フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

リストランテ・ダ・ドシユキでランチ -大田区・糀谷-

夫の誕生日を軽く祝おうと、外ランチrestaurantへ。

Dscn2300

お邪魔したのは糀谷にある、リストランテ・ダ・トシユキ/Ristrorante da Toshiyukiさん。
以前に何度か伺った事があり、そのおいしさの安定感は抜群。誕生日のようにハズせない日のランチには最適です。

家を出る直前に電話して2名席を確保、約30分後にお店に到着したら、店頭に「本日満席」のお知らせが。
おお、わたし達の予約が最後の1席だったのかな、電話しといてよかったー。

席について、ランチコース(2,500円)×2をオーダー。

Dscn2326

お酒の飲めないわたし達は食前酒代わりにぶどうのスパークリングジュースをいただいて乾杯wine
お誕生日おめでとーー。

Dscn2332

まず最初は「小さなバーニャカウダ」。
黄色い人参、ヤーコン、さつまいも、オクラ、紅芯大根、あと一番奥の細長い蕪はなんていう名前だったか、うむぅ失念。ヤーコンは北海道産、他は神奈川産とのこと。

ヤーコンがみずみずしくておいしー。
黄色い人参も味が濃くておいしー。

Dscn2333

続いて前菜盛り合わせ。このランチコースで一番のお楽しみがこれっ。

手前の黒いお皿から時計回りに、秋刀魚、かぼちゃのズッパ、サーモンのソーセージ、みのす貝のハーブ焼き、カレー風味のレンコン、ハチノスのトマト煮込み(トリッパ)。

サーモンのソーセージは燻製の加減がおいしーい。
ミノス貝というのは多分初めて食べるけど、あさりに似てるかな?歯応えがあるので好き!!
どのお料理も丁寧なお仕事ぶり、ひとつひとつありがたくいただきました
ヽ(´▽`)/

Dscn2339

パンはフォカッチャかな、ホカホカです!!
まわりがパリパリしてとってもおいしいです。バーニャカウダのソースをつけて食べたり、トリッパをのせて食べたり。

Dscn2342

パスタ料理は2種類から選べるので、夫とそれぞれ一つずつ注文する形にして、盛り付けをハーフ&ハーフにしてもらいます。お手数かけてすみません。

Dscn2343

赤い方は自家製ソーセージのパスタ。ハーブが良く効いたソーセージ(腸詰スタイルじゃないのね)がグー。

Dscn2344

白い方は、トビウオの燻製のパスタですって~。香りよし味よし歯応えよし!!
合わせた野菜は空芯菜、茄子など。

トマトソースもオイルベースもどちらもおしかった(*´ェ`*)

Dscn2352

デザートはパンプディング。添えられているのは柿と、コクワというフルーツ。
コクワは初めていただきました。キウイのミニミニサイズといったところで、味もキウイそのもの。
でも毛は生えてない。

パンプディングも上品な甘さでうっとり。
夫は紅茶、わたしはエスプレッソを追加オーダー(+300円)して、おいしいランチタイムを締めました。

今回もとても満足のランチコースでした。ごちそうさまでしたpig



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

2012年10月26日 (金)

Mt. チャールストン山頂に到着 -ベガス旅行記 Vol.18-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

Mt.Charlestonへのドライブ中です。

Mtチャールストン・リゾートで小休憩したら再び車に乗って先へ進みます。

Dscn0680

またちょっと走ると今度はビジターセンターがありましたので、車を停めて立ち寄り。

Dscn0678

このあたりではキャンプも出来るようです。キャンピングカーがたくさんありました。

Dscn0687

チャールストン山で見る事の出来る動植物の案内板。コヨーテなどもいるようですねー。
そういえば、去年行ったレッドロックキャニオンでは道路をリスが横切ったりなどしましたが、ここでは動物にまったく出会えませんでした。残念。

Dscn0677

道沿いでクマのSMOKEYさんが案内しているのは火災危険度。VERY HIGHと表示されていました。
そういえばここまでのほとんど何にもない、細い一本道の道中にも消防施設がありました。

