フォト

お し ら せ

  • このブログの記事及び写真の一部または全部をキュレーションサイト(まとめサイト)へ転載する事を固くお断りします

ご あ い さ つ

  • 「わんだる」と申します。
    東京・蒲田在住。
    外ランチするのが普段のお楽しみ。おいしいものを食べたらブログに書き留めています。食通ではないので、評価ではなくあくまで感想、記録。
    レポートの日付はそのお店に行った日としていますが、実際に記事を書くのは数日遅れる事もあります。

    海外旅行記は、キホン個人的な旅日記ですが、これを通じて旅行好きの人との情報交換ができれば嬉しいな、とも思っています。
    気になった記事があればぜひお気軽にコメント下さい。古い記事でもモチロンOKです。コメントをいただけるのは大変な喜び!!必ずお返事いたしますよ^^

    但し、宣伝・アダルトリンク等、当ブログに不適当と判断したコメントは予告なしに削除します。

    ↑ランキングに参加ちゅう。ブログや記事を気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです♪

たまについってます。


無料ブログはココログ

« シャンハイリュバンでランチ -横浜ベイクオーター- | トップページ | Planet Hollywoodにチェックイン -ベガス旅行記 Vol.6- »

2012年8月20日 (月)

空港でレンタカーを借りる -ベガス旅行記 Vol.5-

2012年7月11日~18日のラスベガス旅行記です。

マッカラン国際空港に無事到着し、預けた荷物を受け取ったら次にするのはレンタカーを借りる事。

Lv10

時間は夜中の12時を過ぎた頃。
バゲッジクレームを出たところにレンタカーシャトルバス乗り場があるので向かいます。

Lv11

シャトルバスが既に待機していたので乗り込みます。ドライバーが荷物を積む手伝いをしてくれます。
席がおおよそ埋まったら、レンタカーセンターへ出発。

Lv12

10分足らずでMcCarran Rent-A-Car Centerに到着。ここには10以上のレンタカー会社のオフィスが集結しています。

Lv13

わたし達が借りるのはいつもダラーレンタカー/Dollar
旅行前に、日本代理店のサイトで予約をしておきます。

「らくらく現地払いプラン」という、6種類の保険やガソリンのフルタンク代、追加ドライバー代などが込み込みになった、ドル払いのプランです。
これのフルサイズを5日間レンタルします。通常$370-のところ、JALマイレージバンク会員価格を利用して10%引きの$333-となりました。JMBはマイル残高ゼロの超幽霊会員ですが、このレンタカーの割引に必要なので退会しないでいます。

夫はDOLLAR EXPRESS会員にも登録しており、これを持っているとカウンターでの手続きすらなく、直接駐車スペースへ行って、小さなブースに用意しておいた予約票を渡すだけで車が借りられるという、深夜到着便利用者には嬉しいシステムがダラーにはあります(他の会社にもあるかな?ここしか利用しないので分かりませんが)。

過去にも2度ほどこれで楽々レンタカー調達しているので、今回も受付カウンターには目もくれずに駐車場へ。

Lv14

いつもはこのエクスプレスメンバー用ブースに予約票を見せるだけで「ハイあの車よ」と案内されて終わり、なのですが今回はなぜかそううまくは行かなかった。係員の女性はいたけど、カウンターに行ってくれと言われるばかり。ブースには「BOOTH CLOSED」の文字が。

Lv15

仕方がないのでもう一度建物内に引き返し、カウンターへ。少し待たされてやっと自分たちの番に。
ハーイ!!と大きな身振りで元気に迎えてくれた男性スタッフに用意してきた予約票を渡してチェックアウト。簡単に話が済むと思いきや、彼いきなりトーンダウンし「予約が見つからない」とのこと。coldsweats02エエ??

予約番号で検索すると、名前は見つかるのだけどノーショー扱いになっているのだとか。
そして、ノーショー扱いになってはいるけど、予約内容を見るとそんなはずはないのだとか。

実際に我々がここにいて、予約票もあって同じ内容がダラーのシステムに登録されているんだったら、そのノーショーのフラグを解除してくれればいいだけなんじゃ、と思うんだけどもなんだかそう簡単にはいかないようで、ウンウン唸りながらいろいろと対処を試みている。

自分では埒が明かないと判断したのか、他のお客さんの対応が終わった別のスタッフを呼んできて、説明をして2人でなにかやってる。時折こちらに笑顔を見せて(でも目が笑えてないcoldsweats01)、大丈夫だからと言う。そして「あっ、地図あげます、ハイ」と手渡してくれるんだけど、それさっきも同じのもらったから(笑)。断ると「いや、何枚でもあげるよ」ってオイ(苦笑)。

結果的には、マネージャーを呼んでくるということになり(何がそんなに大変なのか…)、しばらくして女性マネージャー登場。彼女が来てからは早かった、いくつかキーボードを叩くだけで、処理完了。ああ、何故にもっと早くマネージャーを呼んでくれなかったのか。カウンターで50分近く立ちっぱなしのこの時間返してbearing

ま、こんな深夜に時間がかかりすぎたのには疲労困憊だけども、3人ともI'm sorryと必死だったし、これも旅の一つの思い出としますよ。またちゃんとダラーさん利用するから、気にしないでネ。

そしてもう一度駐車場へ。係員のお姉さんがアレよと指定した車は確か、ダッヂのアベンジャー。
夫があれはミッドサイズじゃないか、フルサイズはないのかと聞いてみたら、どこかに電話で問い合わせ。するとシボレーのインパラCHEVROLET Impalaが間もなく来るとのこと。インパラならよし。
数分したら、洗車したてのインパラ登場。

Lv16

暗いガレージでは撮影ができなかったので、この写真は後日明るいところで撮ったもの。
フルサイズでアサインされることが多いダッヂ・チャージャーに比べてトランクルームも広々、チャージャーには何故か収まらないわたし達のスーツケース2個も無事収まって、満足。乗り始めの走行距離は1,043マイルとなっていました。

車の乗り心地の詳細については夫にインタビューして後日レポートしたいと思います。

Lv17

深夜1:23、やっと駐車場のゲートを出るまでに至りました。長かったぁ。わたしの立てていた計画ではもうこの時間はホテルの部屋に入っている予定でしたのよ、トホホ。
ゲート番のおじさんに書類を見せて、いざストリップへGO!!

Lv18

ラスベガスブルバードを北上してホテル方面へ。ホテル群が正面に見えます、輝いています。来たよぉー、ラスベガス!!

走っていると遠くに雷thunderが見えました。この時は雨降りじゃなかったけど、天気予報ではわたし達の滞在中はほぼ毎日雨の予定。雨のラスベガスは珍しいからそれもまた良しか、なんて話してはいたけどやっぱりお天気の方がいいに決まってる。

雷の鳴る中、滞在ホテルPlanet Hollywoodへ向かいます。次はホテルチェックイン編です。



↑ランキング参加ちゅ~。記事を気に入ってくれたらクリックしてください。喜びますcatface

« シャンハイリュバンでランチ -横浜ベイクオーター- | トップページ | Planet Hollywoodにチェックイン -ベガス旅行記 Vol.6- »

t9)2012.7ラスベガス旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャンハイリュバンでランチ -横浜ベイクオーター- | トップページ | Planet Hollywoodにチェックイン -ベガス旅行記 Vol.6- »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

海外レンタカーなら!!


  • 海外レンタカーブランドの【最安値】を一括簡単3ステップ検索!!
    rentingcarz.comをぜひご利用ください(◎´∀`)ノ