フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月24日 (金)

リストランテ・ダ・トシユキでディナー -大田区・糀谷-

金曜の夜、思いつきで夫と外ごはんすることに。
行きたいお店は、先日ランチタイムに伺ったら満席で入店ままならなかった、「Ristorante da Toshiyuki(リストランテ・ダ・トシユキ)」さん。

念のため、電話をかけて空席の確認をしたところ、最後のひと席が空いてるとのことなので、Cena Cittaなる夜のコースをお願いして、すぐ出かけることにした。

Dscn1773

夕方の糀谷商店街をずんずん進んでお店へ向かう。

Dscn1774

到着っ。ランチタイムには何度か来たことがあるけども夜はお初。

入店すると、先客が何組か。わたし達のすぐ後に1組入店して、満席御礼。

Dscn1778

電話で予約しておいたCena Cittaコース(4,800yen/税・サ込)の内容は次の通り。

 restaurant -Stuzzichino- 小さなコロッケとメンチ
 restaurant -Antipasto misto- 旬の食材の前菜盛り合わせ
 restaurant -Primo piatto- 本日のパスタ料理 
 restaurant -Secondo piatto- 本日のメイン料理
 cake -Dolce- 本日のドルチェ
 cafe -Cafe- カフェ

パスタとメイン、ドルチェが好きなものを選べるとのこと。
パスタは6種、メインとドルチェは3種から。2人とも、パスタに大いに悩む。それがまた楽しい。

Dscn1781

下戸ーズのわたし達は、白ぶどうのスパークリングジュースで乾杯。けっこう甘い。
ひと様から見たら、シャンパンでも飲んでいるように見えるかしら。

Dscn1783

さてまずストゥッツィキーノ、"小さなコロッケとメンチ"。

Dscn1784

右が"インカのめざめ"を使ったコロッケ、しっとりな食感。
左は和牛のメンチ。肉にくしい、ワイルドな味わい。

Dscn1785

続きましてアンティパスト、実はこれが一番のお楽しみ。

Dscn1786

右上が自家製ロースハム、しっとりしていてとってもおいしい。
その下が厚岸産かきの香草パン粉焼き。香草がよ~く効いてます。
お隣は鯛のカルパッチョ、その上はホワイトアスパラ。グリルしたものをマリネして、おろしたパルメジャーノ・レジャーノをのせたお手間のかかった一品。

Dscn1787

グラスの中は新たまねぎのズッパ、甘くておいしい。とっても気に入りました!
黒いお皿は真だこのマリネにドライトマトと蕗をあしらったもの。
そして、バーニャカウダ。お野菜はきゅうり、キャベツ、人参、コールラビ、赤カブ。

コールラビは初めて食べました。蕪っぽいのかと思ったらもっと柔らかくてジューシー。アブラナ科だそうですよ。
他のお野菜も味が濃くて新鮮なのがよーくわかる。野菜っておいしいなぁってシミジミ。

この後、写真は撮り忘れたけど焼き立てのほかほかチャパタをいただきました。そのまま食べてよし、バーニャカウダソースをつけてなお美味し。

Dscn1795

プリモピアットは選べるパスタ。
先に運ばれてきたのは夫チョイスの"厚岸産カキのオリーブオイルスパゲティ"、ぷりんぷりんのカキがたくさん入っています。合わせた野菜は青梗菜。

Dscn1796

わたしは"白身魚と生のりのクリームソースのタリアテッレ 少し辛いゆずこしょう風味"をば。
ちょっと塩けが強いけど、生のりの風味がとてもよくて、クリーム系との相性も意外に良いんだなー。

Dscn1799

セコンドピアットは肉料理or魚料理。
夫は"真鯛のロースト"をチョイス、身はふんわり、皮目はぱりっとこんがり焼けていておいしいです。マジョラムと一緒に食べると尚、おいしい。

Dscn1804

わたしは"和牛のランプ肉のグリル"をお願いしました。

お肉は柔らかいけど噛み応えがあってわたし好み。焼き加減もちょうど良いです。お肉の周りに擦りこんだ塩と香辛料がとてもおいしい。こちらに使用したハーブはローズマリー。

付合せの野菜はどちらも同じ内容で、新たまねぎ、人参、アスパラソバージュ、むらさき大根、黄ズッキーニ、スナップエンドウ。
アスパラソバージュというのはお初。おフランスからやってきたお野菜だそうで(産地は神奈川、)ひょろひょろした緑のつくしみたいな感じ。ほんの少しぬめりっぽい独特の食感がおもしろかった。

むらさき大根もお初かな?柔らかい食感で水分率が高い、ジューシーな大根でした。

バーニャカウダ同様、とても味の濃い野菜でどれもしっかりじっくり味わった。滋味。

横須賀の特定の農家さんから仕入れているというこだわり野菜。いつ来ても知らない野菜が1~2ツはある。野菜の種類って無限にあるなぁ。

Dscn1809

最後はドルチェで〆。
わたしも夫も、"長島農園ミントのパンナコッタ"をいただいた。ミントの風味が程よく効いたパンナコッタはとってもおいしい。クリームとミントっていうのも、合うんだねぇ。
添えてあるフルーツはパイナップル。

お飲み物はコーヒーをいただきました。とっても苦いイタリアンローストでキリッとおいしい。

夫は確か紅茶をいただいたんだったかな。

気持ちの良い空間で、ゆっくりと時間をかけて美味しいお料理をいただいて、とっても満足。
ボリュームも申し分なしでした。むしろ多いくらい。おなかハチキレ寸前。
お店の方も、みなさんとても感じが良いですし、食材などについて質問すると丁寧に教えて下さるのでつい、いろいろ聞いてしまいました。