はい、先へ進みましょう。

Dscn0689

カーブを曲がって~、

Dscn0691

このあたりがゴールということになるようです。着いた~ヽ(´▽`)/

Map3

現在地はAのあたりになります。
黄色い道(カイル・キャニオン・ロード)を進んで来て、ラスト(山頂?)は涙型のループ状のところになると思われます。

Dscn0698

このあたり、ロッジもあって、人の気配もちらほら。暑い熱いベガスから避暑に来たと思われる方々が。
周りには別荘のような家もたくさんあって、日本で言うなら軽井沢?いや違うなー、軽井沢のように町って感じではまったくなくて、本当にただ何もないところに、涼むためだけの家が建ってる、って感じ。

ここのレストランでゆっくりしたかったけれども、さっきお茶休憩したばかりだし、当然お腹も空いてないし、時間も午後3時と、なんともし難いタイミングだったので(ああ、計画性のなさが露呈…)、おいしい空気だけおなかいっぱい吸い込むだけにして、大して長居もせずに来た道を戻ることに。

Map

ちなみにラスベガスとの距離感はこんな感じ。距離はおおよそ35マイル/56kmといったところです。

では帰りましょう~。


Dscn0704

Dscn0707

Dscn0710

行きと帰りでは、目の前に見える景色が違ってくる。
同じ道路を通っているのに向きが違うとこんなにも違うものなのかしら~。わたしは帰り道の、開けた景色の方が好み。

Dscn0713

95号線の案内が見えてきました。1/2マイル先を右折して95号線に入ります。

Dscn0716

95号線を南東に下り、ラスベガスの街へ戻ります。

マリーカレンダーを出てから、道を間違えたりお茶休憩をしたりしても、ここまで約4時間。
短いようだけど充実のドライブで、自然も満喫できて大満足。
あ、わたしは全然運転してないんだった。夫に全行程おまかせしちゃった、ありがとう(*゚▽゚)ノ


次はメドウズモールでのショッピング編の予定です。


↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

2012年10月20日 (土)

Chinese Restaurant聖兆のランチコース -京急蒲田-

お気に入りすぎる中華レストラン「聖兆」さまでランチコースをいただいてきました(◎´∀`)ノ
間もなく夫の誕生日なので、プレ誕生日会って名目。

土曜日、11時半。お店に着くとこの日のほとんどのテーブルはランチコースの予約で埋まっているとのことで、普段の日替わりランチはおやすみでした。

呑めない私たちはいつも通りの酸梅湯をいただき、食前酒代わりに乾杯wine
他のテーブルではシャンパンなどが注がれており、華やかでいいな、なんて思いつつ、酸梅湯も相変わらずおいしい。

さてでは、素晴らしいお料理の数々を記録していきたい。

Dscn2248

一皿目の前菜は、ナスとイワシをパテにしたものを、あやめ蕪のスライスにのせてカナッペに。
てっぺんにはトマトのグラニテですって。
これ、とってもわたし好みの味。とってもおいしかった。もっと食べたいと思うんだけどこれくらいがきっとちょうど良いのね。
そしてあやめ蕪は今回初耳のお野菜。こういういろんな食材を知ることができるのもここの醍醐味。

Dscn2252

前菜3種盛りといったところでしょうか。
手前は千葉の落花生を糟鹵(ザオルー/紹興酒の上澄みで作った調味料のようなものとか?)で味付けしたものに、台湾皮蛋と新生姜の甘酢漬、
左奥が地鶏の中国醤油煮、
右奥は北海道産あおやぎを北京風マスタードソースで和えたもの。

マスタードソースは、黄色い辛子系が苦手なわたしには目に来るほど刺激的だったけど、夫にソレ言うと「え、うそでしょ?」ってなくらいの反応だった。唐辛子系なら私の方が強いんだけどなー(`ε´)。
って、勝ち負け関係ないか。

Dscn2255

続いてのスープはバターナッツという品種のかぼちゃをつかったもの。

Dscn2261

淡路島の墨烏賊のしゃぶしゃぶ、胡麻のソースが香ばしくてステキにおいしい。
凡人には胡麻ソースかけただけで完成形とするところだけど、これにバジルがのっちゃうのが聖兆マジックだと思うのよね。すごい合うんだねバジル。

