フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

つるとんたんで夏の特選おうどん -羽田空港-

お義母ーさんのお誘いにより、夜ごはんは家族一同で羽田空港のつるとんたんへGO!!cardash

Dscn2611

羽田空港 国際線ターミナルに到着。

7月半ばにはここからラスベガスへ旅立てる予定なのですが、現段階では行けるかどうか、ちょっと微妙な雰囲気。
いわゆる仕事の都合ってやつだ。
旅行直前までスケジューリングをやりくりして、なんとか休暇を捻出していきたい。

Dscn2616

さてそんな国際線ターミナル、4F江戸小路にある「江戸舞台」では、たくさんの種類の紫陽花が展示されていた。

Dscn2617

あじさいって好きな花のひとつ。きれいだなー。
色合いもとっても日本的で、外国人にもうけが良いだろうなー。

Dscn2622

さてお目当てのつるとんたんの前には長蛇の列が!!
そうだ、今日は日曜の夜だ。週末旅行を終えて帰ってきた人たちもいるだろうし、そりゃ混むわー。

並び始めて約35分で入店。

Dscn2619

この日わたしが選んだのは、夏の特選メニューより「石焼きカレー餡かけのおうどん」、1,380円。
1ツ玉から3ツ玉まで、選べるうどんのサイズは1.5玉で。

"カレー風味の若鶏竜田揚げと、彩り夏野菜。スパイシーなカレー餡で仕上げたおうどん。"との説明書きあり。

熱々だいすきなわたしは、これが運ばれてきたときのグッツグツぶりが嬉しかった。沸騰!!
お店の方が、紙エプロンを持ってきてくれた。ありがたやー。

具もたっぷり。野菜は茄子、ズッキーニ、パプリカ、ゴーヤ、とうもろこし、レタス。プラス温泉たまご。
それに竜田揚げが4つも∑(゚∇゚|||) こいつぁカロリーの大盤振る舞いだ。

カレーのお味はまぁ至って普通で、カレーが普通っていうことは、イコールおいしいってことだ。

ただ、これだけグッツグツだと、カレーが詰まるのも早い。あっというまに普通のカレーみたいなどろどろぶりに。
あと、つねに底からしっかりかき混ぜていないと、うどんが焼き付いてしまうのでご用心。

それにしても熱いそして暑い。半分以上食べてもまだクツクツいってたほど。

なかなか減らないうどんと格闘。家族はみんなとっくの昔に食べ終わり、わたしの完食待ち。
わたしのカレーうどんとの応戦を熱く応援してくれたヽ(´▽`)/
さすがに竜田揚げは食べきれず残したけど、うどんは完食した!!
これ、鶏竜田揚げじゃなくて茹でた豚薄切り肉だったらよかったのに。とか思った。

それにしても具がたっぷりなので、1.5玉は多すぎだった。1玉で充分だったなー。この反省は次回に生かそう。

夏メニューがあるうちにまた来られるなら次は「海老とアボカド チリマヨのおうどん」を食べたい。

おいしかったです。ごちそうさまでしたpig


↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年6月29日 (土)

66DINING六本木六丁目食堂でランチ -蒲田-

ちょっと遠出はできないこの土曜日、夫と蒲田ランチ。

Dscn2610

洋食気分になっていたので、久々にグランデュオ蒲田東館6階の「66ダイニング六本木六丁目食堂」に行ってみる事に。


Dscn2609

2008年4月にグランデュオ蒲田がOPENして以来ずっとある洋食店。
かなりお気に入りのお店だったのだけど、3年くらい前になんとなーーくお味が落ちたような気がしてからご無沙汰。そうか、3年ぶりか~!!

店内はレトロなイメージで、ウェイトレスさんも黒のワンピースに白レースのヘッドドレス(?)と白エプロンのド定番メイド服が可愛い。

Dscn2603

注文したのは「ミックスフライのトルコライス」、980円。

ナポリタンとピラフの上に、エビフライとカニクリームコロッケののったトルコライス。サラダ添え。

フライはどちらも熱々サクサク。
エビフライにたっぷり添えられたタルタルソースがおいしい。おいしいけども、ピラフまで覆ってるのはわたし的にちょっと…。
とか思ってたら意外にピラフにも合っていた。あらやだおいしい。

ナポリタンは昔懐かしい感じの太めの麺ならもっと気分でたかなー。ちょっと細めで、ケチャップ感も薄いのよね。
でも総合的に考えるとこれくらいの軽さがいいのかな。

久々に食べたトルコライスはなかなかおいしかったので、安心した。


ちなみに夫は熟成ハヤシソースのオムライス、ミニサラダ付で780円。

おひとり1,000円でおつりがくる駅ランチはお得でした。ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年6月22日 (土)

人形町今半でランチ&界隈散歩 -人形町-

ここんとこじめじめと梅雨空が続いていたのに、奇跡的に週末は雨が上がった。えらいぞ!!(誰が?)