最後にお手洗いをお借りしたら、とっても広い空間におしゃれなインテリア。
思わず真似したくなる小物使いが勉強になります(*゚∀゚)=3

ごちそうさまでした、また来ますpig

【関連記事】

clip 12.10.28 リストランテ・ダ・ドシユキでランチ -大田区・糀谷-



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年5月18日 (土)

中国料理くろさわ東京菜でランチ -大森-

Dscn1714

晴れた土曜日。夫と一緒に、お気に入りのお店のひとつ、大森にある「中国料理くろさわ東京菜」さんに行ってきた。

Dscn1715

店頭に置かれたメニューボードには日替わりランチの内容が。
ううーん、これもとっても魅力的、でも今日のおめあては3,150円のランチコースなので、日替わりは見送り。

Dscn1719

席に着いて、まずは酸梅湯(サンメイタン)をいただく。JR大森駅から数分、日差しの中を歩いてきたので、冷たい酸梅湯がおいしい。炭っぽい変わった味だけどコレ好き。

店内は常にほぼ満席、常連さんが多いような印象。にぎやかで明るくて、居心地が良い店内。

Dscn1723

さて一品目はベビーコーンのオキアミソースがけ。おーー、インパクトある盛り付け。
ベビーコーンもひげも、それぞれの食感がいいし、オキアミソースはちょっと辛味がきいていておいしい。

Dscn1727

二品目は揚げ物。

Dscn1729

こちらはタラの芽と、あとハリギリという山菜だそうで、岩手から朝届いたばかりとのこと。カラリンと揚がっております。
ハリギリと言うのはお初にお目にかかります。どちらも鮮度が良いおかげかえぐみはなく、程よい苦味と春の味を堪能。

Dscn1732

こちらはフキノトウでつくった餡をパイ包みにして揚げたもの。春ですねぇ。

子どもの頃、実家では庭でフキノトウ(とか蕗とかつくしとか)が採れたので、母がふきのとう味噌なんぞを作ったなぁ、なんて思い出したり。でもその時分は山菜なんぞ食べられなかったので味の思い出は、ない。

Dscn1735

続いては地はまぐりとじゅんさいのスープ。

Dscn1737

はまぐりの出汁が濃いぃ~。おいしいぃ~。

Dscn1739

炒め物はヤリイカを使った、麻辣系。

Dscn1742

大根の実、笹筍、ボンナをあわせて。相変わらず個性的な食材を揃えてらっしゃる。
添えられた青山椒をかじると爽快な痺れ感。ヒーヒー言いながら楽しく食べました。

Dscn1743

北海道産のグリーンアスパラと、フランス産のホワイトアスパラに、皮蛋(ピータン)と鹹蛋(シェンタン:塩たまご)の黄身をつかったソース。
ちょっとカルボナーラっぽい感じで、くろさわさんでは今までにないタイプのお料理だなと思った。

程よく火の通ったアスパラもおいしいけどソースも絶品。

Dscn1759

鹹蛋はお手製だそうです。軍鶏の卵を海水と同じ濃度の塩水で漬け込んでるとのこと。カウンターに漬け込み中のものがありましたー。

あまりにソースがおいしいので、残さず食べようとスプーンを使って食べていると、「間もなく蒸しパンをお出ししますので~」とスタッフさん。おっ。それは嬉しい。うっかり全部食べてしまわなくてよかった。

Dscn1749

ほどなくしてヨモギ入りのほかほか蒸しパン登場。ソースをぬぐって最後までおいしくいただきました。

Dscn1750

まだまだお料理は続く。黒沢シェフ直々に運んできて下さったのは、甘鯛を素揚げにしたもの。目の前でタレをかけて、じゅっと音を聞かせて下さいました。楽しい!!

Dscn1752

大皿に2人分。トマトとスライスした玉ねぎがのってます。

Dscn1756

甘鯛は鱗がパリパリ、身はふっくら揚がっていてとってもおいしい。
甘辛いタレも合うーー。

Dscn1766

お料理の締めには、桜海老を使った麺か炒飯、どちらか選ばせていただけたので炒飯を。
たまごと葱の、シンプルな炒飯に桜海老どっさり。

Dscn1767

デザートは豪華3種盛り。

愛玉のゼリーは、きんもくせいが香るお手製シロップが超わたし好み味。メロメロ。

ちょっと固めの特製プリンは濃厚な苦味のカラメルがおとな味。

苺は「おとめ心」という山形の露地ものだそうで、これが香りも味も濃厚な絶品いちご。酸味のバランスもよし。
東京では流通していないらしく、黒沢シェフが直接農家さんから仕入れてるそう。まさに今の時期が旬だそうです。貴重ないちごをいただいてしまいました。


相変わらずの黒沢ISMを堪能できて幸せ。パンチのあるおいしいお料理を食べたい時はやっぱりココだ。

食後にはお茶をいただきながら、黒沢シェフといろいろお話させてもらっていたらかなりの長居になってしまいました。黒沢シェフの話が面白すぎて、ついつい。
途中、お茶菓子までいただいちゃったりして(´ε`*)ゝ

至極満足。ごちそうさまでしたpig


【関連記事】

clip 13.3.9 くろさわ東京菜で中華ランチ -大森-
clip 12.11.4 中国料理くろさわ東京菜でランチ -大森-



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年5月17日 (金)

