フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

american express card


  • デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

« Day4-3. Valley of Fireへドライブ | トップページ | ザ・ダージリンでお茶 -麻布十番- »

2015年5月10日 (日)

中国飯店でランチ -六本木-

お買いものしに麻布十番までお出かけ with 夫。
もちろんランチタイムに合わせて外出。この日のランチをいただいたのは、

中国飯店 六本木店」さん。

実は最初、麻布十番の飄香(ピャオシャン)さんに、開店時間に合わせて行ったのだけども当日は予約で満席御礼。残念!!
すっかり中華モードだったので、ここは超正統派の中国飯店さんでこの気持ちを埋め合わせていただくべく、徒歩でエッチラ移動したのでした。

bud人気ブログランキングに1Click 応援おねがいします(◎´∀`)ノ


中国飯店さんでもフラれてしまったらどうしよう、と思っていたのですが無事に入店できました☆
ヨカッターーヽ(´▽`)/

当店にはわたしも夫もお初の訪問。でもずっと気にはなってて、いつか行きたいと思ってたお店。

メニューを見ると、日曜日でもランチメニューが用意されていて嬉しい限り。
でもここはせっかくなのでランチコースをいただきましょう。
3種類用意された中の一番リーズナブルな「牡丹コース」、2,800円(税・サ別)をオーダー。
夫はこれに、ノンアルコールビール(ALL FREE)を。わたしはサービスのポットティで充分。

入店時のテーブルセッティングは割り箸だったけど、コースを注文すると店名入りのお箸に変えてくれ、さらにはおしぼり置きと、ティポット用のウォーマーが準備されました☆

バッグ用にこんなかわいい台を用意してくれました。本来は子供用の椅子かな?アイデアが素敵。

ジャストサイズ!!

まずは「季節の前菜3種盛り合わせ」。

くらげと千社唐(ちしゃとう)の和え物、皮蛋、蒸し鶏の3品。

くらげの和え物の味付けがとっても好み。くらげの食感はつよめのコリコリ感(?)。イイ!!おいしい!!
皮蛋は実はあんまり得意じゃないのだけど、わたし的にいい意味でクセがなくて良かった。
蒸し鶏は、胡麻ソースがとぉーーっても濃厚。

出だし好調good

「今週の海鮮料理」は海老の四川風チリソース。
辛い~。でもおいしい~。
海老はほんとうーにサッと加熱しただけというような、限りなく生に近い食感。

わたしのはけっこう辛かったんだけど、夫はそれほど辛さを感じなかった模様。
おかしいな。どちらかといえばわたしの方が辛いモノ好きなんだけどな。

「本日のスープ」、白身魚と皮蛋と豆腐入りスープ。
出汁ありきの薄い味付けだったので、順番的にはチリソースの前にいただきたかった~。
先ほどの辛さが口内に残っていたのでスープの味に影響した。

続いて「今週の牛肉料理」は、黒胡椒炒め。
これはもっと胡椒が効いていてもヨカッタかな。夫曰く、万人向けにするならこのくらいがいいんじゃない?とのこと。ウム。さようか。

野菜はえんどう豆、エリンギ、赤パプリカなど。

お次は「上海点心師が作る本日の点心」、小龍包!!ヤッターヽ(´▽`)/

むっちりな皮に箸を触れさせると、伝わってくる肉汁の食感。
やぶかないように、なんとかうまくレンゲに乗せることに成功したものの、レンゲが小さすぎてどうにもこうにもうまく攻略できない!!
結果、やや肉汁を逃す羽目になったものの、熱々の小龍包はジューシーな餡とモチモチな皮がとってもおいしくてわたし好み♡

お食事のシメは五目チャーハン。ハムとチャーシューのダブルミート。
あまりにもシンプルなルックスのチャーハンにちょっとびっくり。もう少しパラパラしてる方が好きだなぁ。

チャーハンとともに、漬物3種。きゅうりとみょうがの甘酢漬けと、大根の醤油漬け。
大根が超おいし♪
みょうがは苦手食材なので夫に押し付けようと思ったのだけど「おいしいから食べてごらん」というのでシブシブ食べてみたら、あらま。おいしいわ。
でもここのみょうががおいしかったからと言って、苦手が克服されたわけではない(-ε-)

ラスト、「本日のデザート」はマンゴーミルク。
一見、マンゴープリンだけどゆらゆらしていて固まってないの。

マンゴー味のミルクの中に、マンゴー果肉と、つぶつぶのピンクグレープフルーツ、あとクスクスほどに小さなつぶつぶはタピオカ。こんな小さいタピオカ初めて食べたー。
甘すぎなくてとってもおいしい。
よくあるマンゴープリンよりおもしろみもあったし、気に入りましたー。

デザートも含めて7品で構成された牡丹コース、おなかいっぱい大満足。
いい意味で奇をてらわない昔ながらの中国料理、という感じが、最近ちょっとヌーベルシノワとかに傾いてたわたし達には逆に新鮮。

配膳タイミングがやや早めかな、と思った以外のホスピタリティについても、充分満足でした。
ごちそうさまでしたpig

 ←ランキングに参加していますfuji
 記事を気に入ってくれたら1日1回、
 クリックいただけるとうれしいです。

« Day4-3. Valley of Fireへドライブ | トップページ | ザ・ダージリンでお茶 -麻布十番- »

a2)中華系」カテゴリの記事

p2)蒲田以外の都内エリア」カテゴリの記事

コメント

「これが食べたい!!」ってのがダメになっても、頭も口もおなかも
食べるつもりの体になってしまっているから、同じジャンルのモノを
求めてしまいますよね。

コースの注文になると割り箸が箸になるなんて、対応がそんなに
変わるんですねw(゚o゚)w

スープの味が変わるほど海老チリが辛かったとは!!
よほど辛かったんですね(>_<)
ご主人がさほど感じないとなると香辛料がわんだるさんのお皿に
偏ってしまったとか?!