カマコモリ脱却を狙う我々夫婦はこの土曜日もまた赤い電車に乗って蒲田を脱出。

目指すは人形町。絶対にすき焼きを食べたいのだ。すき焼きと言えば「今半」なのだ。

Dscn2539

人形町A6出口を出ると、なんだかほんのりほうじ茶のかほりが。

Dscn2542

甘酒横丁にはいるとますますほうじ茶のかほりが強くなる。
いずれ理由は判明。

Dscn2543

さて本日のメインターゲット、「人形町 今半」にやってまいりました。12:50頃。

店内に入ると、お待ちの方もチラホラと。
お店の方が「1階の鉄板焼き、2階でのお食事とどちらになさいますか」とのご案内。
ステーキメニューの鉄板焼き(1F)なら30分ほど、すき焼き・しゃぶしゃぶ(2F)なら90分ほど待つそう。
でも今日のわたしの脳みそとお腹は、「今半のすき焼き」しか受け付けない状態に既に仕上がってる。
なので2階のお座敷を待たせてもらうことにした。5番目のご案内になります、とのこと。

Dscn2550

趣のある畳敷きのお部屋で待たせてもらう。ここからは玄関口がよく見える。
ひっきりなしにお客さんが出入りする、さすが超老舗&人気店。

ただ13時を少し過ぎたあたりからかなぁ、2階のお座敷希望のお客さまはお断りしていた模様。お昼のお食事は15時までだから、この頃辺りにきてももう15時までに入れない計算なのかも。
1階の鉄板焼きの方は回転がいいのかその時間でもまだ受け付けていたようで、そちらをお薦めしたりしていた。じゃあ鉄板焼きで、という方もいれば、すき焼きはダメなのかぁ~じゃあまた来ます、って方も。

φ(..)メモメモ。次回またすき焼きランチに来ることがあれば絶対に12時前後には来るべし。

13:35頃、やっとわたし達の席が用意され、名前を呼ばれた。90分も待たずにすんだ--(嬉)。

2階からパリッとした白衣がお似合いの若い男性スタッフが降りてきて、こちらへどうぞ、お荷物よろしければお持ちしますとわたしのバッグを持って下さった。ワオ、ホテルでお部屋に案内されているみたい。

Dscn2560

テーブル席が5つ用意された畳敷きの広間に案内された。
以前、ディナーで来た時も同じ広間だったけど、その時は正座でいただいたので今日もそのつもりでいたけど、椅子のお席でホッとした-。

Dscn2553

注文したのは「すき焼御膳」2,625円。
温かいお茶をいただけるというので飲み物の注文はなし。ほうじ茶を入れていただきました。

Dscn2555

最初に小鉢。
蔓菜(つるな)と切り昆布の和え物。上にはマグロ節削り。さっぱりおいしい。

Dscn2564

続いてはお待ちかねのすき焼きタイム。
こちらではお店の方がすべて調理して下さるのでわたし達はただ出来上がりを待って食べるだけ♪
ご案内してくれた男性の方がわたし達のテーブル担当。

Dscn2572

まずはお肉から。火加減を聞いて下さいますが、お任せで。火を通し過ぎない状態がおいしいですとのこと。
お肉は静岡県産の黒毛和牛だそうです。

Dscn2573

プロが絶妙のタイミングで供してくれたお肉は、甘く柔らかく、でも程よい噛み応えもあってとってもおいしい。
たまごは御殿場で放し飼いされている鶏の卵だそうです。

たまごの入った器は1度お代わりに使ったら、次の新しいたまごを用意して下さって、都合一人たまご2個。
1回目の、割り下がほどよくからんだたまごは、ごはんにかけて召し上がってもおいしいですのでどうぞとのこと。
すき焼きは白いごはんで食べたいわたしは、そうしたいキモチはしばらく我慢して、最後の2口分でたまごかけゴハンに。間違いなくおいしいぞ!!

Dscn2570

ちなみにごはんはお代わりOKとのこと。アフター今半に色々食べたいものがあったのでお代わりは我慢。
お味噌汁は分葱と豆腐入り、漬物2種。

Dscn2576

お店の方が食べるタイミングをよく見て下さってベストな状態で次のお肉やお野菜を調理して下さる。
大好きな今半のお麩もやっぱりおいしかった( ´艸`)
他には葱、春菊、豆腐、白滝、人参。

担当して下さったお店の方ともいろいろお話し。物腰柔らかく、お料理やお店について伺えば丁寧なお仕事の手は休めぬままきちんと即答して下さるし、ちょっとした雑談にもお付き合いいだたいた。わたしが思わずおいしいと小さく洩らせば「ありがとうございます」と。終始とっても気分よくお食事出来た。

ちなみにこちらのお店はランチタイムでも10%のサービス料がかかるけども、入店から会計後まで何かとお気遣いいただくも押しつけがましさのない接客で、実に素晴らしかった。

ただ料理を運んできてたいして料理の説明もしないのに、門構えとお値段が立派なだけでサービス料を取るようなお店も知ってますが、今半でのサービス料は実に料金以上だと思った。

お食事を終えたら1階でお会計をし、お手洗いをお借りして退店。
ごちそうさまでしたpig また絶対来ます。次回は1階の鉄板焼きもよさそうだな。

さて先ほどのすき焼御膳にはデザートがついてなかったので、

Dscn2578

こちら「森乃園」に寄り道。今半のすぐそば。
最初から食後はここに寄ろうと決めていたのさ。

そしてそう、ここが界隈をほうじ茶の香りたらしめている原点、自家製ほうじ茶のお店。店頭でお茶を焙煎しておりました。

Dscn2580

そこで、ほうじ茶ソフトクリーム購入、300円。

ん-、ほうじ茶?ちょっと想像していたほうじ茶味とは違ったけども、甘さ控えめでさっぱりと、食後のデザートにはばっちり。

この後は腹ごなしも兼ねての人形町界隈あるき。

Dscn2584

明治座の前には、

Dscn2587

水天宮の仮宮。社殿改築のため一時的にこちらに越してきているらしい。

ちょっと裏道なども歩いてみたりすると、老舗もあればオシャレなレストランなどがたくさんあって、人形町なかなか楽しそう。

Dscn2592

そんな人形町のお土産には、「鳥忠」の卵焼きと、

Dscn2597

双葉」の

Dscn2596

じゃんぼがんもと、

Dscn2598

竹豆腐を。


いずれも甘酒横丁沿いにある有名店、時々テレビで拝見します。
いかにも人形町のおみやげという感じで、夫の実家にもおすそ分けしましたが大変喜ばれました^^

玉子焼きはけっこう濃いめの味付け、しっかりごはんのおかずになりました。

楽しかった人形町さんぽ。また行きたいな―ヽ(´▽`)/



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年6月19日 (水)

