フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

american express card


  • デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

« ボールダーシティに予定外の立ち寄り -2013LVにっき#13- | トップページ | 梅の花でお誕生日ランチ -蒲田- »

2013年10月21日 (月)

フーバーダムにやってきたー -2013LVにっき#14-

2013年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

思いがけずにステキタウン・ボールダーシティのプチ散策を楽しんだら、あとはまっすぐフーバーダムへGO!!

Dscn0365

ほんの少し走っただけで、目の前にミード湖が見えてきましたーー。
ひゃっほう☆

Dscn0369

急にぽつーんと1軒だけ、カジノホテルが現れた。
ハシエンダホテル/Haciena Hotelというこのホテル、いやぁ見るからにプロ仕様(なんの?)。
行きも帰りも、立ち寄らなかったことをちょっと後悔。なんか趣きがあって、ストリップ界隈のホテルとは一味違いそうじゃないか。

対向車線を走るバイカーたちもアメリカンな風景でかっこいい。

Dscn0374

ボールダーシティから10分程度でこの景色。いよいよダムが近づいてきたに違いない。

Dscn0379

検問所でミニ渋滞。
確かここでは人数を聞かれただけだったかな?
とにかく、面倒なことはなくツルッと通過。

Dscn0382

いかにも発電所な雰囲気になってきましたよ。

Dscn0385

前方にコロラド川を跨ぐバイパスブリッジを確認!!!
これは以前、ラスベガス大全のコラムで読んで気になっていた橋。
大林組が建設に携わったそうですよ。すごいなぁ。

Dscn0390

ここら辺りはもうダム上を通過中。ギリ、ネバダ州内。
間もなくアリゾナ州に突入ですが、この時我々は、ダムの上で州を跨ぐことを知りませんでした。

ダムを通過してすぐの辺りに、有料駐車場($7)があったけどほとんど車はとまっておらずガラガラ。
もう少し坂をのぼったところにも駐車場が見えたので、そこまで行ってみたらそちらは無料。


大きな地図で見る

ボールダーシティ(A)から無料駐車場(B)までの移動経路。

こっちの駐車場は空きスペースもいくつかあり、ラッキー☆
ほんのちょっとの距離なのに、何で無料なんだろうね、なんて言いながら駐車して外に出ると、

ア アヂィΣ( ̄ロ ̄;;;)

なんだこの凄まじい熱さは。暑いんじゃない、熱い。

Dscn0392

このちょっとした坂があるかないかで、汗のかきっぷりや疲労度などが全然違う。
やっぱり、坂下の駐車場は7ドルの価値はあるのだな。

しかしもう駐めてしまったし、わざわざ車を移動するのも面倒くさいので歩くよーー。
行きは下りだからまだいいけど、帰りの登りはきつかった。

それにしてもさすが有名観光地だけあって、人出はすごい。
こんな熱いのに、わんさか集まっておる。
でも日本人らしき平たい顔族は一人も見かけなかったなー。

Dscn0394

さて有料駐車場からの眺め。堰き止められている側。
おおー、これがフーバーダムかぁぁ。
ずいぶんと水位が低いように見える。まぁ普段がどのくらいか、適量がどんなもんかはわからないけど。

Dscn0420

この川の先には大きなミード湖が広がっている筈。

Dscn0404

ダム近くまで歩いて行って、こちらは放流される側。深いィ。

Dscn0413

ダムマニアではないので詳しいことは全然わからないのだけども、ゆるいアーチがきれいだなぁ、なんて思ったりした。

ただ、正直もうちょっと大きいの期待しちゃってた俺(゚ー゚;
勝手に想像ふくらましていたのが悪いんだけど、あれ、こんな感じかーって。

それでも、こんなんどうやって作るんだろうかと考えたらやっぱりすごい偉業。

ラスベガスを舞台にしたコメディ映画「ベガス・バケーション」(1997年)では、グリスウォルド一家がダム施設内を見学するツアーに参加するシーンがある。

英語が堪能であれば是非ツアーに参加したいところだったけど、多分チンプンなので断念。

ダムの上を歩いて往復する戻り道、ミード湖側をバックに写真を撮りたくて、近くにいたおじさまにカメラを渡して撮影をお願いしたら「じゃ、ここじゃなくてコッチおいで」とほんの数m歩いて移動させられた。

なんでココ?と思っていたら「州境だよ、コッチがネバダで、こっちがアリゾナ」と教えてくれた。

Dscn0418

あ、ホントだぁ。全然気づかなかったこのパネル。教えてくれてありがとうございます。
そしていい感じの記念写真を撮ってくれて重ねてThank youです。

ネバダとアリゾナではタイムゾーンも違うので、ここを境に1時間のズレが生じるはず。
しかしサマータイム(DST)のこの時期、アリゾナ州の一部ではDSTを導入してないためなんやかやでズレが解消してしまい両州同時刻。
時差味わいたかったなぁ、ってなんの体感もないことだけど。