わんだるさんは「みょうが」苦手ですか。私は大好きですheart01
これからの季節はそうめんや冷ややっこにこれでもかという位
盛ってしまします。
そうそう、みょうがといえば水戸の親戚のお宅のお向かいさんの囲い
にはみょうががわんさか生えていて、住んでいないのをいいことに
いつも盗み採っていた事を思い出しました(^-^;

お料理とは関係ありませんが、素敵な鞄ですね。かごバックかな?
ストールも綺麗な色ですね(゚▽゚*)

どれも美味しそうだわ~♪

σ(・_・)にとって、麻布十番って、昔っからなかなか行かない場所なの。
赤坂&溜池山王には良く行くんだけど 麻布十番って陸の孤島のイメージで。
大江戸線が出来てからも行かないんだよなぁ~。

で、千社唐ってなんですの?
クラゲ(←色薄いのね。)にチロチロと混じってる緑色したやつ?
野菜ですかい?

ミョウガが苦手だったとは。。
hagi_hisaが代わりに食べてあげるのにー。

わんだる様 こんにちは。

中国飯店さん日曜日もランチメニューがあるんですね。
どのお料理もおいしそうです。

何年も前に一度だけ入ったことがありますが、その時に貴乃花親方と遭遇したのを
思い出しました~。

最近は六本木周辺なんてぜんぜん行ってません。
たまには麻布あたりのおしゃれなお店に行きたいな~!

みどあやさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

中華が食べたいと思ったら何が何でも中華ですよね!!
イタリアンや和食には振れませんよ。場所柄、お店のチョイスは豊富だったので問題ありませんでした♪

コースになると、お箸どころかポットにはウォーマーも追加され、2人で1つ利用だったおしぼり置きが各自ぶんいただけたりと、特別感を演出してもらえて嬉しいものでした。

海老チリソースの辛さの違いは謎です。わたしの一口目に、大きな唐辛子でも入っていたのでしょうか。辛いのは大好きなので歓迎ですが、繊細なスープは先にいただきたかったなぁ~(←まだ言ってる)。

みょうがは昔は全然ダメでしたが最近は食べられなくもない、くらいにはなりました。
でも好んでは食べないのですよね~。自宅でそうめんなどするときに用意はしますが、自分からは食べないなぁ。
生のは特に、ダメです(;;;´Д`)

バッグは先日実家に帰った時に、お義姉ーサンからもらったのです。かわいいくて絶賛愛用中です。栗原はるみさんの商品です。
ストールは実は夫の持ち物です。きれい色ですよね♪写真を撮るにあたって目隠しがわりに使ってしまいました(笑)。

hagi_hisaさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

麻布十番、お店が新旧入り混じっていておもしろいよー。
気が向いたら、行ってみてーー☆

ちしゃとうってレタスみたいな野菜。そうそう、くらげに隠れてる緑色のが、そう。
茎レタス、とか言うみたいよ。

hagi_hisaさんもみょうが好きなのかぁ。みんな大人だな!!!
よし、今年はみょうが克服するよ。がんばるぞーrock

K.Iさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

中国飯店のランチメニュー、とーーっても充実してました。
一品料理にスープ、小付け2種、点心、デザートがついて1,800円とか、麺類・ごはん類に小付け、デザート付きで1,000~1,400円とか。内容も豊富で、選ぶのが大変なくらいです。

ここなら有名人も多々利用してそうですよね。
貴乃花親方なら座っていても目立ちそう(笑)。

わたしもあんまり遠出(?)好きじゃないんですが、たまに行くと小旅行気分で楽しいです。逆にしょっちゅう行くより楽しめるかもしれませんよ!!気が向いたらぜひ、麻布散歩、行ってみてください♪

わんだるさん
おはようございます。
ここにも素敵な中華記事が!危うく見過ごすとこでしたよ~(*゚v゚*)
中国飯店六本木に行かれたんですね。
その荷物置き用の小さな椅子は、きっと私の椅子だわ!
わんだるさんご夫妻のランチにお邪魔するつもりだったのね(笑)
うっかりしとったぁ。
中国飯店の味も長い歴史があるだけに、
いい意味で完成されていて、トラディショナル。
2,800円でランチコースがいただけるのも朗報!
いつか私も利用したいと思います。

ゆらゆらのマンゴーミルクは楊枝甘露ね。
日本では、サクサク感のあるポメロが入手しにくいので
他の柑橘系フルーツで提供されるみたいよ。

みにさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

このお席はみにさんのお席でしたか!!
ノブローちゃんたちがこの小さな椅子に並んでいるところを想像したら…アラ、カワイイ♡

これぞ中国料理、という感じでした。お料理も、お店の雰囲気も。
奇をてらってないところも、重鎮ならではのなせる業、みたいな。
ランチメニューも豊富にそろっていて、何度行っても楽しめそうです。

このデザートは楊枝甘露というんですね。名前は存じませんでした。
ググリングしてみたら、あら定番の中華スイーツなんですね。
ポメロという果実の存在も知ることができて、勉強になりました!!
いつもおいしい情報、ありがとうございますヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Day4-3. Valley of Fireへドライブ | トップページ | ザ・ダージリンでお茶 -麻布十番- »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

食品宅配サービス


楽天市場