レンタカーセンターへ車返却 -ベガス旅行記 Vol.33-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

Dscn1126

16:30頃、タウンスクエアで最後のお買い物を終えたらあとは空港へ向かうのみ。
その前に車をレンタカーセンターに返却しに行かねばなりませぬ。


大きな地図で見る

(A)がタウンスクエア、(B)がレンタカーセンター。すぐ近く。

Dscn1127

Gilespie st.に入ったらすぐセンターの入口が見えるので、

Dscn1128

ずさーっと突入。
レンタカー会社のロゴの通りに車線を選んでススムと、

Dscn1130

最後にダラーのロゴ発見。

Dscn1135

ダラー係員さんの案内に沿って、車を停めて、ベガスでの愛車インパラさんとここでお別れ。

Dscn1131

オドメーターは1,256マイル。借りた時が1,043マイルだったので、213マイル(約342.8km)走行したということか。
東京→名古屋くらいかな。チャールストン山への往復以外はほとんど町乗りだったけど、けっこう走ったなー。
それでも途中給油は一度もなし。

夫よ、いつも安全運転の楽しいドライブをありがとう。

レンタカーは保険もガソリンも込みのプランなので、傷チェック等も不要。荷物を取り出し、キーを係員さんに手渡すだけでもう、即終了。
係員のおじさんも「ベガスを楽しんだかい?勝てたか?忘れ物はないな?またおいで、じゃあ!」てな感じで、簡単、楽ちん。

Dscn1136

荷物を持ってシャトルバス乗り場に行ったら既にターミナル1行きのバスが待機中、すぐに乗りこめた。

Dscn1139

今回の旅行は、曇りがちの毎日で時々雨も降った。最後の日だけ晴れるなんて~~。
でも最後まで雨降りよりはまぁ、いいか…。

Dscn1146

空港まではバスで10分足らずで到着しました~。


次はマッカラン空港内編の予定です。


↑ランキング参加ちゅ~。
記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。
catface

2013年5月14日 (火)

栄福でランチ再び -錦糸町-

ゴールデンウィークから続いていた錦糸町通いも今日が(多分、)最終日。

Img_1008

ランチは「栄福」さん。ランチメンバーの「今日どこ行く?」の声に「栄福!」と一番名乗りをあげ、誘致に成功。

こちらへは5/10にも来て、このときは日替わりランチをいただいた。
その後、食べログをみたところ、韮溜湯麺(ヒリュウタンメン)なるメニューが人気のようだと知り、再訪したいと思ってた。

Img_0998

ちなみに本日の日替わりはこの通り。

Bの「ニラ丼」ってのは多分、韮溜湯麺のアタマがのった丼だろうから、だったらBでもいいかも、と一瞬思いかけたのだけども、Bのボリュームがすごかったことをちゃんと思い出せたわたしは、無事に「韮溜湯麺」(900円)をオーダー。
麺はやはり、細麺or手もみ(前回は太麺とおっしゃってたが、)が選べるとのことだったので手もみをリクエスト。

Img_1006

キタコレ!!
ニラにたっぷりですんごいおいしそう。麺が見えないですよ。
ニラ、きくらげ、たけのこ、豚肉のはいった塩味の熱々あんがたっぷりとかかってます。

Img_1007

スープも塩味。前回も感じたけどちょっと塩けが強すぎるきらいが。
手もみの麺はたいへん好み。あんがよくからんで、とってもおいしい。
ニラは余熱だけで火を通した程度のあんばいで、くたってなくて食感も良い。きくらげはカットが大きく大胆に入っておった。

ボリュームたっぷり、大満足。塩けをもう少々抑えてくれたらもっと好みなんだけどな。

Img_1001

この日も店内はほとんど満席に近くて、前回同様6人掛けの円卓に通してもらえた。
ホールスタッフは(多分中国人の)女性2人で切り盛りされているが、どちらの方も親切で感じがよいので、気持ちよく食事できました。ごちそうさまでしたーpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年5月11日 (土)

サルバトーレ・クオモ&クリスタルジェイドでランチ -川崎-

小雨の降る土曜日、夫とぶらり外ランチ。

お互いイタリアン気分だったので、糀谷の「リストランテ・ダ・トシユキ」に行ってみるも、ドアには『本日予約により満席』なお知らせ。

ならばプランB。今まで行ったことはないけどちょっと気になっていた、川崎はラチッタデッラ内の「イル・ピノーロ」へ移動。しかしここも、ウエディングパーティらしく貸切。

ついてない(u_u。)

時間的にも、移動する体力的にも限界が近づきつつあったので、同じラチッタデッラ1Fにあるビュッフェに行くことに。

Dscn1669

イタリアンの「サルバトーレ・クオモ/PIZZA SALVATORE CUOMO & GRILL」と、中華の「クリスタル・ジェイド/Crystal Jade Shanghai Garden」のお料理が同時にビュッフェでいただけるこのお店、過去何度か来ててけっこうお気に入り☆

Dscn1672

ちょうど1時頃、入口には空席待ちの行列。でも観察していると、食べ終わって出ていくひとも多いのでそれほど待たなくてもよさそうか、と判断したものの実際は20分待ちで着席。制限時間は2時間とのこと、充分すぎます!

