フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« 中国四川料理 鸞鳳でランチ -水戸- | トップページ | ['15LV旅行記]4-1. スタバの朝食とコンサバトリー »

2016年5月 7日 (土)

麺屋こころで台湾まぜそば -蒲田-

ちょっと前に、夫が美容師さんから「蒲田西口の台湾まぜそばがウマイ」っつー情報を得てから、なにげに気になっていたその店にこの度ようやく足を運んでみたヽ(´▽`)/

東急線のガード下にある「麺屋こころ」さん。

今年の3月にオープンしたばかりらしいですよ。

強烈なインパクトを放つ特大ポスターに若干ビビりつつも、入店を試みる。

bud人気ブログランキングに1Click 応援おねがいします(◎´∀`)ノ

店内、L字型のカウンターのみ10席ほどは満員御礼。

まずはカウンターで食券購入。
カウンターの外で案内や片づけを担当しているスタッフさんに、初回なのでと、一番基本のメニューを教えてもらい「台湾まぜそば」(780yen)を2人分購入。

ちょうどこのタイミングで、2名様がお帰りになりすぐに着席できた。ラッキー。

紙エプロンのご用意があるとのことなので、いただいたもののそんなもの使ってるド素人はわたしたちくらいw

目の前には、まぜそばの食べ方のレクチャーと、あじへんのための諸々がセッティング。

オーダーから約10分、台湾まぜそばと初対面☆

なんかすごい。漢メシ感がすごい。

大量の刻みニラと九条葱。肉味噌の上には卵黄。向こう側に魚粉と刻み海苔。

これをよーーーーく混ぜる。

混ぜた(゚ε゚) いただきまーす。

うぉー。おいしいーー。
アリシンの攻撃的な刺激を警戒していたけど、意外や意外。それほどでも。

肉味噌を辛く味付てるんだと思うけど、卵黄のおかげで絶妙にマイルドになっている。

でもってモチモチの太麺がわたし好み!!

程よきところで、「店長じまんのめちゃオイシイ!!フライドガーリック」を投入。

うん、香ばしさ増し!!

当店、生にんにくのご用意もあって、これを入れるほうがツウらしいんだけど、さすがに生ニンは刺激的過ぎるので、初陣の我々はやめておく。

お隣に座ったおにいさんは、食券を手渡すとともに、「生ニンニク(入りで)」と貫録のオーダーをしていた。
カッコイー

さらに終盤には、れんげに昆布酢を少し入れて、そこに麺を投入してマイルド化。
お酢はあんまり好きじゃないけど、ここの昆布酢は試してみてよかった!!
そんなに酢くさくないし、ちょうど良いあじへんになった。

麺を食べ終えたら、残ったたれに「追飯」。
どんぶりを厨房のスタッフさんに渡すと、白いごはん(無料)を少し入れてくれるので、それを混ぜて最後までたれをおいしくいただく。

いやー、おいしかった!!

全体的に味濃いめだったけど、こういうものはお行儀良い薄味じゃ成り立たないもんね。
ガツンとヘビーじゃないとね。

とはいえやっぱり塩分はすごかったのか、この後のどが渇いて仕方なかったわ。

スタッフさんはみなさん、料理のワイルドさに比べて少々ギャップのある丁寧接客で非常に好感。
どんぶりを返してごちそう様を言うと、ありがとうございます、辛すぎませんでしたか?と気にかけて下さる。

お忘れ物のございませんように、などとのお気遣いもあり、満腹&いい気分でお店を出たヽ(´▽`)/

ごちそうさまでしたpigまた来ます~。


 ←ランキングに参加していますfuji
 記事を気に入ってくれたら1日1回、
 クリックいただけるとうれしいです。

« 中国四川料理 鸞鳳でランチ -水戸- | トップページ | ['15LV旅行記]4-1. スタバの朝食とコンサバトリー »

a2)中華系」カテゴリの記事

p1)蒲田エリア」カテゴリの記事

コメント

度々失礼します|∀・)

いや~、ガツンとしたカンジですね!でも美味しそ~(≧∇≦)
普段、麺に飯までは行けないんですが、追飯したくなりました(笑)
フライドガーリックも食感がザクザクいく程まぜちゃいそう(^_^;)

こんな雰囲気のお店での丁寧接客のギャップ、いいですね。

わんだる様 こんにちは。

蒲田のお店紹介ありがとうございます。
「台湾まぜそば」葱がたっぷり入ってますね。
私葱が苦手なんです~。
葱抜きだとおいしくないのかな?

GWに台湾に行ってきました。
まぜそばって言うのは見かけなかったような・・・。

台湾は30°以上あって蒸し暑かったです。

みどあやさ~ん、再び(◎´∀`)ノ

ガツン系です!!
ここでは追い飯、必須ですよ!
これはオプションではなくもはや、追い飯までがひとつのメニューです☆
店舗もいくつかあるようですので、みどあや家のご近所にできた際はぜひお試しを。

丁寧な接客に、他のお客様が大絶賛で厨房のスタッフさんに「すごく良いです!」と声をかけてました。
そういう風に言われたら、もっとよくなりますよね。
お店とお客のそういう関係、大事よね。と思いました。
良いと思った事はお店に直接、伝えたいですね。

K.Iさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

わたし、今は葱を食べられるようになったのですが、
昔は大っ嫌いだったので、葱嫌いのキモチはわかります。
台湾まぜそばに関しては、葱抜きはどうなんでしょう、やっぱりベツモノになっちゃうかも。
チャーシュー麺をチャーシュー抜きで、って言ってるようなものかしら(ん~?ちょっと違うか)

台湾に行かれたんですね!
わたしは15年前に一度行ったきりですが、興味深い楽しい国でした。
台湾の30度はむしむししそうですね…。
そんな時には台湾かき氷!! 現地で召し上がりましたか?

