、記憶も飛んでいるので正気で無かったと思われます。

帰りの荷物も場所を決めてしまっている物も、
なんでここに?っていう場所にしまっていたので
判断能力も失っていたようです。

我が家はバスなので乗ってしまえば快適ですが
車はホールフーズのような日向に駐車すると車内が熱くなるので大変そうですね。

いよいよベガス上陸ですね。

アホな私はサンフランシスコ上空の写真で「TI!?どこどこ?」
「あれ?海があるぞ?」と少し焦ってしまいました( ̄Д ̄;;

雪山が見えるとは!スゴいですね~。私見た事ありません。
8月だからかな?見逃しているだけかな?
ラスベガスのホテル群、分かりますよ~good写真班の腕がいいんですね☆

雑ゥ~~~な着陸といい、急ブレーキといい、立て続けに印象に残る着陸でしたね。

親切にも"Take Red Line"の案内ありますけど、この案内じゃ私、気づかないな~。

T3のスロットマシンの写真、衝撃的ですね\(;゚∇゚)/
こんな閑散なトコロでやっても楽しめなさそ~。
私がT3利用した時はスロットマシン、無かったような・・・

今回の旅のお供はNISSANですか。ご主人がおっしゃる通り、アメリカでNISSAN
ってのもいいですよね。

そして気になっていたご主人の新しい、スーツケース☆
これもしかしてRIMOWAですか?素敵な色ですね~。

だめだ。。。心拍数が上がってきた。。。
というか、禁断症状が~~~(笑)

せっかくのラスベガス着地ヒヤリだったんですね
着陸が雑な人ってたまにいますよねぇ
私は、この前の時、着陸順番待ちか何かでフーバーダム
あたりで旋回していて、右回りで戻る時、高度が
ぐぐぐーーーーーっと下がってビビりました
真下の住宅街に落ちるのかもって、かなりヒヤヒヤものでした

それにしても、気温は日本でもありえなくはないけれど、
湿度が5%って。。。速攻でミイラになっちゃいそうですね
ずいぶん前の9月中旬くらいしか暑いラスベガスは知らないので、
チャーシューになっちゃいそうな天候は想像できません、ブヒッ
アラジンに泊まった時なので、かなーーーーり昔です

ひぐさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

レッド/ブルーラインの乗り間違え、多いようですね!
ひぐさんもやらかしましたか、お仲間ヽ(´▽`)/
知らないで乗りこんじゃうので、着いた先でポッカーン(゚Д゚)? ってなりますよねw

ひぐさんもあの暑さ、経験されたんですよねぇ。
確か初日にこちらのブログにコメントくださって、それほど暑くないとおっしゃってて。
その後、暑くなった!!って訂正コメントもいただいたんですよね~。
ひぐさんはバス待ちがオーブンでしたか。
わたし達は、ウィンの駐車場がまさにオーブン状態でした。
丸焼きにされるチキンの気分を味わいました。

記憶がない感じ、すっごいよく分かります。
わたし達も今回は、例年に比べて行動量が少なかったような印象でした。

車で出かけた際は、できるだけ屋根付き駐車場に入れるか、ない場合でも木陰を探して停めてました。
毎回、サンシェードは持参するんですが、これが無かったらと思うと…恐ろしいです!!
でもけっこう、ローカルの車でサンシェードしてる人少ないんですよね~。
あの人たち大丈夫なのかしら。慣れ?

みどあやさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

ふふふ
ちょっとトリッキーな書き方でしたよねw
夫にも分かりづらいと言われたので、補足を書き足しときました。

この時期に雪山、見えるもんなんですねぇ。
調べてみたら、ヨセミテ国立公園のあるシエラネバダ山脈のあたりかなと。
シェラネバダって、雪の山脈って意味らしいですよ。
おかげさまで、勉強になりました☆

雑なのはいいんですけど(いいんかい)、この急ブレーキはすっごい怖かったです。
前方が見えないのって、怖いものですねー。

T3のスロット、衝撃でしょう?w
この程度なら、ない方がまだいいんじゃないかと…。
ポツリとあるだけに、逆に寂しげというね。
わたしも、2年前にT3を利用した時の記憶では、スロットは置いてなかったですよ。

レンタカー、結果的にNISSANで良かったです。
やっぱり快適ですよ。
でも、TOYOTA→KIA→NISSANと続いたので、次回はアメリカ車に乗りたいなぁ。

はい、RIMOWAで新調いたしました(奮発しました=3)。
グラナイトブラウンっていうカラーでかっこいいんですー。

ちゃらさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

禁断症状、出ちゃいます?
まだまだこれからですよぉー。

ちゃらさんも着陸で怖い思いしたんですね。
フーバーダム上空で旋回なんて、ちょっと羨ましいなと思っちゃいましたけど、急な下降も怖いですよね。
パイロットさんもいろんな条件下で操縦されてるんでしょうから、大変ですよね。
無事に着けば、それだけでありがたいですヽ(´▽`)/

そうなんですよね、気温は日本と大差ないですが、湿度が全く違うので異質ですよね。
ジメジメした日本の夏と、カラッカラなベガスの夏とどっちがいいかと聞かれたら…
やっぱベガスかなw
汗をかきにくいのはいいのですが、行動力はさすがに低下しますね~。
インドアで過ごす事が多かったです。ブヒッ。

再びお邪魔します|∀・)

「シエラネバダ山脈」、よく耳にはしますが、位置がヨセミテ国立公園だったり、
意味だったり、私も勉強になりました。どうもありがとうございました。

やはりRIMOWAですか!うひゃ~、オサレ!!くぅ~ご主人、カッコいいですhappy02

みどあやさん、こんばんは(◎´∀`)ノ

皆さんのコメントから、より深く旅行に関することを知れるので、わたしもとっても勉強になるし楽しいです☆
こちらこそありがとうございます。

リモワ、とっても軽いしホイールの動きも良いし、さすがのお値段するだけありますね。
長く愛用してもらいたいなと思ってますヽ(´▽`)/

わんだるさん

木曜日に帰国しました。

実は、今回国際免許を取得して年末のデビューの予行練習にレンタカーを借りるつもりでしたが、友人のクルマが保険OKだからとのことで私の運転でザイオン国立公園の往復ドライブしてきました。
今度お逢いした時に、レンタカーについて色々教えて頂きたいのでよろしくお願いします。
予定ではホテルで借りて、空港に返却で計画しています。

トリコさん、こんにちは(◎´∀`)ノ お帰りなさ~い。

ザイオンまで行ったなんてスゴイ!!
片道3時間くらいでしょうか?けっこうな距離ですよね、お疲れ様でした!!
いいなー、ザイオンには行ってみたいんですけど、距離に気おくれしているところだったんですよね~、羨ましいな~。
今度お会いした時に、じっくりお話聞かせて下さいね。
レンタカーについて、何かアドバイスできるようなことがあれば、ハイ(*´v゚*)ゞ

ドライブ楽しいですよね☆
大人数なら尚更だと思います、年末が待ちきれないですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« '17LV旅行記_1.3 SFO乗継ぎ編 | トップページ | '17LV旅行記_1.5 I-15でWynnへ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

海外レンタカーなら!!


  • 海外レンタカーブランドの【最安値】を一括簡単3ステップ検索!!
    rentingcarz.comをぜひご利用ください(◎´∀`)ノ