Dscn1686

ビュッフェ台はL字型になっていて、長い側にはお料理類、短い側にはデザート類が配置。

Dscn1673

まずはイタリアンの前菜を盛り合わせ。鶏とじゃがいものカルピオーネ、ブロッコリーとカリフラワーのサラダ、野菜のピクルスなど。
かぼちゃの惣菜は、以前食べて気に入ったメイプル煮ではなく、ローズマリー風味になってた。
真ん中のまるいのは、とにかく大好物のゼッポレ。もちもちしていて青のりの風味としょっぱさがたまらない。大好き。

Dscn1681

総菜コーナーはこんな感じで、イタリアンをメインにアジア系も少々。

Dscn1675

つづいては中華のお皿。酢鶏、炙りチャーシュー、麻婆豆腐、炒飯。

イタリアンに比べると中華はやや当たり前すぎるラインナップで、お味もいわゆる食べ放題クオリティ。
できたてに巡り合えればおいしいかもしれないけど、どうしても時間がたってしまうとねぇ。

それでもチャーシューはおいしかったのでまた食べたい、と思ったのだけど、次に取りに行ったときには既になくなっていて、その後も現れず、これっきり。

Dscn1685

中華コーナーは全体的にビュッフェ台の占有率も低く、料理数も少なめ。

Dscn1676

ピザは焼き立てが並ぶタイミングを見計らって、熱々をゲット。こちらのピザは生地がとっても薄いタイプ。
やっぱり出来立てのマルゲリータはおいしい!!

Dscn1683

トッピングにコーンありツナありなのはお子様のお客さまも多いせいかな。
この日も家族連れがとっても多かった。

Dscn1677

小籠包は10~15分間隔で蒸したてが出てくるのだけど、大人気商品で、出てきた途端になくなってしまう。
唯一「おひとり様おひとつで~」と声がかかるお料理。
入口で空席待ちをしている時は、この小籠包を作るところの前に並ぶので、じっくり作業工程が見られる。なので食べる時も愛着ひとしお。

できたてを黒酢とたっぷりの針生姜でいただく、おいしい。
熱々スープがほとんど入ってないのは残念だけど、やけどの心配もない。これもお子様向けの配慮なのかな。

Dscn1679

パスタ部門。少しずつとって、お気に入りがあればお代わりができるビュッフェスタイルは嬉しくて楽しい。

Dscn1684

パスタは数種類が常時3種類ほどローテーションで出されているみたい。
オイル系とトマト系が多く、クリーム系はほとんど見たことがないような。

Dscn1680

ミニラーメンも作ってみた。スープは甘め。麺は自分でお湯にくぐらせるのだけども、適当な時間もわからずいい加減な仕上がりに。

Dscn1687

デザートにはバニラソフトクリーム。キャラメルシロップとコーンフレーク、チョコのライスパフをトッピング。

他には馬拉糕、タピオカココナツなどの中華系から、シフォンケーキ、フルーツゼリーなど。
料理に比べて、デザートはそれほど力を入れていないような印象、かな。

Dscn1682

ドリンクも料金にコミ。コーヒー・紅茶はホットもアイスも、冷たいのは烏龍茶やローズヒップティーなどもあり充分、満足。

おなかはち切れる寸前までお料理をいただいてお会計。土日の料金は1,580円のところ、ホットペッパーぐるなびで手軽に10%OFFのクーポンをゲットできるので、利用して一人当たり1,422円。

ビュッフェレストランとしては、かなりコスパのよいお店です。ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

KABUKIで和食ランチ -ベガス旅行記 Vol.32-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

ミラクルマイルショップスをぐるっと一回りして、12:30頃に駐車場を出る。
夕方には空港にいなくちゃならない事を考えると、あと立ち寄れるところはタウンスクエア/Town Squareとプレミアムアウトレット・サウス/LV Premium Outlet Southくらい。

アウトレットで買いたいものは特にないのでタウンスクエアで最後のショッピングをすることに。
ストリップ通りを、いざ南へ!!

Dscn1096

ベガスの車窓から。タラッタッタッタタ~ララ~ ラ~ラ~♪
さようなら、NYNY。

Dscn1097

さようなら、エクスカリバー。

Dscn1098

さようなら、ラクソー。

Dscn1100

さようなら~、マンダレイ・ベイ (TωT)ノ~~~

この南側のホテルには今回全然来られなかった。マンダレイベイは未だ一度も足を踏み入れたことがない。
次回はマンダレイベイに来て、シャークリーフ・アクアリウムを覗いてみたい。

Dscn1101

有名なサイン、"Welcome to Fabulous Las Vegas"の後姿は"DRIVE CAREFULLY Come Back Soon"、ええまた約1年後に戻ってきたい!!

この辺りでいかにもラスベガスな景色は終わり。あとは左がわにマッキャラン国際空港を眺めつつ、

Dscn1102

タウンスクエアに到着!!この旅、2度目のココ。

Dscn1103

土曜日に来たときもだいぶ閑散とした印象だったけど、月曜のこの日はさらに人がいない。

ローカルピーポーたちはストリップからちょっと離れたタウンスクエアよりも、フォーラムショップスやファッションショーモールの方が好きなのかしら。
それとも屋外型モールだからショップを渡り歩くのに暑くていやだとか?