この頃には酸梅湯も飲み終わり、そろそろ温かいお茶でも…と思っていたら、まるで思いが届いたかのように奥様がお茶を持ってきて下さいました。
文山包(ぶんさんほう)という台湾の青茶だそうで、さわやかな香りと味わいでした。

Dscn2264

続きましては気仙沼の戻り鰹の山椒炒め。

なんか好き嫌い言うの恥ずかしいんですけど、鰹も山椒も得意じゃないんです、わたし。
それがおいしくいただけちゃうんだから、いやもう聖兆マジック不思議過ぎ。
山椒も今まで食べてたのとは別物と思うくらい。

実は予約の時に苦手な食材はありますかと聞いてくださったんですけど、聖兆さまでなら何でも食べられるので(椎茸克服の実績アリ)、「ありません(  ̄^ ̄)ゞ」と元気に答えます。
で実際、苦手食材が出てくると一瞬「あ( ̄Д ̄;;」って思うんだけど食べるとアラ不思議。ウマし!!と思えるのですよね。

添え物は秋らしく、ぎんなんと栗。栗は渋皮ごと食べられるとのことで、パリパリの渋皮とほくほくの実がシナジー。

Dscn2270

お肉料理は牛肉のワイン煮込み。お肉ほろほろでした(ウットリ
付合せはしいたけ(出た!!)、四角豆、柿。

Dscn2274

食事の締めは蟹のチャーハンで。

Dscn2277

デザートはお手製ラズベリーソースの杏仁豆腐と、かぼちゃの餡が入った中華風のパイ。

Dscn2280

花が咲いたようなパイがお見事にサクサク。最後までウットリさせてくれるコースでした。
これが3,150円(ドリンク別)、毎回思いますけど、本当にこの値段でいいんでしょうか。
いつもいつも、本当においしいお料理をごちそうさまです。ありがとうございましたpig


---
この日は素敵な方との出会いもありました。

その方は食べログのレビュアーさんで、もちろん聖兆さまのレビューも書いていらしてて。

内容に同感したわたしがコメント欄を通してお話をさせてもらった事があるのですが(わたしの以前のブログにもコメントをいただきました、その節はありがとうございました)、このことをご存知だった聖兆の奥様が、ご紹介して下さったのです。

突然のご紹介で、緊張してシドロモドロの挙動不審なご挨拶になってしまって、未だに思い出すと恥ずかしいですが、お会いできてとても嬉しかったです。
---

さて聖兆さまではFACEBOOKを始められて、その日のランチメニューなど事前に知ることができます。
満席情報なども随時UPされるのでとても便利です^^
また、10/31~11/4は臨時休業だそうですので、勝手ながらお知らせしておきます(o・ω・)ノ))



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

2012年10月19日 (金)

広尾Platesでランチ -蒲田-

パスタ気分だったこの日のランチは迷わず広尾プレーツさんへ直行。

Dscn2237

2時頃とちょい遅めの時間だったので、待つこともなくすぐにカウンター席に案内されました。
しかしこんな時間でもけっこうお客さんはいってます。

そういえば前日の夜もパスタ食べたんだっけ、と思い出したのは店に入ってから。まいっか、キニシナイ!!

オーダーしたのは日替わりパスタ。この日はボンゴレ・ロッソでした。1,000円。

Dscn2238

前菜は、粗く刻んだ生ハムに、ケッパーや粒胡椒を合わせたものと、マッシュポテト。
パンにのせて食べたヽ(´▽`)/

Dscn2243

ボンゴレ・ロッソ、あさりの身がものすごくぷりんっぷりんだったー。
ここのパスタは生めんなので、もちもち熱々で、おいしい。

Dscn2244

締めのミニデザートは、ココアの焼き菓子。コーヒーによく合いました。

コスパのよい満足ランチでした。ごちそうさまでしたpig


↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

2012年10月17日 (水)

中華食堂 大一でランチ -六郷土手-

平日の外ランチはたいてい徒歩圏内のお店に行くことが圧倒的に多いのだけども、今日は夫とちょっと車で出かける用事があったものだから、ここぞとばかりに六郷土手の「中華食堂 大一」さんに行ってきました。

こちらのお店には、昨年5月の開店直後に一度伺ったきりで、いつも気になりつつなかなかチャンスなく。
おいしいお料理をいただいたので、また行きたいと思いながらもうちからだと駅2コ分離れた距離で、これが意外にネックなんだねぇ。