キルフェボンでタルト -横浜-

Dscn2526

で、この日横浜に出向いたのは「キルフェボン」でタルトを買うため。義母ーさんの誕生日なのでおいわいに。

Dscn2529

キルフェボンの店内はほんと可愛い。
ここ横浜店はカフェスペースのない、お持ち帰り専門店。横浜にも路面店出来るといいのに。

Dscn2531

おかーさんチに持ってく箱には、「特選 宮崎県産完熟マンゴーのタルト」をひとつ(もちろんコレがおかーさん用)、他の家族にはド定番の「季節のフルーツタルト~夏バージョン~」を2コ。

宮崎マンゴーのタルトは、これ1ピースで1,890円ですよ!!喜んでくれなきゃワタシ泣いちゃう。
季節のフルーツタルトは672円。

おかーさんに手渡したものの、食べた感想は今時点でまだ聞いてない。おいしかったかな~キニナル!!!

Dscn2538

せっかくなので自分チ用にも購入、当然宮崎マンゴーではなく季節のフルーツタルトを夫婦分。
(ああでも、1コは宮崎マンゴー買ってくればよかったなぁ、6月限定品なんだし。激しく後悔crying

普段は超コーヒー派のわたしですが、なんとなくこのかわいらしさに合わせてお紅茶なんぞ淹れてみましたのよ。
銀座の「ザ・ダージリン」で購入した2013ファーストフラッシュのダージリンティと共に。

キルフェボンのタルト、とーってもお久しぶりにいただいたけど、やっぱりおいしいな。
いろんな果物がのってて、どれもフレッシュで。

こちらにもマンゴーがのっていたけど、まさか宮崎産のじゃーないよね。でもねっとりと甘くて、これでも充分おいしかった。あとパイナップルがおいしかったな。

緑色のは何かしらと思ったら「若桃」とのこと。商品紹介ページによると

○緑色のフルーツは「若桃」です。
若桃:桃を成長させるために、若い状態(幼果桃)で、捨摘み取った桃です。それをシロップで煮たものを使用しています。

とな。しゃくっとした食感がなかなかにアクセントでしたよ。

カスタードクリームもフルーツによく合う甘さになってるし、タルトもサクサク。

あーおいしかった。ごちそうさまでしたpig、&ハピバ!!おかーさん。



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

韓国家庭料理 ノルブネでランチ -横浜-

雨が降りそうで降らない、そんな水曜日。お買いものしに単身、横浜へ。
せっかくなので外ランチしちゃおー。

Dscn2514

入ってみたお店は、横浜ベイクオーター5Fにあります「韓国家庭料理 ノルブネ」さん。

12時ちょうど頃で、さっきまで割と静かだった界隈が急にランチを求めてやってきたサラリーマン&OLさんで賑わいかけてきた。
満席になる前にすべりこみ入店~。

Dscn2516

一番奥の、窓際の席に案内された♪明るくて景色も良くて嬉しい。
そごうはもちろん、横浜ベイシェラトンや日産本社も見える。

天気のいい日はテラスで食事もできるんだろうなー。
今日は雨降り気味なので、テラス用のテーブルは片づけられたまま。

Dscn2519

こちらのお店、ランチタイムはサラダバー付。
葉野菜、コーンの他にチュキムチ、カクテキ、もやしのナムル、わかめのムチム、韓国海苔など。ひととおりもらってきた。
バーからとってこなかったのはポテトサラダくらい。

どれもおいしかったけど、もやしのナムルがしゃきしゃきおいしかった。もちろんオカワリ!!

Dscn2520

注文したのは「ユッケジャンクッパ」900円、ごはん付。
熱々ですよー。赤いですよー。美味しそぉーーう。

あーでも汁飛ばしそう。こういう日に限って白ブラウスなんて着てきちゃうし。
と、思っていたら「紙エプロン要りますか?」とな。ええもちろん要りますとも!!ありがたや--。

Dscn2523

大きくかき混ぜてみると、おお、野菜たっぷりですよ。ぜんまい、豆もやし、大根、玉ねぎ、他いろいろ。

辛さは多分「ちょうど良い辛さ」だと思う。
わたしは辛いの好きなので、もうちょい辛くても嬉しいな。リクエストすれば辛くして貰えたかしら。

ユッケジャンクッパは白いごはんが進んじゃうなぁ(*´Д`*)

おいしかったーー☆ごちそうさまでしたpig

食べ終わってみるとやはり紙エプロンには赤い斑点がいくつか見られた。
エプロン様ありがとう。

味付けもかなり好みだったので、機会があればまた来たい。
今度は石焼ビビンパかスン豆腐チゲが食べたいな。



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年6月17日 (月)

しゃぶしゃぶ・日本料理の木曽路でランチ -大森-

平日だけどもちょっと時間が自由になったので、思いつきで夫の両親を誘って、「木曽路 大森店」にランチしに行ってきた。

12:30頃の入店、店内はかなり賑わっていたけど運よく待たずに着座できた。

本日注文したのは「妻籠(つまご)」なる季節の昼御膳、2,100円。
以前食べたすきやき御膳にも強力に心を惹かれたのだけども、同じメニューじゃつまんないし。なので妻籠。全員妻籠。