何はともあれ最後のショッピング。AMERICAN EAGLE OUTFITTERSでは甥にTシャツ、知人にポロシャツなど、AEROPOSTALEでは姪×2にTシャツ、他もろもろ。

2時近くなってしまったので、ショッピングはいったん中断してランチ。

Dscn1106

前回来て気に入った和食の「KABUKI」に入ることにしました。

Dscn1118

「イラシャイマセーー!」とお出迎え。

通されたのは窓際の明るい席、前回と同じ場所!店内はかなりエアコンが効いていて寒い。

Dscn1109

こちらのお店のメニューは、写真をたくさん載せてるのがありがたい。
ローカルピーポーには和食を文章だけで説明するのが難しいから写真付なんだろうけど、他のふつうのレストランでも写真付メニューを定着させてほしいよー。

Dscn1121

夫のオーダーはスパイシー味噌ラーメン / SPICY MISO RAMEN, Served with Soup or salada (Spicy Ramen Served with Corn and Seaweed in a Miso Flavored broth) $8.95-、シェフリコメンドマーク付きの品。

コーンたっぷり、唐辛子が絶妙に効いた味噌ラーメン、けっこうおいしい。前回来たときはわたしがコレ食べた

エアコンがきんきんに効いた中で食べる味噌ラーメンは、うまし。
もう間もなく飛行機に乗って日本に帰るんだから何もわざわざここで食べなくても、と思うんだけどもう年のせいか、わたしも夫も、日本食が恋しくなるペースが早い。

あれ!?写真見て今、気が付いた。わかめ入れ忘れられてる(笑)。

麺ものカテゴリのお料理にはスープかサラダがつくので、当然サラダを選択。
スープを選ぶ人がいるのか?と思ったけど、もりそばや焼きそばもラインナップされてるので、そういうのにはスープもありか。スープって多分、味噌汁のことだろうな。

Dscn1120

さて枝豆はなんでここにあるのだ?お通し的に持ってきてくれたんだけど、わたし達はお酒はオーダーしてないし。
レシートにも枝豆代はついてないのでテーブルを間違えたかサービスか。もはや不明。

Dscn1123

わたしがオーダーしたのはスペシャルまき(Specialty Roll)カテゴリから、ベガスロール / VEGAS ROLL (Deep-Fride Combination of Cream Cheese, Salmon, Avocado and Krab Meat) $9.95-、こちらもシェフリコメンドマーク付。

甘いツメの上に、6つにカットされた太巻き天ぷらがドーーン!!
おもしろさとネーミングで選んだのだけど、コレやっちゃった系(笑)。

Dscn1125

クリームチーズ、サーモン、アボカド、蟹肉というコンビネーションまではたいへん良かったけど、やっぱり太巻きは天ぷらにするよりそのままのがおいしいに決まってる。

名前にVEGASなんてついてなければきっと注文しなかったなー、別の巻きものにしてたと思う、でもやっぱり「ベガス最後の食事だから、記念にコレにしよー」なんて安易に選んでしまった。

今メニューを見返してみると、もっと他にイケてる巻きもの、あったのに。

でもそんな「やっちゃった感」も今となってはいい思い出。

お料理2品にドリンクをつけて、お会計は$26.11-(税込・チ別)。
こんなに内装も凝った店舗でメニュー数も豊富、味もナンチャッテ和食って感じじゃないのにこの価格はリーズナブル。

気に入ってます☆

この後は買い物再開。VICTORIA'S SECRETでは夫の姉妹にはおりもの系を購入。

レジには日本語バリバリの可愛い女の子店員さんがいて、日本語で話しかけてくれた。日本に数年住んでいたことがあるとかで、そのころの話を聞かせてくれた。

Dscn1260

ただいまキャンペーン中とかで、犬のぬいぐるみをおまけにくれました~。色はいくつかの中から青をえらびました。

あとはBANANA REPUBLICで買い物して洋服系の買い物は終了。

最後にWHOLE FOODSに立ち寄り。
こちらにも日本語ガイドのお兄さんがいらして、積極的に声をかけてきてくれた。ちょっとたどたどしい日本語だけど、日本人のお手伝いをしたいという一生懸命さがビシバシ伝わってくるステキ青年。
ここには何度か来てるけど、このようなガイドさんに出会ったのは初めて。おしゃべり楽しかったよー!

ホールフーズではお菓子やエコバッグなどをちょっとだけ買い足して、これにて買い物オール完了!!

もう後はこのままレンタカーを返して空港に行くだけです。

というわけで次はレンタカー返却編の予定です。



↑ランキング参加ちゅ~。
記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。
catface

2013年5月10日 (金)

栄福でランチ -錦糸町-

錦糸町通いは未だ続く。

駅前のチェーン店を巡回していた(せざるを得なかった、)当初に比べて、ちょっと裏道のお店を覗くようになった今日この頃。

010

昨日のちゃんこ魁の近くにあった中華料理のお店、「栄福」に入ってみることにしました。

店内は、想像していたよりりっぱな感じ(失礼だな、)。
町のラーメン屋さんをイメージしてドアを開けたので、中央に鎮座する大テーブルとそれに沿うように置かれた窓際の4人がけのテーブル、仕切りを隔てて円卓が3つ並ぶ半個室がある空間にびっくり。
かなり本格的な中国料理をいただけそうな雰囲気。

そしてかなり混んでる。かなりの人気店のようですよ!期待高まる!!

さてメニューには興味深い料理名がずらずらと並んでいるのだけども、

017

つい日替わりのランチメニューにお得感を抱いちゃって、Bランチ(880yen)を注文。

柳麺というのはいわゆるラーメンのことのようで、塩か醤油、細麺か太麺か選ばせてもらえた。
わたしは塩の太麺をオーダー。

014

やってきましたー、Bランチの「柳麺+担々丼」セットです。

015

塩&太麺の柳麺は、塩味強めのはっきりくっきりスッキリなお味。嫌いじゃない、でももうちょっと塩は減らしてもイイ。
太麺は手もみっぽい感じでとっても好み。はまる!!