Dscn2234

「中華食堂」って感じのしないおしゃれな外観。店内に入ればほぼ満席、たいへん賑わっております。

Img_0147

注文したのはサービスランチBの「海老あんかけスープそば」、750円。

ぷりっぷりの大きめ海老と、白菜、さやえんどう、たけのこ、しいたけなど具だくさん。
それぞれの具の、火の通し方ばつぐんです。

時にわたしはしいたけ苦手なんですけども、大一さんを信じて食べてみたらあら不思議!? あの独特のしいたけのにおいはしっかりありましたけども、いやな食感がなかったので残さず制覇。あたしゃココと聖兆さん以外では絶対しいたけなんて食べませんよ。

細めの麺と、とろみのついたスープもたいへんおいしいです。ボリュームもたっぷり。
あー、来てよかった♪


幸せを感じつつ食べ終わる頃、お店の奥様がデザートを持ってきてくださいました。
ン? Bランチはデザートつかないのに?
したっけ、以前来ていただきましたよね、と奥様がおっしゃって。

エエエ!!(゚ロ゚屮)屮 確かに来ましたよ、でもそれ、1年と4か月も前ですよー。

すっごく驚いちゃいました、覚えていて下さったなんて。
夫曰く、この時のわたしはひどい驚愕顔だったそうですよ。ゴメンナサイ、奥様…。
(驚きすぎてデザートの写真を撮ることも忘れてもうた…とってもおいしい杏仁豆腐をいただきました)

お会計の時に、よく覚えていて下さいましたねと聞いてみたら、以前私がブログでこちらのお店を紹介した時に、コメント欄でやりとりしたので、って~。いやはや恐縮です。

いやぁ、すごすぎます。サービス業の鑑のようなお方だヽ(゚ω゚ )ノ

スゴイと言えばもう一つ。夫は左利きなんですが、奥様がお箸をおいて下さる時にちゃんと左利き用の向きに置いてくれたんですよ。
何も言わずにそうして下さったので、驚きました。

着席の際に壁際のテーブルに案内されたのですが、そのとき夫が「おれ左利きだしそっち側の席(右腕が壁側になる方の席)に座るよ」とわたしに言ったのを聞き逃してなかったんでしょう、きっと。
いちいち素晴らしいです(*゚ー゚*)

本当においしいランチ&デザートをごちそうさまでしたpig
またお伺いしたいと思います。夜のコースもいただいてみたいなぁ。


(注)お店には駐車場はありません。お車の方は近くにTIMES東六郷(5台)がありますので、そちらをご利用になるとよいと思います。



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

2012年10月14日 (日)

Mtチャールストンのリゾートでブレイク -ベガス旅行記 Vol.17-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

レンタカーでチャールストン山の山頂までのドライブを楽しんでいたわたし達。SMNRAの入口までやってきたところです。

Dscn0613

このあたりはこんな景色を見ることができました。

Dscn0619

花も咲いていました。あんまりいろんな種類の花が咲いているというわけではなく、この黄色い花以外は見かけなかった気がします。

では再び車に乗り込んで、山頂を目指します。

山頂を、といっても割と平坦な道が続いていて、それほど勾配を感じませんでした。
前回のベガス旅行でレッドロックキャニオンに行った時は、自転車でやってくる人も多数見かけましたが、ここでは自転車班は全然みかけませんでした。車ですらもあんまり通らなかった。

Dscn0621

外を見ると、相変わらず天気は悪くいまにも雨が降りそうな低い雲。

Dscn0622

数分走ったら、左手にロッジのようなものが見えてきたので、お茶でもしようということになり寄り道。

Dscn0625

ザ・リゾート・オン・マウントチャールストン/The Resort on Mount Charlestonというホテルでした。

Dscn0624
ホテルのお向かいには教会が。教会で挙式してホテルでウエディングパーティしちゃうとか?素敵すぎ~!!