Dscn2490

まずはお造り。手前からトリガイのお寿司、カンパチのスプラウト巻き、鮪刺身。
トリガイは味がついているのでそのままでどうぞとのこと。

Dscn2492

続いて焼八寸は銀鱈の西京焼、ピンクの小鉢に入ったのはごぼうのナッツと胡麻味噌和え。
お魚、ふんわりおいしく焼けてる~。ごぼうはポリポリと食感がよくてこれもおいしい。

Dscn2497

こちらは賀茂茄子田楽。
妻籠コースとは別の一品もの。実はぐるなびのシークレットクーポン利用で戴いたお料理。
大きな賀茂なすはとってもジューシー、甘い田楽味噌にばっちり合ってます。クーポンさまさま。

Dscn2500

茶わん蒸し、中身は鶏肉、海老、銀内、椎茸など。
出汁がよく効いてる--( ´艸`)

Dscn2504

冷たい状態で提供されて、卓上で火を通す朴葉焼きは、牛肉、ピーマン、揚げ豆腐、葱、人参、エノキ。
白いごはんを猛烈に所望したくなる濃いめの味付け。
うっかり鍋を触ってやけどしてもうた。

Dscn2507

Dscn2509

朴葉焼の出来上がりと同時くらいに、揚げ物、ご飯、汁物、漬物が配膳。

天ぷらは海老、シラウオ、しし唐、蓮根。シラウオのみ黄身揚げと凝っておる。
天つゆと抹茶塩も用意された。

ごはんには刻んだカリカリ梅としそ、胡麻がのっている。
これはこれでおいしくてゴハン進んじゃうのだけども、いかんせん朴葉焼が濃い味なので、ここは潔く白めしOnlyでいただきたかったカモ。

お吸い物には、枝豆入りの練り物入り。
お漬物は、かぼちゃと大根。

Dscn2513

デザートには白玉ぜんざい。
甘すぎなくてすっきり冷たく、たいへん満足。

和服がお似合いのスタッフさん達もとても感じが良く、荷物に布をかけていただいたり、やけどの心配をして下さったり。
お茶も、最初はほうじ茶、デザート時には緑茶に入れ替えて下さるなど、気が利いてますよ。

いやー、大変コスパの良い内容だと思います。この品数と内容で2,100円だったら、季節(料理)が変わるごとに是非食べに来たい。

お腹いっぱい、ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年6月15日 (土)

The Sweet Dynasty 糖朝でランチ -青山-

梅雨の合間の、ちょっと雨が途切れた土曜日、青山まで夫と外出。

原宿駅から表参道、渋谷川遊歩道などをブラブラしながら散歩。さすが若者が多いのう。

Dscn2436

R246沿いを歩いていたら、「The Sweet Dynasty 糖朝」を発見。
このお店が出来てすぐの頃に夫と食べに来たなぁ、なんて懐かしく思い出してしもたので、ここでランチに決定。
ちょうどお腹も空いてきたし、店頭に魅力的なコースメニューのご案内もあったし。

時間は12:20頃、店頭のウエィティングリストには5組ほどがお待ちの様子。
わたし達も名前を書いて待つこと30分、

Dscn2441

やっと順番が回ってまいりました。長かったわー。
細長い店内の、一番奥の席に案内されました。

注文したのは「調理長おすすめコース」(2,100円)×2。
温かい鉄観音茶が出されたので、ドリンク類の注文はなし。

Dscn2444

一皿目は前菜、"クラゲと野菜の和え物・茄子の山椒風味"。
透明なガラスのお皿は一見おしゃれだけども、指紋が目立っちゃって、なんだか(>_<)

お味の方はまぁ、普通。茄子の方は山椒風味だったのか、今知った。あんまり山椒感はなかったような。

Dscn2450

続きまして、点心2種、"特製焼売・鶏焼売"。

蒸篭で出てくる点心だというのに、熱々じゃないのがすごーーく残念。
白い方が海老焼売、椎茸の存在感がすごい。
緑色が鶏焼売、こりこりした食感は軟骨かなぁ?おいしい。

Dscn2453

まだ点心を食べ終わってないのに運ばれてきてしまった、大菜その1、"海鮮のチリソース煮"。
海鮮は海老3尾とイカ1切れ。

こちらも熱々ではない(冷めているというほどじゃないんだけど、微妙にねぇ~)。
悪くないけど、もうちょい香味野菜が効いてたらもっと好み。

Dscn2459

続いて大菜その2、"鶏肉の唐揚げ 香味ソース マントウ添え"、こちらもチリソースをやっつける前に到着。
唐揚げはマントウに野菜と一緒にはさんで召し上がっていただいても、とのこと。

まずはそのまま、こちらはからりと揚げたて!!ヨカッタ!!
ソースはもうちょい香味が強くてもいいなー。

Dscn2465

もちろんマントウにはさんで中華バーガー風にしていただきましたよ。
マントウも上手に蒸されていておいしい。

Dscn2469

鶏唐揚げからは配膳ペースが急にスローダウン。
ずいぶん間があってからこちら、"天使の海老の天ぷら スパイシーソルト"がお目見え。

こちらはコースに+420円で追加できる、調理長おすすめの一品メニューから。
天使の海老、テレビで見て気になってた食材、一度食べてみたかったんだ!
「頭もしっぽも食べられますか」と伺ったら一度厨房に確認に行ってくださって、「是非どうぞ」とのこと。