016

衝撃的だった「坦々丼」。

想像してたんと大きく違うーーーー!!挽肉を炒めたみたいなのがごはんにのってくるんだと思ってた。
玉ねぎ、長ねぎ、にんじん、たけのこ、あと挽肉もちょっと、これらの入ったあんがごはんにたっぷりかかってた。
これがまた辛い~。唐辛子ががんがん攻撃してくるーー、でも辛さ的にはコレ、ありだ。

ただ量が多かった。スンゴクお腹いっぱいになる。

次回は、麺の単品でよさそう。
今ちょっと食べログ見てみたら、韮溜湯麺(ひりゅうたんめん)というニラ入りのラーメンが人気のよう。気になる。

感じの良い接客と、明るくてきれいなお店で満足。ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年5月 7日 (火)

ちゃんこ魁でランチ -錦糸町-

ゴールデンウィーク明けも錦糸町通いは続く。

Dscn1524

この日は、ふと裏通りで見つけた「ちゃんこ魁(かい)」というお店に入ることにしました。

Dscn1517

店頭にはランチのご案内が。
どうやらランチメニューはこのセットのみらしいです。

Dscn1518

店内には先客が1名様。

わたしはお相撲に関しては全く明るくないのですが、こちらは友綱部屋という相撲部屋で代々引き継がれた味を提供するお店だそうですよ。

友綱部屋の力士さんたちの写真などがたくさん飾られていました。

Dscn1520

さてこちらがランチセット、700円。

豚みそ鍋、おかず、ご飯、漬物の構成。
おかずは、鶏唐揚げ・生姜焼き・塩サバから選べまして、わたしは鶏唐揚げをチョイス。

Dscn1521

メインはこの「豚みそ鍋」です。
豚バラ肉、筍、大根、にんじん、もやし、こんにゃく、お揚げなどなど具だくさん。いわゆる豚汁的。

Dscn1522

このランチではサブ扱いのおかず。唐揚げは揚げたてでカラッと油切れよく仕上がっていて、味付けも丁寧、とてもおいしかった。

ただお店の方がもうちょっと愛想よくしてくれたらもっとおいしく感じられたかも…。

ともあれ、おなかいっぱいになりました。ごちそうさまでしたchick


↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年5月 6日 (月)

広尾platesでランチ -蒲田-

我が家のたった3日間のゴールデンウィーク最終日、外ランチは気軽に地元蒲田で。

Dscn1507

今日はランチ選びで冒険する気がなく、おなじみの「広尾plates(プレーツ)」さんでランチすることにしました。

店頭には数組が空き待ち。店内をのぞくと、きちんとカトラリーがセットされた空席もたくさんあるようだけど…?
厨房の問題で埋めないようにしてるのだろうかなどと推測しながら根気強く(?)、15分くらい待っての入店。

Img_0985

わたしが戴いたのは日替わりパスタランチ(1,000yen)。

前菜にはポテトサラダとハム、葉野菜、パン。ここはドレッシングがいつもおいしい。

日替わりパスタは「いかと青菜の柚子胡椒風味」、柚子胡椒が効いてる~、柚子胡椒だいすき。
イカと小松菜もたっぷり入っててだい満足。生パスタは熱々もちもち。

小さなデザートは苺の焼き菓子。しっとりとした苺がごろっと入っている力作、コーヒーと共に。

1,000円で前菜とデザートまで食べられるのはかなりコスパ高いと思う。
しかも、パンのおかわりは自由だし、パスタの大盛りも無料だからさらにスゴイ。
でも育ちざかり(ヨコに)なので、大盛りもお代わりも自粛。

ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年5月 4日 (土)

六本木さんぽ

「海鮮名菜 香宮」でおいしいランチを堪能したあとは、六本木界隈をぶらぶらお散歩。

Dscn1475

国立新美術館の前を経由して~

Dscn1476

東京ミッドタウンへ。

ミッドタウンには初めて来ました。2007年OPENだそうなので、もう6年も経つのかぁ。
それにしても、一応東京在住(超南端だけど)なのに、来たことないスポットがたくさんあるなぁ。

それにしてもここ、興味深いショップもたくさん並んでるし、Toshi Yoroizukaザ・リッツカールトンのカフェ&デリなど気になるカフェもたくさんあったけど、どこも満席だしなによりお腹がいっぱいなので、泣く泣くあきらめ。鎧塚さんとこなんてすごい行列だった。

腹ごなしがわりに建物内をくまなく歩いていろいろと調査。なにここ、ほんと楽しい!!
今度はミッドタウンを目的として出かけてきてみたい。

ミッドタウンを満喫したら、歩いて六本木ヒルズまで移動。

この頃にはちょっと歩き疲れていて、座って休憩したいモードに。

Dscn1493

なので、フレンチレストラン、L'ATELIER de Joel Robuchon(ラトリエ・ドゥ・ジョエルロブション)に併設されているブーランジェリー、「LA BOUTIQUE de Joel Robuchon(ラ・ブティック・ドゥ・ジョエルロブション)」へ。

カフェではなく、パン屋さん(ブーランジェリーと言わんか、)に来たのはわけがあり。

ここのダークチェリーのデニッシュがとーってもおいしくて大好きなのです。

先日、渋谷ヒカリエの「ルパン・ドゥ・ジョエルロブション」でも買って帰って家で食べたのですが、焼き立てのさくさく感を味わえず残念だったので、本日ここにてリベンジ!!

店内に入ってデニッシュを探したところ、ない、ない!!