Dscn0630

ホテルの前には小さな噴水のある池が。

Dscn0635

あひるちゃんがたくさんいました。可愛い~、癒される~。

ここでスナック菓子をあひるちゃんに与えている家族連れがいたのですが、そこにスタッフと思しきマッチョマンがすごい勢いでホテル内から現れて、ゴルァ(`Д´)
怒った!!…と思ったら、そのスナック菓子を取り上げて自分でムシャムシャ食べ始めた~。なぜだか全員爆笑!!
結局マッチョもおかしをあひるちゃんにあげはじめましたよ。いいのかよ(笑)。
ついでにわたしにもそのお菓子をくれて「ほれ、あひるちゃんにあげたって~」とな。

みんなは投げてあげていたけど、わたしは手のひらにお菓子を乗せてあひるちゃんおびき寄せ作戦決行。
したっけマッチョに、Oh~ユーはクレイジーだ噛まれるぜ、と言われてしまいましたよ。そりゃそうだね。

あひると一通りからんだあとは、ホテルに入ってみました。あら~ウッディ―な内装が素敵。
ロビー周りにはフロント、お土産屋さん、バー、レストランがありました。スタッフもゲストもあまりおらず、実に静かな雰囲気。さすがにここにはカジノはないんだね。

Dscn0648

お茶休憩したかったのでレストランに入りました。わたし達以外には1組のカップルがいたのみ。

Dscn0642

小腹が減ってはいたものの、バーガーとかそういうものを食べる気分じゃなかったので、サラダとドリンクを注文。

Dscn0653

ハウスサラダ/A Cut Above House (Greens, cucumbers, onions, tomatoes, cheddar cheese) $7.95-と、サービスのパン。パンはふっかふかのほっかほか。うまし!!

それにしてもこのキュウリの大きさったら。ほとんどスマフォサイズと言っても過言でない程。

Dscn0656

サラダのドレッシングはスタッフさんにオススメを伺ってラズベリー・ビネグレット。なんかおしゃれっぽい!!
そしたらこれがかなりおいしくて大正解。酸味もほどよく、ラズベリーの香りもさわやか。うっとりものでした。

後日、スーパーマーケット巡りをしたときに似たようなドレッシングを買おうと思って探したら、わりといろんなメーカーからラズベリービネグレットが発売されていてびっくり。アメリカでは定番なんですね。今までもドレッシングコーナーはよくチェックしていたつもりだったけど全然知らなかった~。

お試しできればいいんだけどそうもいかないのでとりあえずメジャーなKRAFTそれを買って帰ってきたのだけども、いやはやこれが撃沈。ここのレストランで戴いたのには遠く及ばずでした。どなたか市販品のおいしいラスベリービネグレットをご存知なら教えていただきたい。次回の旅行で買いたいと思います。

Dscn0650

席からはこんな景色が。見てるだけで肩こりとか治りそうな、そんな感じ(?)。
コーヒーなどを飲みつつしばらくここでまったりと過ごしておりましたよ。

税込チ別で$14.59-をお支払い。ごちそうさまでした。

このあとはホテルの周りを散歩。空気もおいしいし、あ~幸せ。こういうネバダもいいね、ほんと。


次はビジターセンター立ち寄り編です。
なかなかチャールストン山編が終わらず自分でも「話が長いぞ!」と思っております。ですがこのペースでもうちょい続きます。



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

2012年10月 6日 (土)

北海道フェアin代々木2012に行ってきた -代々木公園-

本日、3連休初日!!

Dscn2099

代々木公園で開催されております「第24回 北海道フェアin代々木」に行ってきましたヽ(´▽`)/

Dscn2100

毎年大賑わいのこのイベント。北海道の旬をその場で味わえるとあって、今年もめちゃめちゃ混んでいました。

どのお店もお昼時には行列ができていて、何を食べようかと会場を一回りするも、身動きとるのもやっとな感じでモウ大変!!
とある海鮮丼のお店では、1~1.5時間待ちです、なんて言ってたし。MJK!