金沙粉をたっぷりまとった天使の海老2尾。わくわく食べてみたけど、んー、ちょっと期待過多だったか。
うまみもあんまり。せっかくの金沙粉も絡みにくいし、んー。

頭の部分はミソの旨みと殻の香ばしさでおいしくいただけた。

ちなみに追加メニューはほかに、"赤城もち豚と夏野菜の黒酢入り酢豚"、"赤城もち豚と夏野菜の炒め~バジルの香り~生野菜包み"。

Dscn2471

選べる食事メニュー(ワンタン麺、五目粥、冷麺)から夫の選んだお粥が到着。
海老、しいたけ、ピーナツが入っていたのはわたしからも目視で確認できたけど、果たして他には何が入っていたのか。スライスした油条ものってた。
海老が少ししょっぱかったようだけど、おおよそおいしかった模様。

Dscn2475

お粥から10分遅れでわたしの"ワンタン麺"登場。
ぷりんぷりんの海老雲呑2個入り。これは熱々(嬉)。
ちょっと甘めのスープはまるでハワイのサイミンかっつーくらいエビエビしておった。
麺はほそーい香港麺。ちょっと固めの茹であがりなのは本場風なのかな?

そういえば香港に行ったのは過去一度きり、しかも11年も前だから本場の味はすっかり忘却の彼方。

お料理は全体的に控えめな味付けという印象。
わたし的にはもう少しとんがっていても良いのだけど、香港料理はこういう感じ?

Dscn2477

締めのデザートは"マンゴの三連スイーツ"。
手前から、マンゴー入り仙草ゼリー、杏仁豆腐マンゴーソース、マンゴータピオカ。

仙草ゼリーなんて超久しぶり。中華のお店に来ても、自らは仙草ゼリーを注文することはほとんどないから、こうやってセット出てきてくれると嬉しい。
久々に食べると、あーやっぱりクセはあるけど、シロップの甘みがちょうどよくてなかなかにおいしい。

Dscn2482

一番おいしかったのはコレ、マンゴータピオカ。マンゴーの味がしっかりしてて、ベリグーgood


これだけ食べたら超お腹いっぱい!!
このあと、青山→渋谷を歩いてどこかでおいしいおやつ食べるんだって企んでたけど、無理。

配膳タイミングがよろしくないのと、お料理が熱々じゃないものがあったのが残念ポイントだけど、この内容で2,100円(天使の海老除く)は、青山という立地も考えるとお得感もあるし、スタッフはみな礼儀正しくニコニコと感じが良いので、気分よくお食事ができました。

このコースは季節ごとに内容が変わるとのことで、ぜひまた来たいのだけどもその時は是非熱々を期待したい。


ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年6月11日 (火)

帰路その2(LAX→羽田) -ベガス旅行記 Vol.35-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

Dscn1188

マッカラン国際空港(LAS)を出発いたしましたDL4620便は、間もなくロサンゼルス国際空港(LAX)に到着いたしまーす。
20:25頃、ロスの大都会的な街の明かりが見えてきました。

Dscn1191

到着予定時間を10分以上も短縮してのランディング。1時間程度のフライトでした。

到着は53Bゲート。

LAXに到着したら、羽田までの発券をしてもらわなくては(`・∞・´)
DELTAのカウンターへ行って諸手続きをして無事にチケット発行。

Dscn1198

21時過ぎの、夜ごはんはマクドナルドで。往路でもこのマックで食事したんだっけ。
わたしはチーズバーガー($1.46-)とMコーヒー($2.59-)、夫はフィレオフィッシュ($3.39-)とMドリンク($2.59-)。税込で計$11.56-

店内が異常に寒いのでさっさと食べてお店を出る。

往路では気づかなかったけど、50Bゲート付近にちょっとしたカフェがあって軽食も食べられそうだった。
この時間はCLOSEしたばかりで利用できなかったけど、次回LAX経由のときはココ来ようとオモッタ。

Dscn1200

出発は57ゲート、ボーディング開始は00:15、出発時刻は日付が変わって1:10。
トランジットが長いと退屈にもなるけど、いろんな人がいる空港では人物ウォッチングしてるだけでも結構おもしろい。

なんとか3時間近くのトランジットを乗り切って搭乗開始時間、わたし達は0:40頃に搭乗しました。

Dscn1207

わたし達は11A,Bのエコノミーコンフォートシート。Cクラスとの仕切りから2つ目の席。
ちょうど主翼の前縁の上あたり。
2人掛けの席なので、知らない人と並ぶこともなく快適~ヽ(´▽`)/

何故だか30分近くもディレイしての出発だった。

LAの夜景はきれいだなぁ。LAは一度しか行ったことがないけど、楽しかったのでまた行きたい。
その時は1日だけレンタカーしたけど、次行くときは全日借りて、カリフォルニアのドライブを満喫したい。

水平飛行に入ったらさっさと化粧を落としてラウンジパンツに履き替えて、寝るモードに切り替え。

Dscn1212

しかし離陸後1時間も経たないうちにお食事。

夜中の2時半ですよ。果たしていったい誰がこの時間の食事を希望しておるのか。
メニュー表にはFirst Serviceと書いてあるので、なんか「何時間以上のフライトでは出発後に食事出すべし」的規定みたいなのがあるのかなぁ。
日本時間で考えれば18:30頃なので、ディナーという考えもありか。いやしかし。謎。

さてメニューは

  restaurant Appetizer: シュリンプカクテル
  restaurant Salad: 季節のグリーンサラダ パルメザンチーズとトマトを添えて
  restaurant Entrees: 牛肉のスライス、アジア風バーベキューソース仕立て 野菜とビーフン添え
  restaurant Bread and Butter: パン、バター
  restaurant Dessert: ブラウニー