Dscn0409

先ほど車内から見たコロラド川を跨ぐバイパスブリッジ。この後はあの橋まで行ってみよう。

そんなわけでド暑い中、エンヤコラと坂上の駐車場まで戻る。
水、ボトル1本ずつしか買ってこなかったことを激しく後悔。もっと買ってくるんだった。

Dscn0429

帰り道、ネバダ州のウェルカムサインを発見。
ツルハシ片手に遠くを見つめる姿が渋いこのお方はフーバーダムの作業員がモチーフかしら。

無料駐車場(地図(C))にもう一度車を駐めて、ここからバイパスブリッジまで山登り。

Dscn0430

舗装されてはいるものの、結構な勾配!!
クネクネ長いけど緩勾配の道か、ショートカットだけど急勾配の階段、体力に応じて選べる親切設計。

だいぶ疲労困憊ではありましたが距離の短い階段で頂上まで歩きましたーー。

Dscn0432

ゼェゼェ言いながら、橋に到着ーー!!

Dscn0445

橋の上から見たフーバーダム。
おおー、ここからの方が全体を見渡せてなかなかの迫力。来てみて良かった!!!
超コーフン(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

堰き止めてます感たっぷりですよ。男前すぎる!!

どんだけの圧がかかっておるのか、改めてスゴイ建造物である。
さきほどの過小評価を猛烈反省した次第m(_ _)m

来てみて良かったなぁ~~(* ̄ー ̄*)

たっぷり堪能したら、来た道を戻って駐車場へ。
これにてフーバーダムを後にして、ベガス方面へ戻ります。

次はギャラリアモールで小休憩の予定です。



↑ランキング参加ちゅ~。
記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。
catface

« ボールダーシティに予定外の立ち寄り -2013LVにっき#13- | トップページ | 梅の花でお誕生日ランチ -蒲田- »

t8)2013.7ラスベガス旅行記」カテゴリの記事

コメント

わんだるさん

橋の上からのフーバーダムは迫力ありますね!
ただ、写真から暑さが伝わってきます、、、しかも徒歩~!

私達も背景が違いますが、州境のところで撮影しましたよ、懐かしい~。

ストリップからこれだけ離れた所のカジノホテルだと、ザ・地元って感じできっといいブログネタがあるんでしょうね?
昔、ツアーで観光した時に立寄ったカジノホテルはランチバフェが$7~8位でビックリした記憶があります。

フーバーダム、見直したと同時にまた行きたく
なりましたnote
(ベガスバケーションもまた見たい( ^ω^ ))

10年以上も前に行ったので忘れかかっているのですが、
現地英語ガイドによるツアーだったのもあって、
ガイド内容も分からず、置いて行かれたら大変なので、
はぐれないように付いていくのに必死だったのを
思い出しました(;;;´Д`)

私達はアンテロープキャニオンに行く際に、いくつも州を
入ったり出たりする度に携帯の時刻補正が変わったのを見て、
時差体感(?!)しました( ̄▽ ̄)

プロ仕様のホテルの画像やVEGAS2003さんのエピソードで
思い出したのが、ラスベガス大全で紹介された
「ラフリン無料日帰りバスツアー」に参加した事です。
ラフリンもプロ仕様なホテルが立ち並び、
バスでの送迎、しかもバフェまでついて無料って∑(゚∇゚|||)
ある程度カジノで利用分をお支払い(笑)してきましたが、
カジノはちびちびするタイプなので、私達にとっては
コスパ良すぎのツアーでしたヽ(´▽`)/


VEGAS2003さん、こんにちは(◎´∀`)ノ

いやーーー、ほんっとうに暑かったです。砂漠ナメてました。
街なかならいくら暑くてもエスケープできますが、
ここはどこにも逃げ場がなくてヾ(;´Д`A
帽子もサングラスも持参しなかった、無謀ジャパニーズです。

ハシエンダホテル、寄ってくればよかったなぁ。
きっと味わいあるカジノやレストランに出会えたんじゃないかと。

みどあやさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

ベガスバケーション、おもしろいですよね。
数あるベガス映画の中でも、ダントツ好きな映画です。

なるほど!!そういう時差の体感のしかたがあるとは!!!
目鱗ですねー、時代のなせる業ですねー。

ラフリンツアー、無料なのですか!!!!
そうまでしてもカジノに人を呼び込むのですね。ほほぅ。
今回、ボールダーシティに行ったことで、
ベガス近郊の街にも興味がわいてきました。
ラフリンにも行ってみたいなぁーー。

わんだるさん、旅日記を学びにきました(*゚▽゚)ノ
情報量に加え、躍動感のある記録ですね。
拝読していて、爽やかですぞ。人柄が表れているようだ(≧∇≦)
続き、頑張ってくださいね~。

みにさん、こんにちは(◎´∀`)ノ

いやいやー、わたしのただダランダランと話が長~いだけの日記なぞ、
なんの参考にもなりませぬ┐(´-`)┌
みにさんの、細かい観察力が発揮される旅日記を楽しみにしていますぞ。

こちらの旅行記、停滞気味ですが
みにさんに負けぬよう、張り切って続きを書きますぞー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボールダーシティに予定外の立ち寄り -2013LVにっき#13- | トップページ | 梅の花でお誕生日ランチ -蒲田- »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

食品宅配サービス


楽天市場