フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

american express card


  • デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

« フラッグスカフェでランチ -蒲田- | トップページ | 千疋屋総本店でカレー -日本橋- »

2013年12月23日 (月)

ダイニング&バー TENQOOでランチ -東京駅-

3連休最終日は夫と東京駅にお買いもの。
連休って言っても実際は土日まるまる仕事だったので、この日が唯一のお休み。全然連休じゃねーww

東京駅へは、お得意先さまへ日頃のご愛顧を込めたご挨拶に伺う際の手土産選び。
でも腹が減ってはなんとやらなのでまずはランチ。
ノープランで家を出てきてしまったので、電車の中で東京駅周辺のレストランを検索。
いろいろ調べて、ホテルメトロポリタン丸の内27Fの「DINING & BAR TENQOO(テンクウ)」がよさげと判断。

ホテルは東京駅の日本橋口出てすぐ左手。EVで27Fにあがると、そこがホテルロビー階。
季節柄、クリスマスツリーも鎮座しております。

ロビー中央には東京駅近辺のジオラマが。銀色の柱の向こう側にはスカイツリーや東京タワーも。

ロビーを抜けた奥に、TENQOO発見。
予約なしでしたが、席を片づける間だけ待ったのみですぐに通していただけてラッキー。

窓に向かって並ぶような形で着席。
地上120mの高さから景色を見ながらお食事できるというコンセプトのよう。

だけど残念ながらわたし達の席から見えるのは、無味乾燥なオフィスビル。ムム無念。

さて本日オーダーしたのは「TENQOOビュッフェ メインディッシュコース」、3,500円。

 ○TENQOOビュッフェ
 ○本日のミニパスタ または 特製スープカレー
 ○本日の魚料理 または肉料理
 ○デザート
 ○スペシャルティコーヒー

といった構成で、夫はミニパスタと肉料理、わたしはスープカレーと魚料理をチョイス。

夫は珍しく、梅酒(ノンアル)のソーダ割り(800円)などをいただいておった。


では早速、ビュッフェに行ってみようrock

ラタトゥイユやピクルス、豆ときのこのマリネのようなもの。

野菜とポテトサラダ。

リーフサラダと、3種のドレッシング&3種のトッピング。

かわいらしいこちらは手前が"ブロッコリーのムース・シナモン風味のエビと共に"、奥が"豆乳ブランマンジェ"。

左から、"真鯛のマリネ 梅酒の実入りドレッシング"、"カプレーゼ"、"炙りオーロラサーモン ポン酢風味"。

左から、"群馬県産 氷温熟成豚バラ肉と江戸菜のからみそ風味"、"国産鶏もも肉と彩り野菜の南蛮漬け"、"シーフードマリネ 各種野菜とともに"、"絹ごし豆腐のサラダ 煎り胡麻ソース"、といったラインナップ。

気になるものを少しずついただいてきた☆
どれもひと手間ふた手間かけてる感じが伝わってきて、とってもおいしい。豚ばら肉は香ばしい焼き具合が絶妙だし、真鯛やサーモンなどのお魚類も新鮮。

豆乳ブランマンジェにはワサビが少し入っていて、ワサビ嫌いにっとっては「先に言ってー!!」って感じだったけどそういうちょっとした味の変化球がどのお料理にも仕込まれている感じ。

これはかなり楽しい前菜盛り合わせだ!!大変気に入りましたよ。
この後、どのくらいのボリュームのお料理が来るかわからないので、お代わりしたい気持ちをぐっと我慢。

前菜を堪能しているとお店の方が、メインディッシュコースの方にはこちらのアミューズもご用意しておりますとキャベツのムースを持ってきて下さった。可愛いまるこいグラスに白くてふわふわのムースと、その上には透明なジュレ。ジュレにはヒアルロン酸が入っているそう。
わたしとしたことが写真撮り忘れ(;;;´Д`) 可愛かったのに~。


フランスパンはオリーブオイルと共に。

夫が選んだ本日のミニパスタは、これない豚と野菜のトマトソースパスタ。
早くも老化現象の進んだ耳ではうまく聞き取れず、勘で「紅(くれない)豚?」と聞き返したら「これない豚といって、"コレステロールが少ない豚"なのでそう名付けたようですよ」と教えて下さった。そうか、アンデスメロン系の名づけ方だな。

キャベツやトマトが入った、あっさりタイプのパスタだったようです(夫談)。

わたしのスープカレー。
スパイスは効いているけど、辛さはそれほど強くないおいしいスープカレー。
ごはんの島にのった野菜はパプリカ、茄子、オクラ、ヤングコーン。パプリカのおいしさに驚き。
まわりの白いのは豆乳だそう。
いやしかしコレ思ったよりボリュームあるな。

この日のお肉料理は子羊のロースト。
ソースにはエシャロットを使ったってことまでは小耳に挟んだけども詳しい説明は失念。
少し味見させてもらったけど、子羊の独特な香りはすれども臭みはなく、焼き加減もまわりはしっかり目なのに中はテンダーでとってもおいしい。
お肉の台座にはクスクスを使っているのもおもしろくていい。

お魚料理は最初アイナメのソテーとの紹介、オーダーした後に再度お店の方より「本日、ホウボウも用意できますので良かったらハーフサイズで両方お持ちしますか?」との嬉しいご提案。もちろんお願いします――☆