といったお品書き。

Entreesはこれの他に、鶏胸肉のエールソース チェダーチーズのマッシュポテトとブロッコリ添え、でした。

写真撮りたさにいただいてしまったので、多少は食べた。と思うけど、味の方はもう全く覚えておらず。

Dscn1218

食後にはMid-Flight Snackとして、Meadows Goldのアイスクリームサンドイッチが配られた。

この後はもうグースカピーと超爆睡sleepy
あとから夫に聞いたらけっこう揺れた時もあったみたいだけど、そんなん全然気づかなかった。

ミールサービス始まるよー、と夫に起こされたのはアイスクリームから8時間以上経ってから。
日本時間の、早朝3:30頃。
ぐっすり寝ていたおかげであっという間に日本に着いちゃった感じ。

Dscn1219

モニターで位置確認。おお、もうあと少しじゃないですか。モニターによるとあと1h31mで到着ですって。

Dscn1221

Pre-Arrival Mealは

  restaurant 季節の新鮮なフルーツ
  restaurant クロワッサンのエッグ&スイスチーズサンド

でした。ほんのり温かいクロワッサンサンド、具材のたまごはオムレツ風。
そしてメロン、パイナップル、ブドウの入ったカップ。

Dscn1226

アナウンスがあり、窓の外を見てみるとなんと富士山が見えましたーー。ありがたやーfuji

Dscn1231

当初の到着予定は4:55でしたが、出発が遅れたこともあって5:00頃にやっと下降を始めました。
下に見える高架の道路は、川崎の浮島ジャンクション。

Dscn1237

5:10、朝焼けと共にズサーーと羽田空港に着陸いたしましたー。
およそ15分のディレイでした。

あーーよく寝たーー\(^o^)/

Dscn1243

12時間近いフライト、お疲れ様でした。ずっと寝てたけど、つまり、快適だったよ。Thanks DELTA!!

Dscn1247

飛行機を降りて羽田空港国際ターミナルビルに入ると、日本企業の看板がたくさん並んでいて、あー帰ってきたぞぉーー、とシミジミ。
旅が終わるのはちょっとさみしいけど、無事に帰ってこられてよかったよかった。

Dscn1251

この後は、何事もなく入国審査を済ませ、荷物をピックアップしたらタクシーに乗って帰宅。

これにて2012年7月のラスベガス旅行記、完。

- - - - -

いやー、旅行記を書き終えるのにほぼ1年( ̄Д ̄;;
一つ一つの記録が長すぎるんだよ、と自分でもわかってるけど、どぉーしても細かい事まで記録しておきたい性格でこんなことになってしもた。

次回のラスベガス旅行は7月中旬を予定。楽しみです( ^ω^ )



↑ランキング参加ちゅ~。
記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。
catface

2013年6月 8日 (土)

BISTORO 309でランチ -ラゾーナ川崎-

Dscn2417

買い物しようとラゾーナまで夫と一緒にお出かけ。

この日は超特急とかいうダンスボーカルユニット(?)のミニライブがあるらしく、ルーファ広場は彼らの登場を待つ女子の熱気でムンムンdash

Dscn2433

彼らのライブが始まる頃、我々はランチ。この日は「BISTRO 309」(ビストロサンマルク)という洋食レストランへ行ってみた。

こちらのお店の特徴は、焼き立てパンが食べ放題なこと。
パン大好きーー!!ほかほかのパンがたくさん食べられるかと思うと楽しみ。

13:00頃は3組のお客様が店外で空席待ち。わたし達も10分くらい待っての入店。

お料理に+380円でパン食べ放題&フリードリンクをつけて注文。

Dscn2419

常時10種類くらいのパンがバスケットに入っておいてあり、自分で好きなものを好きなだけ持っていくスタイル。

ちなみにグランデュオ蒲田にある系列店の「ベーカリーレストランサンマルク」でもパン食べ放題があるけど、こちらはパンが焼きあがるたびにスタッフが各テーブルを回って配ってくれるスタイル。

Dscn2422

ミニクロワッサンとカレースティック。

Dscn2427

枝豆トーストロールとバジルロール。

…う~ん、ほんとに焼き立てホカホカだったら嬉しかったと思う。しっかり冷めてて「焼き立て」の喜びは味わえなかったなぁ。

時折、チリンチリ~ンとベルが鳴って「ブルーベリーロール焼き上がりましたぁ~」と声がかかるけど、食事中たった2回(2種)しか焼き立てパンが追加されなかった。残念。

Dscn2420

飲み物は、冷たい系と

Dscn2421

温かい系と、ともに充実。

Dscn2429

さて注文したお料理が到着。エッグハンバーグ(880円)。なぜか箸。
選べるソースはデミグラスにした(or和風)。

ハンバーグ自体は激安系ファミレスのそれと同レベル…(;д;)

Dscn2431

鉄板は固形燃料で常に熱々に保たれております。ホント熱い。
「鉄板が熱いのでお気を付け下さい」、と確かに言われました、言われましたけど高さがあるせいかつい手が触れがち。2度ほどアツッ!!となってしもた。

ちゃんとした生の挽肉から焼き上げたハンバーグなら、あまり火を通し過ぎたくないなぁと思うところだけ(ry

Dscn2428

ちなみに夫はグリルチキンのマスタードソース(880円)。感想は聞いてない。

店員さんは丁寧かつはきはきとして感じが良いし、鉄板に工夫をするなどの意気込みは評価できる点も多いけど(←何様)、いかんせんお料理が期待値を大きく下回る残念な結果に。

