フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« ひみつのピッツェリアで軽食ランチ -2013LVにっき#31- | トップページ | ZooZaCrackersでお茶 -2013LVにっき#33- »

2014年5月31日 (土)

Wynn散歩 -2013LVにっき#32-

2013年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

16時過ぎ頃に買いものから滞在ホテル、ウィンへ戻ってまいりました。
買ったものを部屋に置いたら、続いてはウィン探検へ出かけますよー。

ウィンに滞在するのは今回で3回目だけど、あんまりホテル内をきちんと見たことなかったなーってことで。

Wynnカジノフロアのプロパティマップ(PDF)はこちらで開きます。

部屋の前の通路はこんな感じでシックに茶系でまとめてる。
ウィンの前に泊まっていたコスモポリタンはホテル全体が激しくアーティスティックで、それも良かったけどこちらの方が落ち着けるという意味では、断然よい。


bud人気ブログランキングに参加ちゅう。 応援おねがいします(◎´∀`)ノ



EVでカジノフロアに出たら、左折→左折したところに、

ザ・バフェ/The Buffetを発見。
ここもベガスでは常に人気のランキング上位のバフェだけど、午後4時というスキマ時間のせいか混んではおらず。
それでもボチボチお客さんは入っていた模様。
こちらは翌日の朝食で利用。

ザ・バフェの前を通り過ぎてすぐの右側には、Terrace Pointe Cafeというカフェ。

プールサイドに面しているこのカフェは、朝食とランチのみの営業で、オープン時間は6am-3pm。
この時はもうCLOSE後だったので、店内ひっそり。

テラスポワントを通り過ぎて突き当りを右折すると、ボールルームに続くゴージャスな通路。
左右にはいくつものミーティングルームのドアーが。

ボールルーム・プロムナードに突き当ったら右折、更にその突き当りを右折してぐるっと1周するようにザ・バフェの辺りまで戻ってきたところで、プールエリアに降りる通路があるので行ってみた。

プールのエントランスには年配の男性スタッフがいて入場者チェック。
わたし達の顔を見て、ニイハオ~と声をかけてきた。ので、中国人じゃないですよ、と言ったら、ああそれじゃーアニョハセヨーーと。それも違うー、コンニチハですよ、と言ったら、ああ日本人ですかと。
やっぱ中国人観光客、増えてんのかなぁと思ったり。それともわたし達が結構チャイナ顔してるのか?

日本の事を少し話した後、彼の奥さんは韓国人だという話になり、その後は3人で知ってる韓国語の発表会!!
やけに盛り上がって楽しかったなー。私はあんまり知ってる単語がなかったけど、彼と夫はなかなかいい勝負を繰り広げておった。

で、エントランスの先はプールエリア。

ウィンのプールはあんまり広くはないかも。この時はそこそこにぎわっている感じ。

上(部屋)から見たプールエリア。気持ちよさそう。

ウィンお散歩ツアーの最後はやっぱりここ、館内庭園。
この色合い。好きだわー。癒されるーー。

写真を撮ってる人もたくさんいて、我々も御多分に漏れずそうしたい。

2ショットを撮ってもらおうと、近くにいたお子さん連れのご夫婦に声をかけたら旦那さんが快くシャッターを切ってくださった。
サンキューと言ってカメラを返してもらったら、お連れのお嬢さん(推定5歳)がスマフォをこちらに向けたので、なにか撮りたいものがあったのかと避けてあげようとした。したっけ「NO、そこにそのまま立ってて」とわたし達に立ち位置を指示。ポーズをとってみせたら、そんなわたし達の写真を1枚撮って、満足げな顔。なんてかわいいのだ!!

しかしあの家族の記念写真の中に、平たい顔族夫婦の写真が混じってしまったかと思うとなんかゴメンなさい(笑)。

さてここでこのツアーは終了したけど、他にウィン館内で撮った写真がいくつかあるからついでにUPしとく。

このフェラーリショップはセルフパーキングの出入口に面してるので、外から帰ってきたときに一番最初に目にする館内ショップ。未訪。

こちらは錚々たるハイブランドが並ぶウィンエスプラネードの、一番ストリップ寄りにあった(と、思う)Sugar and Iceというスイーツ系カフェ。
この記事を書いてる2014年5月現在はもう、このお店はなくなってるらしい。

見た目もかわいいお菓子がずらり☆
こちらは店内立ち寄って見ただけで、お買い物はなし。

ウィンシアター前のオブジェ。カラフルでメタリックな風船のようなものに、天井と床にたくさんの蝶。

そのウィンシアターからカジノ方面をcamera
ウィンらしい、シック&ゴーヂャスな大人インテリア。

今回撮ってきた館内写真はこの程度だけど、やっぱりどこでどう撮っても絵になるウィン。素敵すぎ。
アンコールとは専用通路でつながっているにも関わらず、今まで一度も行ってないので次の機会にはアンコールも訪れてみたい。


次はZOOZACRACKERSでお茶編の予定です。


 ←ランキングに参加していますfuji
 記事を気に入ってくれたら1日1回、
 クリックいただけるとうれしいです。

« ひみつのピッツェリアで軽食ランチ -2013LVにっき#31- | トップページ | ZooZaCrackersでお茶 -2013LVにっき#33- »

t8)2013.7ラスベガス旅行記」カテゴリの記事

コメント

Wynnは一度も訪れた事が無いので、楽しく読ませて
いただきました。

プールエリアは緑が多くて素敵ですね~shine
館内の落ち着いたカンジも大人空間でいいですね(゚▽゚*)

余談ですが、私はラスベガスで2度も中国人に中国語で
道を尋ねられた事があります( ̄Д ̄;;
中国人も認めるチャイナ顔なんですね(T_T)
しかも出発時の成田空港では売店の日本人スタッフに
英語で対応されました・・・crying

みどあやさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

Wynn、ちょっと覗くだけでもステキですよ。是非次回は足を運んでみて下さい。
他のテーマ性のあるホテルとはちょっと違いますが、
オ・ト・ナのラスベガス、といった感じですよ。

日本人なら、韓国顔・中国顔・モンゴル顔ってなんとなく判断できますが、
多分、欧米人には東アジア人の顔の区別、つかないでしょうね。
わたしも、アメリカ人とヨーロッパ人の区別、つかないですもん。
なんとな~く、イギリスっぽいなとかアメリカっぽいなとか、
北欧系だろうなーとか判断する事ありますけど、
それも果たして当たってるかどうか?

それにしても中国人から中国語で声をかけられるとは、
よほどその中国人、道を知りたくて焦ってたんではないでしょうか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひみつのピッツェリアで軽食ランチ -2013LVにっき#31- | トップページ | ZooZaCrackersでお茶 -2013LVにっき#33- »