Img_0124

イス&テーブルはかなりたくさん用意されていますが、それでも席の確保は激戦の様子。


さて今回わたしは、カニがたっぷりのった海鮮丼を食べようと心に決めて行ったのだけども、会場に着くと目新しいお店もたくさん出店していて、早くも決心はぐらつく。

ラーメン、ジンギスカン、焼きガニ、コロッケ、豚丼、ザンギ、いかめし、ジャガバター、etc...
美味しい煙がそこかしこから漂ってきて、自分自身が燻製になりそうなほど。

Dscn2102

迷いに迷った挙句に本日のランチにロックオンしたのはこれ、「さんまライスロール」。700円。

ここも行列ができていて、並んでから手にするまで15分くらいかかった。

Img_0127

開いたさんまに、さんまのだしで炊いたごはんを詰めて炭火焼しています。もう既に煙がおいしい!!
店の前に並んでいるだけでもう期待値がMAXです。

Dscn2110

はい、さんまライスロールです。焼き立て、熱々!!

Dscn2111

めちゃめちゃ美味しくて、これにして大正解。脂のりのよいさんまと、程よい味付けのごはんが超マッチ。
間に挟んだシソがまたぴったり合うんだなー。お好みで山椒をふって、さらによし。

とても美味しかったので、食べ終わった後お店に戻ってお礼言いました(*^-^)
ほんとごちそうさまpig

他にもいろいろ食べたいものはあったのだけど、あまりの混み具合に撃沈して、結局これしか食べられませんでした。

Melon

今年もメロンのソフトクリームが食べられなかった…無念。来年こそ!!


北海道の各市町村が出店している物販ゾーンではおみやげを買うことができるので、もちろんいろいろ購入。
中標津町のソーセージ3種と、羅臼町のだし昆布と明太子を買いましたー。
実家の母へは毎年、本別町の金時豆を買って送るのがもはや習わし。つやつやした煮豆ができると言って母は喜んでおります。

北海道フェア、10/7(日)、8(月)もありますので、まだ予定の決まっていない方、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。楽しくっておいしいですよ!!


↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

2012年10月 4日 (木)

レンタカーレポ:シボレー インパラ -ベガス旅行記 Vol.17-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

チャールストン山への移動中ではございますが、ここで今回のレンタカーについて記録しておきたい。

Dscn0604

これが今回、ダラーレンタカー/Dollarよりお借りした、シボレー/CHEVROLET(親しみを込めてシェビーと呼んでいきたい)のインパラ/Impala

Dscn0672

カラーは黒、だと思ってたけどキーにはGrayって書いてあった。正しくはAshen Gray Metallic。

Dscn0605

この車両はフルサイズタイプで、レンタル料金は$333/week、保険全部、ガソリン満タン分、追加ドライバー等オール込みのらくらくなプラン(ただしJMBによる割引適用額)。いつもこのプランで借りています。

旅行中の一番の遠出が今回のチャールストン山で、あとはタウンドライブをした程度なので、道中のガソリン切れの心配はまったくなしでした。
ちなみに今回の旅行ではトータル213マイル(約342.8km)走行でした。

Dscn0554

毎回、アメリカ旅行で使うレンタカーはフルサイズを選択していますが、インパラは今回初めてアサインされました。助手席に乗っている分には、居住空間も広くて快適!!

Dscn0555

レンタカーで大事なことの一つにトランクスペースの容量があります。大き目サイズのスーツケース2個が充分に詰めました。(あ、この写真だと確かにグレーっぽい)

さてこのインパラ、私もタウンで少し運転しましたけども、アクセルの反応が若干悪いというか、グッと踏み込むと一瞬間を置いてグゥ~ンと走り出すような、そんな感じ。急発進するよりはいいけど慣れるまで時間がかかった~。

メインドライバーの夫にインタビューしてみたところ、インパラはサスペンションがやや硬いと感じた模様。

今までラスベガスで借りたフルサイズの車両で比較すると、

1位  Charger チャージャー Dodge Charger
2位  Taurus トーラス Ford Taurus
3位  Impala インパラ Chevrolet Impala

のランキングになるようです。

インパラは他に比べてゆったりした感じがあまりなくて、車格が違うように感じたみたいです。(個人の感想です)

ただチャージャーはトランクルームにスーツケース2個を、並べても重ねても入れることができないのだけが難点。
わたしのスーツケース、ちょっと太めなんですよね。わたしのは幅33cm、夫のが26cmの計59cm。
これがチャージャーには入らないんだなぁ。どちらか1個は後部座席に押し込むことになります。
インパラもトーラスも並べて入れられるのにな~。