食後にコーヒーを2杯飲んでなんとか気持ちの折り合いをつけた。

まぁ、そういう日もあるよね。

ごちそうさまでしたchick


↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年6月 5日 (水)

帰路その1(マッカラン→LAX) -ベガス旅行記 Vol.34-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

マッカラン国際空港(LAS)には17:00頃到着。

搭乗予定のDL4620便は定刻なら19:30発の予定なので、2時間半前のチェックイン。

Dscn1147

デルタのカウンターは全然混んでなかった。
帰りの便はオンラインチェックインしてこなかったので、KIOSKでセルフチェックイン、その後荷物を預けて完了。

Dscn1150

ターミナル1のショッピングエリアをずんずん進んだ先の右側で手荷物検査を受ける。いつも混んでる印象のある手荷物検査場もこの日は空いていてスイスイ進ム。わたしも夫も問題なくスルー。

Dscn1153

T1とDゲートを結ぶシャトルに乗り場からシャトルに乗ってDゲートへ。乗車時間もほんの数分。

Dscn1156

Dゲートに到着。壁にはいろんな国のイメージイラストがたくさん描かれています。
日本はこんな感じ。富士山、高層ビル、鳥居、あとあれは東京タワー?そして新幹線。看板ぽいものに書いてある文字がいい加減で判読不可(苦笑)。

Dscn1159

Dゲートの"AIR STRIP"。
到着時はここのスロットマシンを見て「来たぞ―――」ってテンションあがるけど、帰国の時は「もうこれでお別れなのね…」と寂しくなる。

Dscn1165

搭乗開始まで2時間近くもあるので、コンビニのHadson Newsでドリンクを買って、夫は空港のWifiにつないでネット、わたしはスロットに手持ちのドルを預金(次回の旅行で、どこかのスロットで引き出しますぜ。)することでお互い時間つぶし。

この待ち時間に、何気なく搭乗券を見て気が付いた。
あ!!ロサンゼルス(LAX)までしか発券してない!!ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

KIOSKでの操作に間違いがあったのかなー。LAX着いたら再手続しなくては。
トランジットは3時間以上もあるから、なんとかなるだろーー。

Dscn1163

午後6時頃の、空港の風景。全然暮れる気配のない青い空。

Dscn1171

ほぼオンタイムで搭乗開始。
当初予定していた出発ゲートはD36だったけど、いつの間にかD40に変更になっていた。

2-2配列の機材、シートは7A, B。

飛行機が滑走し始めてから3分ほどの動画を撮ってみたヽ(´▽`)/

どうやらSunset Rd.沿いの滑走路を西向きに飛び立ち、I215号に沿って上昇する途中、南へ航路を向けた様子。
57秒あたり、タウンスクエアが見える。

いつも帰りの便では、いつ飛び立ったかもわからない程、座ったら即寝ちゃうわたしが今回は珍しく、1時間ちょっとのフライトを起きて過ごせて自分でもちょっとびっくり。
窓際の席に座ったので、ずーっと外を見て過ごしてた。山しか見えないなーと思ったら小さな町が出てきたりして退屈ないなぁ、アメリカ。

次はLAX到着&LAX→羽田の帰路その2編です。次回で2012年ベガス旅行記は終了の予定です。


↑ランキング参加ちゅ~。
記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。
catface

2013年6月 1日 (土)

上海小南国でランチ -銀座-

ここ最近、土曜日のランチは積極的に蒲田より外に食べに行くのが定番になりつつある我が家。
カマコモリ夫婦脱却を狙っております。

そんなわけで6月最初の土曜ランチは銀座へ。

Dscn1820

JR有楽町駅を出て徒歩数分、プランタンとマロニエゲートの間を通って、

Dscn1825

1ブロック先の、1階にバーバリーのある「ZOE銀座」というビル。こちらに本日我々がロックオン!!したお店があります。

Dscn1900

上海小南国」(シャンハイ ショウナンゴク)という上海料理のお店。上海に本店があるそうで、5年前に日本進出、ここ銀座店ができたそうな。

シースルーのエレベーターの乗って7階へGO!!

Dscn1828

7階へ到着し、ドアが開くとすぐ店内。
お店の方に人数を告げると、只今満席とのこと。席が空くまで30分くらいかかってしまうかも、と申し訳なさそうにおっしゃるのですが、とりあえず少し待たせてもらって様子を見ることに。
すると、ほどなくして何組かお会計に出てこられたので、それほど待たずに入店できた。ヨカッタ。

Dscn1829

通していただいた席は、店内入ってすぐ左側の、入口に近い窓際の席。
「本日、団体のお客様が入っておりますので少々賑やかかと思いますが…」とおっしゃられましたが、全然気にしません!! 実際、女性ばかり集まった会のご様子、賑やかさも華々しさ、って感じでノープロブレム。

さて、ランチタイムにもコース料理がいくつか用意されていて、本日は「料理長お薦めコース」(4,200yen)をオーダー。
飲茶コースにもかなり心惹かれたけど。初回なのでお薦めで。

ちなみに、ぐるなび会員限定シークレットクーポンを利用するとなんと25%オフ。
オーダー時にスタッフの男性にiphoneの画面を見せて、こちら使えますかと伺うと、少々お待ちくださいとどこかに消えてまた戻り、ハイ大丈夫ですとのこと。何を確認しに行っていたのかはわからないけど、使えてヨカッタ。

Dscn1832

窓の外を覗くと、プランタンの本館と、バナリパの入ってるモード館をつなぐ渡り廊下が見えます。
7階ってけっこう高いんだな~、歩いている人や車が小さく見える。

Dscn1836

最初に運ばれてきたのは、コースメニューには載っていないペカンナッツ。薄くカラメリゼ、白ごまがふってあります。
別途注文したプーアール茶は、龍の舞う、渋い色づかいの急須とお茶碗で。こちらポットで300円というお安さですが、2度お湯を継ぎ足していただいてもまだまだ濃くいただけるコスパの良いお茶。

