フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« Day5-5. 夜のストリップぶらぶらその2 | トップページ | Day6-2. BRIOでイタリアンランチ »

2015年6月26日 (金)

Day6-1. THE BUFFETで朝食

2014年7月のラスベガス旅行記です。

7月8日(火)。とうとう最終日の朝を迎えてしまいましたよ。
今日でラスベガスともお別れかと思うと(´・ω・`)ショボーン

寂しくてもハラは減る。なのでレッツ朝食。

やっぱり最後の朝食はベガスのレストランの代名詞(?)、バフェで締めくくりたい。
ということで、Wynnのバフェ、「THE BUFFET」へ。

ここは去年の旅行の最終日も来たところ。新鮮味はないけど安心感はある。


bud人気ブログランキングに1Click 応援おねがいします(◎´∀`)ノ



オープン時間の8時より20分も前に到着してしまったら誰も並んでなかったしなので、Wynn館内をプチ散歩したり、カジノでスロットしたりして時間調整。
スロットはぴったりプラマイゼロで終了~。

8時になったらTHE BUFFETへ移動して入店、朝食21.99ドル×2名分、税込で47.54ドルを部屋付けにてお支払い。

着席したらコーヒーとオレンジジュースを注文したのち、ビュッフェ台へGO!!

シリアル類。カラフルなドーナツ型のは"Fruit Loops"。カワイイお名前。

グラノーラ類。

パルフェコーナー。真ん中のバナナのパルフェはヌテラ入り。

Day7_025

温かいシリアルコーナー。Cream of Wheat、オートミールなど。

グラスデザート類。
左から、ヨーグルト&ベリーパルフェ、ココナツタピオカ、グレープフルーツ&オレンジ、パイナップルw/ココナツソース、スイカw/ライムシロップ。

前回くわしくレビューしたので今回はヘルシー系を中心にピックアップし、その他は割愛で。

いただきまーす。

わたしはエッグベネディクト、マリネドトマト&モッツアレラのサラダ、ベーコン&ソーセージスキレット。

エッグベネディクトはウォーマーで加熱されっぱなしのせいか、黄身はかため。

夫の一皿目はなんとフルーツのみ。女子か。

2周目は、中華エリアのお粥コーナーより、

お粥をいただいてきた。油条とねぎ、そして去年はどうしても伝わらなかったシラントロもばっちりのせてもらえた~。

一方、夫はオムレツステーションに赴いて、

オムレツを焼いてもらっていた。

具だくさんオムレツに、スモークトサーモンを添えて。

多分もっと食事したと思うけど写真に残ってたのはこれくらいで、続いてデザートタイム。

わたしはパンケーキに、メイプルシロップとバニラクリーム、あとこれ苺のクリームかな?を添えてみた。

夫はフルーツコーナーよりスイカをいただいてきた模様。
で、このスイカがひじょうに瑞々しくておいしいー。

ティラミスとグラス入りストロベリーショートケーキ。

手前はラズベリーセンセーションというケーキ。
奥はシナモンスパイスドカップケーキと、ラズベリーチーズケーキ。
カップケーキはきらきら光るなにかがふりかけられていてとってもガーリー。

デザートタイムには、夫は紅茶をオーダー。
茶葉はBoydsというコーヒーブランドのティバッグ。多分ダージリン。

1時間半ほど使って、のんびり最後の朝食を満喫。
いろいろ食べられるのが嬉しい反面、去年と同じバフェなので目新しさもなく、のちの反省として、まだ未開拓のカフェにでも行くべきだったかと。

このあとは部屋に戻って、休憩したりパッキングの続きをしたり。

無料でデルタに預けられるのは1人23kgまでの荷物が1コまでなので、2つのスーツケースにバランスよく収まるように、体重計を使って重さを測りながらパッキングしてみた。

あんまり買い物してないのが功を奏したのか、重さについてはけっこう余裕だったのが嬉しいような悲しいような。

11時過ぎに、部屋のテレビ(シャープのアクオス!!日本製が使われてるとなんかうれしい、)でチェックアウト。
額面を確認し、請求書を送信してもらうためのメールアドレスを入力し、ヨシ完了、

と思いきや、画面に「Check out OK but email failed」の文字が。なして?
スペルミスは絶対してないのに。フリーメールドメインだからはじかれたとか?謎ー。

とりあえず3日間お世話になった部屋を出る。名残惜しい。

まずは駐車場へ行って、夫にスーツケースを積み込んでもらってる間、わたしはレジへ。
レジはチェックアウトのひとでぼちぼちにぎわってはいたけど、御用伺いのひとにメール送信がアウトだった件を伝えたところすぐにプリントして持ってきてくださった。

これにて、華やかでゴージャスでリラックスできて至福だったウィンにさようなら。
とっても快適でした。ありがとうーWynn。

つづく。

 ←ランキングに参加していますfuji
 記事を気に入ってくれたら1日1回、
 クリックいただけるとうれしいです。

« Day5-5. 夜のストリップぶらぶらその2 | トップページ | Day6-2. BRIOでイタリアンランチ »

g1) LasVegasグルメ」カテゴリの記事

t7)2014.7ラスベガス旅行記」カテゴリの記事

コメント

たびたびお邪魔します|∀・)

いや~、読んでるこちらも最終日となると寂しいです(>_<)

私も時間調整でスロットやったりする事あるんですが、時間通りに
プラマイゼロになるのがほとんどですね。早まったりずれ込む事もなく。
きっかり終わってむしろほっとする自分がいたりして。
そんなんじゃダメですよね。
予定時間に倍にして、だらだらやる事無く、スパッとやめた事が一度あるな~。
いつもそんなんだといいんですけどね~(^-^;

どのお皿も盛り付けがきれいで、料理も絵になるものばかりですね☆
「シラントロ」そう表現するんですね、知りませんでした。
ホント、いつも勉強になります。

ご主人の一皿目、「女子か」の一言に笑わせていただきました(^◇^)

部屋を出る時のこのアングルから見る部屋、切ない瞬間ですよね・・・。
それにしても足もとまである大きい窓。羨まし~。

みどあやさん、度々コメント感謝でっす(◎´∀`)ノ

終わり時間が決まってて、そのタイミングで倍にしていたとはラッキーでしたね。
もしもっと時間に余裕があったら、プラマイゼロかそれ以下だったかもしれないですもんねー。グッジョブです(v^ー゜)
我が家的には、プラマイゼロくらいが一番楽しく遊べます。
もちろん勝てばうれしいですけど、超ローローラーとしては、負けないで終わるくらいが一番ありがたいです(笑)。

ウィンのバフェは照明のせいなのか、なんだか思った通りの写真が撮れなくて苦労するんですが、優しいみどあやさんに褒めてもらって嬉しくなりました☆
盛り付けはもっときれいにできるように精進したい!!

ウィンの部屋は実に去り難いです。
次回の旅程ではコンベンションのせいか価格が異常に高くて、ウィンはあきらめざるを得ない感じです…(;ω;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Day5-5. 夜のストリップぶらぶらその2 | トップページ | Day6-2. BRIOでイタリアンランチ »