フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« 中国四川料理 鸞鳳(らんほう)でランチ -水戸- | トップページ | ロイヤルホストでパンケーキ -川崎- »

2014年8月16日 (土)

中國菜 老四川 飄香でランチ -麻布十番-

先日、水戸に帰省した際におじゃました鸞鳳さん、こちらの鈴木シェフが以前従事されていたという「飄香(ピャオシャン)」麻布十番本店に、早速行ってみましたよrvcardash

麻布十番公共駐車場に車を停めて、地上に出たら徒歩1分。
Fプラザというビルの地下1階に目的のお店を発見eye
「農家楽」ということばが、意味は分からずともなんとなくヘルシーさを予感させますよ。楽しみ。

ちょっと他に立ち寄りしてたら思いがけず時間がおしちゃって、何とも失礼なことにラストオーダー15分前っちゅう、13:45頃の訪問。
しかし運よく2人掛けの席がひとつ空いており、予約もしてないイチゲンさんを実に快く迎え入れて下さった。


bud人気ブログランキングに1Click 応援おねがいします(◎´∀`)ノ


シックな内装で落ち着く~。

わたしの視線上には、天井から吊られたたくさんの鳥かごやランプ。いい雰囲気。

お得なランチセットも魅力的でしたが、せっかくなのでいろいろいただける「農家楽」ミニコース(@3,800yen)をオーダー。

お薦め中国茶より冷たい「白毫銀針」をいただきたかったのだけど、なんと売り切れ。
遅い入店を悔やみつつ、夫がメニューを見ずにノンアルコールビールを注文したところ、

ドイツの「ビットブルガードライヴ」が運ばれてきましたよ。なんか意外。
とてもビールに近いお味、とのこと。アルコール分は0.05%。
夫曰く、たしかに日本のノンアルビールよりもビールらしいかも!?とか言ってたような気が。

れんげには可愛い金魚ちゃん。

まずは「四川田舎風前菜4種」の最初の一品、当店のシグニチャーメニューです、と「よだれ鶏」。
最初に2人前を一皿に盛った状態で運んで下さってからの、

銘々に取り分けていただけた。
痺れる!!辛い!!! 山椒の効いたこのソースがもう絶品 * ´З`)
蒸し鶏も柔らか~。ピーナッツや山くらげで食感も豊か。一品目でメロメロですよ。

前菜その2は、かぼちゃを使ったもの。
2層になった下の方は豆をシロップで寄せたようなもので、2種類の食感をいちどで味わえた。

3品目、4品目は同時に。

蒸し茄子にピータンと唐辛子のピクルスを添えたもの。
わりと甘めの黒酢でいただく。

漢方梅とパパイヤのゼリー寄せ。

甘いものと辛いものの組み合わせが楽しい前菜に満足。

続いては「海の干物とハト麦入り冬瓜のスープ」。
出汁は干し貝柱、干し海老、干し平目で作られたそう。

出汁パワー全開ですよ☆

「鶏もも肉の香料煮と夏野菜のピリカラ生姜ソース」。

夏野菜には、トマト、へちま、インゲン。
香料煮というだけあって、いろんなスパイスの風味が感じられる複雑おいしい一品。
知識がないので何が入ってるのかはわかんないけど、おいしいからそれでいい。

どのお皿でもちょっと残っちゃうソースがもったいなくて、花巻をつねに控えておきたい気分になる。

「とうもろこしと豚肉の四川漬け物風味 モロヘイヤ団子」。

柔らかいとうもろこしの葉の包みを開くと、モロヘイヤ色!!熱々!!

ゴロゴロの豚肉とフレッシュコーンがたっぷり。
おだんごのむちむちした食感もたのしい。

「ラム肉水餃子といろいろ野菜の火鍋風」

ラム肉には当然、それらしいクセを感じるけど、四川の麻辣な味わいとはぴたりんこ。
平麺タイプの春雨はスープがよく染み込んで、激おいしい。
野菜は茶樹きのこ、ごぼう等、ワイルド仕上げ。

食事の最後は「十六ササゲピクルスとカリカリ挽肉の担々麺」。
辛いタレが下の方に潜んでるので、よーく混ぜていただきます。ンーおいしい。
麺がちょっと独特な感じ。ほかの店では食べたことがないような…。
悪い意味じゃないけどインスタント麺を思い出すような感じ? なんて、あーいやだ。自分の舌の経験値を呪うわ~(苦笑)。

ひとつひとつのポーションはやや少なめだけど、コース展開としてはこれくらいがベスト。
わたし的には腹八分目くらいな状態でデザートに突入。

食事のお皿が下げられると、「本日の中国茶」が用意される。
こんなセットで用意されると思っていなかったので激しく感動。わたしの茶杯は金魚ちゃんで、

夫のには蓮。これ好みのデザイン。

この日のお茶のご説明。耳で聞いてもすぐ忘れちゃうので、紙に書いてあると嬉しいわたし。

白牡丹(温)(白茶)
福建省の代表的白茶。
身体の余分な熱をとり、紫外線対策にも効果があるといわれています。
ヨーロッパでは「白い紅茶」と呼ばれ、香り高く、すっきりとした味わいが特徴的な白茶です。

熱をとる、紫外線対策など実に夏向き。
差し湯もいただいて、三煎目までいただきましたが最後まで香り高くおいしかった。

デザートは4種から選べる方式。お茶の前にメニューを持ってきてもらえましたよ。

1) 杏仁豆腐 : 2種の「杏子の核」を使用した贅沢な香りの杏仁豆腐
2) 桂花無花果耳雪 : 桂果陳酒でコンポートにした白きくらげとイチジクのグラニテ
3) 花彫白巧克力布甸 : ホワイト紹興酒プリン 話梅(干し梅)ジュレ掛け
4) 酔蜀椒雪糕 : 青山椒のアイスクリーム オレンジと甘酒のソース