Dscn1845

お茶の他に、夫は酸梅湯のソーダ割り(500yen)を。

Dscn1841

さてコースがスタート。まずは「前菜5種盛り合わせ」。

くらげの中華風和え物、蟹肉、鶏の紹興酒漬け、素揚げの茄子、中華湯葉巻き物。
説明していただけなかったので、前菜メニューの名称から察してみましたが茄子と蟹に関しては名称不明。

どれもおいしかったけど、葱油で味付けされたくらげと、蒸し鶏が特に気に入った☆

Dscn1846

続いては「白身魚入りなずなのとろみスープ」。細かく刻んだナズナ、きのこ、お豆腐と白身魚の入ったもの。
お魚のだしがよく効いていて、優しいお味。

Dscn1849

スープは直火で温められ、食べ終わるまで熱々。これは嬉しい。
炎のちょうど当たる部分からはいつまでもぷつぷつと気泡が出てましたよ。

Dscn1859

お次は「大海老のソテー 小南国特製ソース」。開いた大えびに薄く衣をつけて揚げたもの。

下味も少しついてるみたいで、このまま食べてもおいしいです。特製ソースは甘めで、ほんのちょっと辛みを効かせてあった。わたしはノーソースでOK。

Dscn1865

「蓮根入り黒酢の酢豚」。コクのある香りをぷんぷん放ってて食べる前からおいしさが分かった。
このソースはかなり好み。黒糖みたいな甘さもあるけど酸味とのバランスも良く。

添えられた分葱と一緒に食べてもまた良し。最近、香味野菜の底ぢからがだんだんわかるようになってきたわたし。

Dscn1870

続きまして、「帆立貝の篭盛りジャガイモの酸辛炒めのせ」。

Dscn1873

じゃがいもを除けてみましたところホタテさんがいらっしゃった。
春巻きの皮を揚げたものに、程よく焼いたホタテと細く切って炒めたじゃがいもなどをトッピング。

酸辛炒めと書いてありますが、それほど酸っぱくも辛くも感じなかったカナ。でもじゃがいもの味付けと炒め具合は気に入りましたー☆
帆立もジューシーで肉厚、食べ応えアリ。

Dscn1879

お次は点心の予定でしたが、お先にご飯ものをとのことで、「ふかひれ入りあんかけ炒飯」。

Dscn1881

ぱらぱらに炒まった炒飯にはフカヒレもカニもたっぷり入っていますよ。あんの味付けはちょっと濃いめ。
あんかけ炒飯ってすんごい大好きだけど、コースでいろいろ食べてお腹膨れた頃にはちょっとヘビーかも。

Dscn1886

炒飯とテレコで出てきた点心は「小龍包・蟹味噌入り揚げパイ」。

小籠包は用意されたスプーン(レンゲではない)にのせると皮がはみ出すほど。ここはレンゲ希望!!
黒酢と生姜をたっぷりのせて、一口でいただきまーーす。
たっぷりスープが入っていたけど、アッツ熱というほどではなくかといって冷めてるわけではなく、口内やけどしないギリギリに熱いという感じ。

Dscn1889

蟹味噌入り揚げパイは、こちらにもナズナが入っておった。こちらのお店のナズナ使いっぷりったら。

Dscn1892

デザートは「フルーツとマンゴープリン」とのことだったけど、こちらのお店の開店5周年記念ということで、コースメニュー注文のお客様には「デザートグレードアップ」(ゴマ団子を1品追加)の特典付。

このマンゴープリンがとーーってもおいしかった!!
大きくカットしたおいしい生マンゴーに、プリンがからんでるのですが、マンゴーが甘くってもう♡

胡麻団子はちゃんと胡麻餡のはいったタイプ。

添えられたフルーツはライチとキウイ。


いやーー、ボリュームたっぷりのコースでした。

珍しい食材や変わった料理法などはあまり見られず、そういう意味では面白さ新鮮さはなかったけど、中華をしっかり食べたーッって気にさせてくれた。
「自然派志向のヌーベルシノワ」とHPには書いてあったので、その辺りちょっと期待し過ぎちゃってたかな。

わたしの座った席からは、お店のご自慢の中国製オブジェなどがほとんど見えなかったのも、残念。これはまぁ、入店タイミングというか、運的なもの?

サービスは満点。ポットのお湯の注ぎ足しなどはこちらから言わずとも気にかけて下さるし、食事の途中の良きところでお冷をお持ちいただいたり、温かいおしぼりタオルを用意して下さったり。

最後にお手洗いをお借りしたけど、楊枝や綿棒、フェイス用の柔らかいティッシュやなんとナプキンまで完備。
実は、楊枝がひじょうに助かりました。胡麻系をいただいた後は、ねぇ。

この内容で、銀座という立地も込みで、クーポン利用の25%OFFだとコース価格は3,150円となるわけで、これは間違いなくお安いしリーズナブル。

お持ちいただいたレシートには"お一人様あたり"のお値段も記載。これは複数人で利用した時にはありがたいかもしれませんね~。最近は夫としか出かけないのであんまり関係ないけど、こういうちょっとした事って大事よね、なんて思ったり。

どうもごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

海外レンタカーなら!!


  • 海外レンタカーブランドの【最安値】を一括簡単3ステップ検索!!
    rentingcarz.comをぜひご利用ください(◎´∀`)ノ