フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« 牛かつ あおなで晩ごはん -蒲田- | トップページ | ['15LV旅行記]6-4. SFOで乗り継ぎ »

2016年6月28日 (火)

['15LV旅行記]6-3. レンタカー返却→LAS→SFO到着

2015年9月のラスベガス旅行記です。

タウンスクエアで最後のショッピング&食事も終えたので、いよいよもう後は帰るのみ。

さみしいよぉ(;ω;)

まずはレンタカーセンターに車を返しに行きますよ。

タウンスクエアからはほんの5分もかからないのでラクちん。
センターのダラー返却エリアに向かいまーす。



bud人気ブログランキングに1Click 応援おねがいします(◎´∀`)ノ

さて、今回の旅行での総移動距離は207マイル(約333km)。
東京・日本橋からだと、新東名経由で愛知県大府市あたりまでの距離。

けっこう走った方かなヽ(´▽`)/

返却エリアで、荷物を全部出して係員を待つのだけど、なかなか来ない。
わたし達と同じように返却しに来たほかの人たちも、みんなイライラして待ってる。

ようやく一人現れて、スゴイ早さで返却客をさばいていく。
わたし達も、名前だけ照会した程度のノーチェック状態で返却処理完了。

ターミナル3行きのシャトルに乗って、

ターミナル3に到着。
いつものデルタのT1とは雰囲気が全然違う!!

キオスクでセルフチェックイン。
なぜかパスポートの読み取りができないので、予約番号を入力して手続き。

バゲッジ用の行先タグを自分でつけて、搭乗券を印刷したら、バゲッジドロップに荷物を預けに行く。
HNDまでお願いしまっす。

続きましてのセキュリティチェックでは、珍しく靴を脱がなくてもよかった。
ドメスだから?いやでも、T1ではちゃんと脱がされるハズ。何故??
2人とも、簡易タイプの金属探知機をノーブザーで通過。

Dゲート行きのトラム(レッドライン)に乗車。
ここもなんとなく、T1に比べて質素な雰囲気~。

トラムはほぼ貸切状態!!
ブルーラインに比べて距離が短くて、あっというまにDゲート到着。

到着時の間違いをここで確認。
ハイ、UA利用時はT3行きのレッドラインに乗るべし。
もう覚えました(`・∞・´)

まだ時間があるので、搭乗ゲート近くのスタバでコーヒー of the day (tall 2.80)とチャイラテ(tall 4.96)を買って、

スタバのテーブル席でひとやすみ。けっこう混んでる。

ぼちぼちとD55ゲート前に移動。

だいぶ遅れてUA364便が到着したもんで、搭乗時間になってもまだまだ機内から到着客がぞろぞろ出てくるww

当然、わたし達の搭乗もやや遅れた。

3-3配列の機内、わたし達のシートは23A,B。
このフライトは超満席。

出発時刻ぴったりの14:22にプッシュバック開始。
あんなに搭乗時間が遅れたのにオンタイム!!ステキすぎるよ(n‘∀‘)η

テイクオフまでは約10分。
前回はこのタクシーウェイでドえらい渋滞にはまって乗り継ぎ失敗した苦い思い出があるからなぁ。

とはいえ今回はSFOで2時間半の乗り継ぎ時間があるから、少々の遅れは心配なし(←学習した)。

水平飛行になると、ドリンクサービス。
わたしはオレンジジュース、夫は珍しくりんごジュースをいただいておった。

眠くならなかったので、ジ・アメリカな景色をたっぷり堪能しながらのフライト。

サンフランシスコの到着予定17:00が、巻いて16:47、ゲート72に無事到着。
Σd(ゝ∀・) 速い!!エライ!!

この後国際線に乗り継ぎます。続く~。

 ←ランキングに参加していますfuji
 記事を気に入ってくれたら1日1回、
 クリックいただけるとうれしいです。



※キュレーションサイト(まとめサイト)への、当ブログの記事及び写真の一部または全部の転載をお断りします。

« 牛かつ あおなで晩ごはん -蒲田- | トップページ | ['15LV旅行記]6-4. SFOで乗り継ぎ »

t6)2015.9ラスベガス旅行記」カテゴリの記事

コメント

再びおじゃまします|∀・)
私も一度だけT3利用しましたが、質素なカンジ、分かります。
わんだるさんの写真でもそうですが、だだっ広くてがら~んとしてるんですよね。

アメリカの国内線、窓からの景色いいですよね~。
ラスベガス周辺の山々や自然、「ジ・アメリカ」ですよね☆
ラスベガス発のフライト、私はいつも徹夜明けの午前便なので
この素敵な景色を見ることができません(T_T)

みどあやさん、再びこんにちは(◎´∀`)ノ

T1に比べると、T3のやっつけ感、すごいですよね。
仮設?ってくらい質素。
とはいえ出発ゲートに移動するまでのことなので、特に不満はないですけどネ。

アメリカの景色は雄大で、ずーっと見ていても、全然飽きないですね~。
外を見ているとあっという間に到着しちゃいます。
しかし徹夜明けでは、さすがに睡魔に勝てないですね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牛かつ あおなで晩ごはん -蒲田- | トップページ | ['15LV旅行記]6-4. SFOで乗り継ぎ »