そんなわけで2種のお魚のソテーとなったわけだが悲しいかな写真にはアイナメさんしか写ってないorz
貝割れ大根の向こう側にホウボウさんがおられますよ。

断面写真に辛うじてホウボウさんのお姿が控えめに…。

どちらのお魚も皮目はパリッと、身はしっとりと焼きあがっていてたいへんおいしい。
ホウボウの方がどちらかと言えば好み。
魚の下に敷いたのはキノコのソテーでこれも魚によく合う付合せ。ソースはバルサミコベース。

添えられたお野菜、かぼちゃ、ラディッシュ、蕪、人参、ごぼうはそれぞれ蒸したりグリルしたり。
余計なことはしてないので野菜の味がしっかり堪能できて幸せ。
西京味噌を使ったと思われるソースをつけてもまたおいしい。

いやー、ボリュームたっぷり。満足!!
でもこの後もう一度、ビュッフェ台から少しだけ、お気に入りの前菜を再度もらってきていただいちゃった。
どんだけ食いしん坊なのか俺。

デザートは、ローズガーデンという紅茶を使ったムースと、オレンジティというこちらも紅茶のソルベ。
ムースの方は可愛いピンク色がまるでストロベリーを思わせるけど、味わうと本当に紅茶!!
んー、これはとってもおいしい。ほのかにローズの香りもするような。
ソルベはしっかりオレンジ味。

おいしいコーヒーでしめくくり。あー、満腹満足。

最後に、ここの席からは眺められなかった東京駅の景色を是非にも見てみたく、ちょうどランチタイムの賑わいも解消してお客さんが少なくなってきたこの頃を見計らって、お店の人に一言おことわりした上で店内をウロウロさせてもらった。

南西の角の全面窓からは、東京駅が一望!!これは鉄道ファンならずとも興奮の景色ですよ。
NEXが停まってるのも見える。

駅舎もバッチリ。この席はかなりプレミアム。ここに案内されたらラッキーだな。
予約時にこの席が空いていればリクエストすることも可能だそうで。
電車好きなひととお食事する時は、ここ来たいな。
でも高所恐怖症のひとには怖いかも?

お料理はどれもおいしいし、ホールスタッフのホスピタリティ度も充分。
ビュッフェで自由に前菜を取ってくることが出来るだけに、レストラン側としては一皿目(パスタorカレー)を出すタイミングなども難しいだろうに、実に絶妙に熱々のお料理を出してくれるし、お料理の説明も細かくして下さるし。

料金は税・サ込みで表記されているのも、わたし的には感心ポイント。
きっかり3,500円×2プラス梅酒800円の7,800円の明朗会計。なんて気持ちいいのだ!!

大変気持ちよくお食事が出来ました。ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

« フラッグスカフェでランチ -蒲田- | トップページ | 千疋屋総本店でカレー -日本橋- »

a3)フレンチ・イタリアン系」カテゴリの記事

p2)蒲田以外の都内エリア」カテゴリの記事

コメント

うわ。 豪華ランチだ、羨ましい♪(´∀`人)

前菜ビュッフェ、いいね~。好きなのを好きなだけ。
パスタもメインも要らないから、前菜ビュッフェ&デザート&ドリンク が個人的にはいいな~。

それにしても前菜の盛り付け綺麗だね~(´- `*)
バイキングでどっさり持って来る人 苦手なhagi_hisa。(味が混じっちゃうだろ~って思う)
わんだるサンり盛り方、理想的です!!!!

hagi_hisaさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

盛り方ほめられた!!うれしーーヽ(´▽`)/
わたしも今回はわりときれいめに盛り付けられて超まんぞく。

肉or魚料理はなしで、普通盛りのパスタorカレーが選べる2,500円のコースもあるよ。
こちらでも充分満足だと思う。
ビュッフェの前菜、どれもおいしかったし、お代わりし甲斐があると思うな!!

こんにちは!
私もびっくり!!あの前菜わんだるさんが盛り付けたのw(゚o゚)w
さすが、食べ歩いているだけに美的センスも育まれているわ。
それぞれの分量のバランスが絶妙。

私も旅先、朝食などのビッフェで食べ残さないよう意識して
少なく盛り付けるけど、貧相な絵づらになってしまうよ。
わんだるさん才能あるよ!!
盛り付けの女王できる。また盛って♪

良いものを拝見できて、とても勉強になりました~ヽ(´▽`)/

みにさん、おはようございます(◎´∀`)ノ

わー、嬉しいな。褒めてもらって嬉しいですヾ(´ε`*)ゝ
ビュッフェのお料理自体が上品につくられているのと、
先に取られた方がきれいに取られているのでそのおかげもありかと。
リストランテ・ダ・トシユキさんでいただくコースの前菜をイメージして
少しずつ配置してみましたよ。
てことは、わたしの師匠はトシユキさんだな(←勝手な。)。

あーでもハードル上がっちゃったな~。
これからビュッフェの盛り付けで失敗できない(>_<)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フラッグスカフェでランチ -蒲田- | トップページ | 千疋屋総本店でカレー -日本橋- »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

食品宅配サービス


楽天市場