焼きあがったパンを並べに来たお店のひとを捕まえて聞いてみたところ、中で確認してきますとのこと。
しばらくして、トレイいっぱいにデニッシュをのせて戻ってきました!!やったー。

「ありましたよ、今いちばんおいしいですよ」というお言葉。嬉!!

これを2つとコーヒーも2つ買って、お店の前のテラスで一休みすることに。

Dscn1495

白いテーブル&チェアがたくさん置かれていて自由に使うことができます。

Dscn1484

念願の、焼きたてデニッシュ!!

正しくは"ダノワーズ・スリーズ"(294yen)、それからコーヒー(300yen)で休憩。

焼きたてはやっぱりサクサク感がはんぱない。香ばしくて、ざくっと噛んだ食感がたまらんですよ。
風味豊かなバターは主張しすぎずちょうどよい。

もちろん、ダークチェリーもカスタードクリームも完璧においしくて大満足。

何より、できたてをいただけた喜びったら!!


…でも食べ終わって興奮が冷めたらふと、なぜ他にもステキカフェがたくさんあるヒルズで、2週間前にも食べたデニッシュを選んでしまったのか、なんつーことも考えたり。

でも、ま、おいしかったから良しとする。


Dscn1498

この後はお隣のテレビ朝日に潜入。

1階ではなんだかイベントをやっていました。
こういうのは常時やってるのかな、それともゴールデンウィークだからかな?

Dscn1503

とりあえず記念に、アメトーークのスタジオセットの一部が再現されたコーナーで写真撮った。思ったより楽しかった(笑)。

ヒルズとテレ朝を堪能したあとは、またまた歩いて麻布十番方面へ。

Dscn1506

ぶらぶら散歩するのにちょうどよい天気だったので、ほんとたくさん歩いた。

楽しかった~、やっぱり都心はいろいろすごいな。
蒲田にこもってばっかりいないで、また来よう、と思ったとさ。



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

海鮮名菜 香宮でランチコース -西麻布-

今年のゴールデンウィークは全日仕事で休みナシと覚悟しておったのだけど、ある程度さくさく進んだのでめでたく5月4日~6日の3日間は休める事になった。
ワーイヽ(´▽`)/

そんな我が家のゴールデンウィーク初日は、西麻布までランチを食べに出かけてみた。

めざずは「海鮮名菜 香宮(シャングウ)」という広東料理のお店。以前にネットでいい評判を目にしていたので、ずっと気になっていたところ。

なんでもあの「赤坂璃宮」の譚彦彬シェフがプロデュース、料理長の篠原シェフは璃宮で経験を積み、ペニンシュラ東京で腕を磨き、更には香港で修行の後こちら香宮オープンのために帰国したという(HPより)。これは期待が高まりますよ!!

Dscn1424

電車で六本木駅へ、東京ミッドタウンの出口から出て星条旗通りを国立新美術館を通り過ぎてもなお道なりに歩いて、319号の陸橋をくぐった先に、お店が見えてきました。
夫が道案内してくれなかったら迷ってたかも。

Dscn1425

六本木駅からはぶらぶら歩きで10分ほど。12時45分頃の到着~。

店頭にメニューが置かれていたので見ていたら、中からお店の方が出てきて招き入れて下さいました。

Dscn1428

入って右側のホールには4人がけテーブルが4席のみ。先客は4名さまが1組。
このほかに個室もあるそうで、この日も団体さまが入っておられた模様。

Dscn1432

お好きな席にどうぞとおっしゃっていただけたので、窓際の小庭が見える席に座らせてもらいました。
庭には美方八重かな、あじさいが咲いていました。
素敵すぎ!!とっても癒される~(*´Д`*)

Dscn1429

テーブルセッティングもすてき。淡い色で店名とお花の絵が入ったお皿。厚手のタオルおしぼりからはいい香り♪

本日は「楓ランチ」(3,150円)をオーダー。
それと、ぐるなびのクーポンで、

  one アペリティフ(食前酒)サービス
  two 香宮オリジナル薬膳美容茶サービス
  three 記念日の方に『祝』桃饅頭プレゼント!(要予約)

があったので、twoの薬膳美容茶をお願いすると、「あとでホットの鉄観音をお出しする用意がありますので、代わりにまずは冷たい烏龍茶をお持ちしましょうか?」とのご提案。歩いてきて喉も渇いていたのでその提案はありがたく、それをお願いしました。

Dscn1433

最初に、青いチャイナドレスの素敵な女性が、烏龍茶とともに"辣椒醤"という辛味噌を持ってきてくださいまして、お料理にあわせてどうぞとのこと。

Dscn1440

まずは"富貴特品盆 / 前菜盛り合わせ"から。おおっ、見るからにおいしそう。期待値がどんどん膨らみます。

Dscn1436

釜焼きチャーシューと蒸鶏のネギソース。
チャーシューは程よい甘さで、香ばしくたいへんおいしい。
蒸鶏はしっとりと、ネギソースもおいしいですが、さきほどの辣椒醤をつけてもまたおいしい。

Dscn1437

大きな海老を使ったマヨネーズ和え。マヨネーズにはパプリカとさつまいもを合わせているそうですよ。
ぷりぷりで食べ応えあり!!