どれも魅力的で悩ム。
自分たちじゃとうてい決められないので、ホールスタッフさんに人気とお薦めを聞いたら、人気のあるのが2のグラニテ、個人的にお勧めなのが4の青山椒のアイスクリーム、ということなので、じゃあそれで。

おいしくお茶を堪能しているところにグラニテ登場。主に夫が担当。

白きくらげも惜しみなく入ってるし、イチジクのシャーベット部分も美味。

こちらは主にわたし担当の青山椒アイスクリーム。
山椒の実は飾り付けで、食べると痺れますからお試し程度に…とのご説明付。
まーそういわれると、食べたくなっちゃうんだよね。そして予想に違わず痺れた{{{( ̄ロ ̄)
アイスクリームも痺れるんだけどこちらは甘さとのシナジーで、程よく収まってくれる。
面白いなぁ。

これにてランチコース終了。あーとってもおいしかった。だいだい大満足。
気づけばもう最後の客。
入店も一番最後だったんだから、当たり前か。遅くまでスビバセン。

お会計は全部コミコミで8,356円。

なんと、退店の際に、井桁シェフがわざわざ厨房より出てきて下さった。
フロアの方に先日水戸の鸞鳳さんに伺って云々という話をしたせいなのか、それとも客足も引いてお手すきになったからなのか…とにかく突然のことに驚いてしまって、気の利いた事も言えずアタフタしちゃった。
こういう時、いつもこう。あとになってあー言えばよかったこー言えばよかったと後悔するんだよなぁ。

ただパニくりながらも、温厚そうなお人柄だって事はスンゴイわかった。
ニコニコとして、全然いばってない感じ。
トップがこうだと、店全体がいい雰囲気になるんだろうなってシミジミ思った。
このお店のスタッフさん、全員が全員とっても感じ良いんだもの。
働く姿はきびきびしつつも、みな笑顔が柔らかい。手際も良いし、お料理の説明なども丁寧で。
絶対また来たいって思えるお店ってこういうところ。

来るときは階段を下りてきたけど、帰りはエレベータをお使いくださいと、ご案内して下さった。
EVの前でシェフをはじめスタッフ皆さんでお見送りしてくださって、恐縮しきり。
1FでEVを出たらそこには先ほどから何かと面倒を見て下さったアシスタントマネージャーさんの姿が!!
先回りして階段を上がってきてくれたんでしょう。なんという心遣い。

また来ますねとお約束して店を離れたものの、わたし達が見えなくなるまでずっとお店の前で見送って下さっていた。いやいやわたしら如きに、勿体ない。

とまぁ、最初から最後まで満足しっぱなしのランチタイム。幸せだった~。
ごちそうさまでございましたpig


 ←ランキングに参加していますfuji
 記事を気に入ってくれたら1日1回、
 クリックいただけるとうれしいです。

« 中国四川料理 鸞鳳(らんほう)でランチ -水戸- | トップページ | ロイヤルホストでパンケーキ -川崎- »

a2)中華系」カテゴリの記事

p2)蒲田以外の都内エリア」カテゴリの記事

コメント

わんだるさん
こんにちは!
飄香さんの四川スパイスの使い方は精妙ですね~。
私あの香りに富んだ麻辣味が大好きで、彼のよだれ鶏の味だけは
利き酒ならぬ効きよだれ鶏できるのではないかと思うぐらいで(人*´∀`)
井桁シェフの味として完成を極めていると思います。

小さな前菜もとても丁寧に作られていますね。ああ、うっとり( ´艸`)
個人的にはラム肉水餃子がめちゃ食べたいです!
羨ましい!行きたい!!

そうそう、帰り際はお客様をエレベーターに誘導して、店の方々は
階段ダッシュしてきてくれるのよね。
横断歩道を渡ってもまだ見送ってくれているから、私も恐縮して
急ぎ曲がり角に入っちゃったわ。
ほんと、「私ら如きに、勿体ない」と、
そういう気持ちにさせてくれる事、わかります。

今回、わんだるさんのお蔭でくつろぎのランチタイムも拝見できた~。
ありがとうございました。(*゚▽゚)ノ

みにさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

飄香さん、素敵でした!!
辛く痺れる四川料理をスミズミまで堪能いたしました。
いろんなスパイスを組み合わせているんでしょうね、本当に精妙。
今回はミニコースをいただきましたが、
4種の前菜+メインのランチセットもとっても魅力的でした。

お料理が好みである上に、接客も上等なもので、
最後はひじょうに恐縮してしまったけれど、食事中は実に具合の良い、
気取りすぎない対応がたいへん気持ちよく、良い時間を過ごせましたヽ(´▽`)/

早速麻布十番本店に行かれるなんて行動力がありますねshine
どれも美味しそう(゚▽゚*)

わんだるさんのご実家も北の方ですか~up
あのエリアの「車で20~30分」は結構な距離ですよねsmile

以前は親戚の一人が住んでいたので年に2,3度は
泊りがけで行っていたのですが、今は住んでいないのもあり、
近くに住む別の親戚の家に年に一度立ち寄る程度なんですよ(´O`)

あの辺は緑が多くて心が落ち着きますよね( ̄▽ ̄)

みどあやさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

ええ、わたし達にしては珍しい迅速行動でした☆
そしてとってもおいしくて大満足でしたヽ(´▽`)/

わたしは実家がありながらも年に2~3度しか帰省してません(笑)。
夏に帰ると、みどりに囲まれた家で過ごす快適さを超実感します。
田舎暮らしもいいですよね。ホッとします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国四川料理 鸞鳳(らんほう)でランチ -水戸- | トップページ | ロイヤルホストでパンケーキ -川崎- »