ちなみに私はトーラスがお気に入り。車の事は詳しくないのでどこがどう良いとかは言えないけどなんとなくトーラス派。

というより、アメリカでアメリカ車に乗るのはどんな車でも楽しい!!
LAでレンタカーしたとき、マツダかヒュンダイしかないと言われた時は悲しかったな~。ちなみにマツダを選んだけど。

今はなきサハラホテルの裏手に、GMが運営していた"the drive"という車の試乗コースに行ったときは、HUMMER H2やキャデラック/cadillac、コルベット/Chevrolet corvetteに乗れて興奮した!!(いや運転したのは夫でわたしは後部座席or見るだけだったけど)。
the driveもなくなっちゃったんだよね…。もう一度行って私もH2運転したかったなぁ。

おっと最後は話題がそれてしまいましたが、以上でレンタカーレポート終わり。

---
次はチャールストン山ドライブ後編の予定です。


↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

2012年10月 2日 (火)

Mt.チャールストンへの道 -ベガス旅行記 Vol.16-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

マリーカレンダーズでブランチしてお店を出ると、外はしとしと雨降り。

この日はドライブする予定だったけどこの雨じゃあつまらないか、ということで近くのショッピングモールでお買いもの、に一旦は予定変更。
しかしレストランからやや近いメドウズモールへ向けて車を走らせていると、だんだん雨が上がってきました。で結局当初の予定通りマウントチャールストン/Mt.Charlestonへドライブに、再度予定変更rvcardash

Dscn0566

Sジョーンズ Blvd.を走行中。前を横切る高架道はI-95.

Dscn0570

82番の入口から、先ほどのI-95に合流、あとはしばらく道なりにひたすら走ります。

Dscn0575

I-95に乗って約15分ですっかりこんな景色。周りには建物も見えません。
さて、マウントチャールストンへ行くには157号線を左折すればいいんですが、なかなか標識が見つかりません。
しばらく走って体感的にもう絶対通り過ぎたなと確信。さっき小さな白い立て看板がすっと右をかすめたけどもあれが標識だったんだろうか、と思い返すも後の祭り。

仕方がないのでどこかでUターンしましょうと、とりあえず車を走らせる。

Dscn0576

牛出没注意??

しかし走れども走れども、Uターンできるような場所が見つかりません。
途中、中央分離帯(?)に車で横切れるような雰囲気の砂利道が何度か出現するものの、しっかりDO NOT ENTERの赤い標識が出てるので入れません。
ウムーー( ´・ω・`)

そうこうしている間に156号線の入口まで来てしまいました。
今、157号線の入口からの距離をちょっと便利帳距離計測で調べたところ、約22km/13.7milesも走っていましたよ、トホホ。

ここでI-95をUターンして再び157号線入口まで戻りまーす。
そしてまた今、Google Mapを見ていたところ、156号線からもチャールストン山に行けた事実が発覚(苦笑)。

Dscn0580

Uターン中。あれがチャールストン山だと思うんだなriceball

Dscn0582

もと来た道を、走る走る。夫よ、本当に運転おつかれさん。ポンコツなナビでごめんよ(地図見るのは得意な筈なんだけどな、俺)。

Dscn0590

157号線を発見しましたー(ホッ)。ここを右折してまたひたすら走ります。

Dscn0598

今度はなんだこれ、馬かロバか。この辺には大きな牧場もたくさんあるみたいで看板をいくつか見ました。脱走も多いのだろうか(笑)。

Dscn0600

景色が少しずつ変わりつつあります。

Dscn0603

こんな自然のアートもたくさん見かけるようになりました。
しかし何でこんな風になるんだろう、地球って不思議でスゴイ。

Dscn0606

途中にUS Forest Serviceの案内板を発見したので撮影会。

ここらへんのエリアは、このHUMBOLDT-TOIYABE NATIONAL FORESTSという国立森林公園の一部でスプリングマウンテン国立レクリエーションエリア(SMNRA)と呼ばれているみたいですね。


次はチャールストン山後編、といきたいところですが脱線してレンタカーについて書こうと思います。


↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。嬉しみますcatface

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

海外レンタカーなら!!


  • 海外レンタカーブランドの【最安値】を一括簡単3ステップ検索!!
    rentingcarz.comをぜひご利用ください(◎´∀`)ノ