Dscn1439

クラゲの頭の冷菜は酸味が利いています。

Dscn1438

野菜の酢の物はにんじん、白菜、カリフラワー。
わたし的にとってもおいしくて感動した一品。なにかは分からないけどスパイスがほんのり効いています。

Dscn1445

続いては、メニューでは"菜胆燉花菇 / 広東白菜と椎茸入り蒸し上湯スープ"でしたが予定が変わって、あさりとピータン入りの茶碗蒸しに。

サーブ時に「あさりが入っていますのでお気をつけて」と言われて何を気をつけるのかと思っていたらば殻ごとはいっていて、スプーンがかちんと当たりました、これのことねー。

濃い出汁をはった茶碗蒸しと、ふっくらした身のあさりがとってもおいしくて、でももっと熱々でもよかったな。

あさりとピータンが入ってるところの写真も撮ったけど、お見苦しいので割愛。

Dscn1449

続いては"錦銹炒海鮮 / 活けの海鮮の塩味炒め"。

ヤリイカ(確かそう、)とお野菜はアスパラガス、ラディッシュ、椎茸、黄ズッキーニ。
塩味は強すぎず弱すぎずのちょうど良さ。
火の通し方もちょうどぴったり。烏賊の食感がとてもよくて食べてて嬉しい。

Dscn1451

お次は"清蒸海上鮮 / 活けの鮮魚のお料理"、ぐつぐつと湯気のたった土鍋が運ばれてきました~。

Dscn1452

小ヤリイカとハタの入った春雨の土鍋煮込み。
イカはぷりぷり、ハタはふんわり、おしょうゆ味で煮込んだ春雨はあつあつおいしい。

ただここでもイカで、2皿続いたのは残念。土鍋でイカが出るんだったら、塩炒めではホタテか何かだったら嬉しかったなぁ。

Dscn1457

ここで素敵な茶器で鉄観音茶が運ばれてきました。ティウォーマーつき。
ろうそくの小さな炎で茶壷を温めておけるもので、いつでもおいしいお茶が飲めます。これは嬉しいサービス!!

Dscn1460

お食事の締めは、"麺 或 飯 / 料理長おすすめ 本日の麺飯類"。
歯応えのよい黄韮ともやし入りの醤油焼きそば。ややオイリーに感じたけど、量もちょうど良くおいしくいただいた。

Dscn1469

"香宮凍甜品 / 香宮特製 季節のデザート"は3種類から選べます。
わたしは、フルーツにグラニテをのせたもの。正式な名前は不明。

Dscn1467

フルーツはいちごにブルーベリー、キウイ、オレンジなどなど少しずつたくさんで嬉しい。なつかしの食感ナタデココと、あと何か透明なゼリーみたいなのも入ってた。
ちょっと柑橘系の味がするグラニテにはココナツがトッピング。
さっぱりといただけました。

Dscn1462

夫は苺のピューレに練乳のアイスクリームがのったデザートを選択。彩りきれい!!

Dscn1471

デザートとともにコーヒーまで淹れて下さいましたよ。すごく嬉しい~!! 思わず長居したくなっちゃいますよ。

このあとお手洗いをお借りしたのですが、洗面台にはマウスウォッシュや綿棒を完備している上に、手を拭くためのふかふかタオルが用意されていましたよ。いやぁ、すごいなぁ。


こちらのお店、お料理も良かったですが、ホスピタリティもすばらしく、それもそのはず支配人の小山内さんは赤坂璃宮赤坂本店で長らく支配人兼ソムリエとしてご活躍だったお方だそうで。
その小山内さんをはじめ他のホールスタッフの皆さんもなにかとお気遣いくださって、たいへん気持ちの良い時間を過ごす事が出来ました。

椅子においたバッグにはさりげなく布カバーをかけてくださったり、鉄観音のおかわりもこちらがお願いする前にきちんと入れ替えて下さるし、3,150円のお食事でここまでしていただくのは申し訳ないと思うほど。

人通りの多くない立地だからだと思うけど、わたし達がいる間は他のお客様も入ってこなくて、少々閑散とした感じなのが意外だったな。
もっと大きな通り沿いにあったりしたらもっと賑わいそうなものだけど、でもこの閑静な立地だからこそいい、とも思うし。
六本木に来たならちょっと足を伸ばしてわざわざ行く価値があるお店だとオモッタ。
それと、大事なひとをおもてなしする時にも絶対に重宝しそう。覚えておきたいそんな店。

いつか夜のコースも食べてみたいなー。

ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

2013年5月 3日 (金)

宇奈ととでうなぎランチ -錦糸町-

'13年のゴールデンウィークのほとんどは錦糸町界隈でお仕事。
普段のおたのしみどころであるランチタイムも、もろもろの事情であんまりお楽しみでもなく…。

でもせっかくなのでそんな錦糸町ランチのうちのひとつくらいは記録しておく。

この日はたまたた客先の担当者さんとランチに出るタイミングがかぶったので、担当者さんにくっついて行く事に。
果たして彼は何を食べに行くのか!?

003

結果;うなぎ

名代 宇奈とと」というお店。
後から知ったのだけどもチェーン店なんですね。でも蒲田近辺にはないと思うなー、うなとと、知らなかった。

001

いただいたのは"うなめし"、なんと500えんでした。

ごはんの上にはカットされた鰻と刻み海苔。
意外に海苔って合うのね。ん、イヤわたしがただ海苔好きなだけかもしれない。

鰻のボリュームはまぁアレだけど500えんだから相当量かな。

普段は錦糸町南側の四ツ目通り沿いの店ばかりローテーションしてたので、ちょっと横道にそれたところにある店に行けたので楽しかった。

ごちそうさまでしたchick



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。
コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

海外レンタカーなら!!


  • 海外レンタカーブランドの【最安値】を一括簡単3ステップ検索!!
    rentingcarz.comをぜひご利用ください(◎´∀`)ノ