フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« ['15LV旅行記]4-1. スタバの朝食とコンサバトリー | トップページ | ['15LV旅行記]4-2. Wicked Spoonでランチ »

2016年5月12日 (木)

日本橋 鰤門で鮨ランチ -日本橋・コレド室町1-

「前に行ったあのお鮨屋さん、また行きたいわー」というお義母ーサンの一言で、夫の両親&姉をお誘い合わせての鮨ランチ会決行。

ということで

日本橋三越向かいの、コレド室町にやってきましたよ。


bud人気ブログランキングに1Click 応援おねがいします(◎´∀`)ノ

コレド室町1の4Fにある、日本橋 鰤門(しもん)さん。
12時に5名で予約済み。

入店すると、やっぱりほのかに桧の香り。

Menu

この「昼のおまかせ」をいただきますよ。

最初に苦手食材を聞いてくださったので、わたしのみわさび抜きをお願い。
生牡蠣は大丈夫ですかとの確認には、全員OK。

前菜ひとつ目は、山芋の寒天寄せ。
乗っているのは岩のりとわさび。
(もちろんわたしのはわさび抜き)
おいしい出汁をしたがえております。

前菜ふたつ目、オーストラリアはタスマニア産の生牡蠣を、ポン酢ともみじおろしで。

前菜みっつ目は、天使の海老ともろきゅうの、土佐醤油ジュレがけ。

続いてお造り。
北寄貝と鰹の藁焼き。

ここからはお鮨タイム。
どれも味がついてますので、そのままで。足りないようならお醤油をお使いくださいとのご説明あり。

前回来たときは、長いお皿に4人前を盛り付けたものもあったけど、今回は5人だったためかすべてのお鮨が銘々皿でのご提供。

まずは当店オリジナルの四角いガリをご用意いただく。

スタートはイサキと海老の昆布締め。

続いてカマスとアオリイカ。
イカはお塩で。

ヒラマサは燻製で。
香りがすんごくよい!!

漬け鮪と小肌。

イクラはミニ丼仕様。小さな可愛いスプーンでいただきます。

最後は穴子、玉子、干瓢巻を一皿で。
穴子はふっくら~。
干瓢巻はゆずの香り。

海苔のおみそ汁でお食事を締めて、

デザートは自家製わらび餅。
お茶も、食事中は緑茶だったのが、ほうじ茶に入れ替えて下さいました。

ゆっくりとお鮨を楽しめておなかいっぱい。
一番気に入ったのは穴子かなー。

初回はもう少し感動があったんだけど、2度目は期待値あげすぎちゃうせいなのかな、あれ、こんな感じだったっけ?と思うところも…。

おいしかったです☆ごちそうさまでしたー。

 ←ランキングに参加していますfuji
 記事を気に入ってくれたら1日1回、
 クリックいただけるとうれしいです。

« ['15LV旅行記]4-1. スタバの朝食とコンサバトリー | トップページ | ['15LV旅行記]4-2. Wicked Spoonでランチ »

a1)和食系」カテゴリの記事

p2)蒲田以外の都内エリア」カテゴリの記事

コメント

お、またこの上品なお寿司屋さんですね。
確かにここならお義母様、また来たくなっちゃいますよね。
けど分かります!!期待値上げすぎちゃってるのか、あれ?こんなカンジ
だったっけ?って思うこと(^m^)

わんだるさんの苦手食材はわさびみたいですが、私の唯一の苦手食材は
牡蠣なんですよ(>_<)(牡蠣フライは大丈夫なんですが)
けどこういうお店だったら生牡蠣、トライしてみようかと思っちゃいます。

以前も思いましたが四角いガリ、食べてみたいなぁ( ̄▽ ̄)
干瓢にゆずの香り?!気になる~。

みどあやさん、こんばんは(◎´∀`)ノ

牡蠣がダメですか。
あれですか、やっぱり当たった経験があるとか?
わたしも、牡蠣が原因と思われる不調を経験したので、正直なところ生はあんまり食べたくないんですが、お店によっては信頼して食べます。
海外では怖くてトライできません( ̄◆ ̄;)
ちなみにわたしも、30を過ぎるくらいまでは牡蠣は全くダメでした、生でも火が通っていても。
夫のスパルタ教育により、食べられるものが増えたんですが、牡蠣もそのうちの一つです。

四角いガリ、酸っぱいのが得意じゃないわたしは食べきれませんでしたが、他のみんなはお代わりしてましたよ~。
おいしい♡と好評でした。

再び失礼します|∀・)

なぜ牡蠣を食べなくなったか思い出せないのですが、見た目ですかね・・・
フライは衣に包まれているので食べられます(^_^;)
実家では食べなかった私以外の両親が、職場の飲み会で牡蠣鍋を
食べてきた夫が当たったのを目の当たりにしているので、
やはりあまり口に運ばなくなってしまうんですよね~。

あのご主人がスパルタ教育?!想像できな~い(^o^)

みどあやさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

見た目!!そうですよね、わたしも元々はこのビジュアルがダメでした。
ウニとかもそう。
こういうの最初に食べた人、すごい勇気だな!と思います。
でも牡蠣は当たるとデカイですからね~、慎重になります…。

生の海鮮系なんてほとんどダメっつーくらい好き嫌い(食べず嫌い)が多かったわたしですが、夫のスパルタにより、だいぶ克服。
今では何食べたい?と聞かれたら寿司!と答えられるほどに成長ww
すっかり生意気になりました(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ['15LV旅行記]4-1. スタバの朝食とコンサバトリー | トップページ | ['15LV旅行記]4-2. Wicked Spoonでランチ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

海外レンタカーなら!!


  • 海外レンタカーブランドの【最安値】を一括簡単3ステップ検索!!
    rentingcarz.comをぜひご利用ください(◎´∀`)ノ