ときに、台湾まぜそばは台湾のお料理じゃないんですって( ´艸`)ププ
名古屋発祥のお料理らしいですよ。
なので台湾になくて当然なんですよー。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%81%BE%E3%81%9C%E3%81%9D%E3%81%B0

紛らわしいネーミングですよね(笑)。

わんだる様

葱きらいでしたか~?
よく食べれるようになりましたね~。
私は無理だな。野菜の中で一番苦手かもです!

台湾は蒸し暑かったですよー。
でも楽しかったですよ。
かき氷は2日続けて食べました。

まぜそばは台湾料理じゃないんですね。
じゃなくて当然でした。

K.Iさん、こんばんは(◎´∀`)ノ

葱大嫌いでした、最近までラーメンは葱抜きで注文してました。
納豆には未だに葱入れません。
でも、いつの間にか食べられるようになったんですよね~。
きっかけもなく。
わたしが克服できそうにない食材はワサビです。

あの蒸し暑さでは、かき氷が絶対食べたくなりますよね!
いいなー台湾かき氷。わたしも食べたい(´~`)

台湾ラーメン、まさかの名古屋メシ(笑)。
紛らわしいコト書いてすみませんでした~(゚ー゚;

台湾まぜそば。地元ランパスに掲載されていたので行ってきましたヽ(´▽`)/
こちらで読んでからずっと気になっていたので、すごく嬉しい!!

お店であわあわしたくなかったので、行く前にもこの記事を読んで予習。
いや~、予習しておいて良かった!
私の行ったお店ではレクチャーの類がなかったもんで。
「にんにく醤油」と「辛味噌」が置いてあったのであじへんも楽しみました。

ただ、出来上がったまぜそばを目の前に置く時に
店員さんが調味料コーナーを指しながら
「マヨネーズなんかも入れて食べてみてくださいね」と言われ、
「え?マヨネーズ?!味がマヨネーズになっちゃうよな・・・」と思ったのですが、
店員さんのオススメだったので終盤に投入したところ、
やっぱりマヨ味になってしまった┐(´д`)┌
こちらのお店には昆布酢ではなくレモン酢があったのですが、
もうどうやってもマヨorz

早めに好みのあじへんを味わっておいて良かったです。
フライドガーリック、あれば良かったなぁ。
追飯、迷ったのですが、別料金だったのと、おなかの具合もちょうど
良かったので頼まなかったのですが、思いの外、結構タレが残って
いたので食べておけば良かったと後悔・・・
(そういえばこのお店は追飯の案内もなかったなぁ)

そちらのお店ほど丁寧な接客ではありませんでしたが、
カンジのよいお店だったので、ワンコインだし、また行こうかな。
こちらでまぜそばが紹介されなければ出会うことがない麺でした。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

みどあやさん、こんばんは(◎´∀`)ノ
お返事遅くなりましてゴメンなさい。

さて!
台湾まぜそば、チャレンジされたのですね~。
こころはチェーン店なのですが、みどあやさんが行かれたのは、こころではないんですね?
マヨネーズですかぁ。確かに、マヨネーズは他の素材を殺しますよねぇ。
フライドガーリックがないのは残念!!でもにんにく醤油と辛味噌っていうのもいいわぁ。

追飯が別料金だなんて(`ε´)
あれって、追飯込みで完成された食事だと思うんですよねー。
おいしかったですよぉー。

でもまぁワンコインなら許容範囲でしょうか。
こんな漢メシをみどあやさんも召し上がるとは意外な感じですが、悪くなかったのなら、わたしとしても安心しました( ^ω^ )

またまた失礼します|∀・)

はい、私が行ったのはこころではなく、横浜家系ラーメンのお店で
扱われていた台湾まぜそばでした。

辛味噌を入れた時は「おおっ」とうまみが倍増しました。
「追飯込みで完成された食事」やはりそうですよね~、あぁ後悔。
ツイッター見てみたら、ちゃんとご飯を別注文されてる方がいました。

私が食べるのは意外ですか?!
カウンターで一人、美味しくいただいてまいりました(^_^)v

みどあやさん、こんにちは(◎´∀`)ノ
またまたお返事遅くなりましてゴメンナサイ。

家系でも台湾まぜそばやってるところ、あるんですね。
やっぱりブームが来つつあるんでしょうか。
最近、スーパーの生麺コーナー(?)にも台湾まぜそば、ありますもんねー。

しかもおひとりで行ったんですか!
ますます意外~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国四川料理 鸞鳳でランチ -水戸- | トップページ | ['15LV旅行記]4-1. スタバの朝食とコンサバトリー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

海外レンタカーなら!!


  • 海外レンタカーブランドの【最安値】を一括簡単3ステップ検索!!
    rentingcarz.comをぜひご利用ください(◎´∀`)ノ